FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

地味な甘え方

木曜日の朝に、こんにちわ。

巨人の亀井が、37歳にしてついに年俸1億円の大台に到達しましたね。 次々にFAや外国人で補強される外野手の中で、よく頑張りましたよ。 局長です。



――― さて、ずいぶん前のお話。


20191128_真熊1

まだホットカーペットを出していた4月初旬。
(ちなみに今季はまだホットカーペットを出していない)

例によって仰向けで隙だらけの格好で嫁女房に甘えている寿喜と、その様子を冷めた目で眺めている真熊



20191128_真熊2

珍しく稚葉は一緒になって甘えることもせず、一人ソファの背もたれで寝ていたので、ここぞとばかりに嫁女房を独占しようとする寿喜。



20191128_真熊3

お腹から首元までを “こしょこしょ”、“わしゃわしゃ” してもらい満足げだ。



しかし、その傍らで真熊は少し寂しさを感じていたのだろうか ―――


20191128_真熊4

しばらくして俺が寝転び始めると、すぐさまお腹の上に乗ってきた。

一昨日あたりにも似たようなことを綴った気がするが、今回も「待ってました!」と言わんばかりのタイミングだった。



20191128_真熊5

だからといって、俺も真熊のお腹をさすってあげるわけでもなく、ただテレビを見ているだけで、真熊もこれ以上のことは何も要求してこない。



20191128_真熊6

乗ってるだけで満足」 という心境なのだろうか。
もしくは、「乗ることに価値がある」 のか・・・・



20191128_真熊7

あまりにお腹の上で微動だにしないもんだから、逆に俺は寝返りの一つも打てない状況に。

その代わり、背中はホットカーペットの熱で、お腹は真熊の体温で、サンドウィッチ状に温められつづけていたので、ぬくぬくしていた。



20191128_真熊8

常に “局長派” を貫き、且つ甘えるときも隙を見せない真熊。

猫よりも遥かに警戒心が強いじゃないか。
真っ黒で写真に写りにくいのが玉に瑕(きず)だが・・・・






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

そっと地味に甘えてくる真熊に愛のクリックを。



人気ブログランキング

逆に隙だらけで全力で甘える寿喜にも二発目を。



【今日の一言】

一方で一年間ローテーションを守って8勝を挙げたたメルセデスが1100万円って可哀想すぎ・・・



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊 | 07:42 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャリンコ真熊|WinSunペットキャリー

週の真ん中に、こんにちわ。

今季のセ・リーグ最優秀選手賞(MVP)に巨人の坂本が選ばれました。 いやぁ巨人の選手が選ばれるのが数年ぶりで嬉しいです。 プロ野球の話です。 局長です。



――― さて、いきなりだけど、真熊の “運搬方法” について。


20191127_名前入りキャリー1

真熊を徒歩以外でどこかへ移動させる場合、大抵は車を使うのだが、最近はその手段にも選択肢が増えた。

そう、このリュックが導入されたからだ。



20191127_名前入りキャリー2

俺がアンバサダーを襲名した、『WinSun』 のオリジナルペットキャリー

愛するペットの名前の刺繍を入れられる、世界に一つだけの名前入りキャリーバッグで、しかも刺繍は、文字の色からフォントの種類装飾用のマークや記号まで細かく指定できる。



20191127_名前入りキャリー3

このキャリーのおかげで、実は最近ちょっとばかり病院通いを強いられている真熊の通院にも、嫁女房が一人で対応できるようになったので、非常に助かっている。



20191127_名前入りキャリー4

例の三ヶ月間にわたる繁忙期の間などは、ほぼほぼこのスタイルで通院してもらっていた。

※真熊の状態はご心配なく。
  12歳のシニアになったので、それなりに通院も要するだけである。



20191127_名前入りキャリー5

それはそうと、このキャリー、当ブログの読者限定の “10%OFFクーポン” もあるので、念のため再掲しておこう。

興味があったら、発注してしまえばいいでしょう。



20191127_名前入りキャリー6

公式WEBサイト >>> 『WinSun

当 『熊猫犬日記』 読者専用 “10%OFFクーポン” あり!
――――――――――――――
【クーポンコード】 kumanekoinu
――――――――――――――

購入手続き画面で入力する欄があるから、力強く打ち込めばOK。



20191127_名前入りキャリー7

ちなみに、移動手段の選択肢には、同じチャリンコ移動でも、キャリーは使わず生身のままカゴに入ってもらう “『あらいぐまラスカルオープニング映像スタイル” という手段もある。



20191127_名前入りキャリー8

主人公のスターリング・ノースが、チャリンコの前カゴにラスカルを入れてロックリバーへ疾走する姿が描かれたシーンと、ほぼ同じシチュエーションを楽しむスタイルである。

相違点といえば、カゴに入っているのがアライグマポメラニアンかの差くらい。



20191127_名前入りキャリー9

当然だが、俺はスターリングと違って、カゴには対衝撃用にクッション状のものを敷く。
そしてこの日は、ロックリバーではなく、近所のコンビニまで来ただけである。



20191127_名前入りキャリー10

そういえば、以前はよくバイクでもお出掛けしてたなぁ。
最近めっきりご無沙汰だけど・・・・



最後に、『WinSun』 のペットキャリーについて、前回の記事も載せておこう。








ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

いろんな移動手段で運ばれる真熊にクリックを。



人気ブログランキング

キャリーの中に落ち着いちゃった姿にも二発目を。



【今日の一言】

昨年までは2年連続で広島の丸(現・巨人)が選出されてたんですよ。 MVPコンビじゃないか。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊 | 03:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハッピーハロウィン 【前夜】

週の真ん中に、こんにちわ。

西武の秋山も、DeNAの筒香もメジャー挑戦。 やっぱりみんな行きたがるんですね、野球の最高峰に。 今季2位まで勝ち進んだDeNAには痛手だろうなぁ。 局長です。



――― さて、渋谷駅周辺であれこれ厳戒態勢が敷かれている昨今。


20191030_ハロウィン前夜1

我が家でも不穏な動きが見え隠れしていた。
嫁女房がおもむろにリビングのカーテンに何やら装飾を始めたのだ。



否(いな)、カーテンだけに飽き足らず ―――


20191030_ハロウィン前夜2

真熊にも、こんな “敵キャラ” チックなを付けてしまった。

そういえば先週末、プライムビデオで 『バットマン|タークナイトライジング』 に見入っていたので、コウモリに何かのインスパイアを受けているのかもしれない。



20191030_ハロウィン前夜3

その “コウモリ真熊” を先ほどの装飾の下にスタンバイさせる。
真熊も明らかに困惑している。



20191030_ハロウィン前夜4

すると、いきなりの撮影会がスタート。

どうやらハロウィンの装飾と仮装を施しての “抜き打ちプライベート撮影会” らしい。
流行に便乗するミーハーな一面があるようだ。



20191030_ハロウィン前夜5

しかし、まぁなんというか・・・・
カボチャの装飾と真熊の間に無駄で退屈な空間があったりして・・・・



20191030_ハロウィン前夜6

実にパッとしない、しょっぱい写真だ・・・・

シーズナルな写真を撮ろうという “ブロガーの女房” としての意気込みは買いたいが、いかんせん写真のクオリティが低すぎる。



20191030_ハロウィン前夜7

おまけに、撮影中にトラブルまで発生する始末。
稚葉が真熊に因縁をつけ始めたのだ。



20191030_ハロウィン前夜8

フリーズして気配を消そうとする真熊。
自分はここにいない」 という設定に持ち込もうとしているらしい。



もうこれ以上見ていられないので、俺も重い腰を上げることに ―――


20191030_ハロウィン前夜9

まずは、カボチャの装飾のセッティングに対し修正指示。

突如として “大御所カメラマンと、駆け出しのアシスタント” みたいな緊張した空気が流れ出す我が家のリビング。



20191030_ハロウィン前夜10

そして、俺による再撮影がスタート。

嫁女房が撮っていたときには傾いてしまっていたコウモリの羽も、俺が撮り始めると同時にシャキッと水平に



20191030_ハロウィン前夜11

それはそうと、なぜ一日早いハロウィン写真を載せるのかって?

明日も同じような写真を載せる気満々だからである。
ということで、明日もつづく・・・・






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

ハロウィン真熊にお菓子代わりのクリックを。



人気ブログランキング

コウモリの羽に困惑する姿にも二発目を是非。



【今日の一言】

天然芝に慣れていない内野手は難しいけど、二人は外野手だから頑張ってほしいですね。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊 | 03:25 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5年ぶりの再会

祝日明けの朝に、こんにちわ。

皇室の荘厳な儀式の翌朝だというのに、それとは別に多くの人が目覚めが悪い朝だったことでしょう。 そう、巨人の3連敗。 とにかく四球が多すぎる。 坂本・丸も打てないし。 局長です。



――― さて、先日の土曜日、つまり10月19日のお話。


20191023_5年ぶりの再会1

いつものように、俺が局長を務める「とある組織」の活動に、レギュラーメンバーとして一緒に参加していた真熊



そして、活動開始から小一時間が経過した頃 ―――


20191023_5年ぶりの再会2

とても懐かしい顔が現れた。

真熊も驚いたような表情を見せるこの女性、お分かりだろうか。
当ブログへのちゃんとした記事への登場は、2013年以来となるのだが。



20191023_5年ぶりの再会3

真熊もいまいちピンと来ていない様子だが、答えは ―――

餡ドーナツ”。

埼玉県の某動物病院で、いつの間にやら院長にまで昇り詰めている獣医師だ。
この日はヤボ用があって我が街に来ていたので、久しぶりに顔を出したのだった。



20191023_5年ぶりの再会4

真熊は明らかに思い出せていなかった・・・・
ちょっとした気まずい空気すら流れる体育館内。



20191023_5年ぶりの再会5

よく “長い兵役から帰った米兵に飼い犬が狂ったような大喜びで駆け寄る動画” があるが、犬の記憶力なんて実際はアテにならないと感じざるを得ない瞬間だった。



20191023_5年ぶりの再会6

彼女が組織の活動に参加するのは、実に7年ぶり
真熊との再会は、5年ぶり

あれだけ遊んでもらったのに、たった5年で忘れてしまうものだのだろうか。



20191023_5年ぶりの再会7

とにかく記憶の糸をたどってもらいたくて、二人にコミュニケーションを取ってもらおうとしたのだが、まだ空気の読むことのできない “キッズ” が掟破りのカットイン



20191023_5年ぶりの再会8

最近、子供嫌いに拍車が掛かりつつある器の小さなシニア犬・真熊。

怒りなのか、嫌悪なのか、現実逃避なのか・・・・、俺でも初めて見るようなリアクションすら見せ始めた。



20191023_5年ぶりの再会9

それはさて置き、犬は平均的にどれくらいの密度で接していた人であれば、5年の歳月が流れていても覚えていられるのだろうか。

あるいは、単に真熊の記憶力が悪いだけだったのだろうか・・・・






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

5年ぶりの再会が微妙だった真熊にクリックを。



人気ブログランキング

子供嫌いが加速中の器の小ささにも二発目を。



【今日の一言】

この3試合、常にソフトバンクが押し気味に試合を進めている。 実力差が明らかに・・・・



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊 | 03:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小真熊 2019

国の一大イベントの日に、こんにちわ。

30年ぶりの「即位礼正殿の儀」という、国を挙げての重要な儀式の日だというのに、なんていう最悪な空模様なんだ。 最近は休みの日がことごとく雨にやられていますね。 局長です。



――― さて、先日の週末のお話。


20191022_小真熊1

ちょっと気合いを入れて真熊ブラッシングを決行した。

夏の間に抜けたものの、他の毛に絡まって被毛の中に留まっていたたままになっているアンダーコートを片っ端から除去してやったのだ。



20191022_小真熊2

表面的なブラッシングはしていたものの、いささか手を抜いていた感は自覚していたので、かなり時間を掛けて入念に仕上げてみたところ、こんなにも大量のアンダーコートが取れた。



すると、一年ぶりに登場する “アイツ” が、どこからともなく現れた。


20191022_小真熊3

小真熊”。
しかも、今回は2匹も。



20191022_小真熊4

そりゃ、こんなオーストラリアの農場での羊みたいなレベルで取れてしまったので、下手すりゃもう1匹くらい現れてしまいそうだった。



20191022_小真熊5

別のソファの背もたれからその様子を見ていた寿喜も、真熊が急に増殖したことには気付いていたようだ。

見てはいけないものを見てしまったような顔をしている。



20191022_小真熊6

今回は少しサボっていた感が否めないので、今後は “親父” ばりに、毎日もっとマメにブラッシングをしなくてはと反省したのだった。






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

すっきりサッパリした真熊に労いのクリックを。



人気ブログランキング

久々に登場の “小真熊” のヤツにも二発目を。



【今日の一言】

厳(おごそ)かな雰囲気の一日ですが、最近どえらい低迷中の当ブログに変わらぬ応援を。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊 | 15:22 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ