熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

久しぶりのハッスルナイト

新しい週に、こんにちわ。

やりました! 小平奈緒さんが500mで日本人女子初の金メダル。 岡崎朋美さんが銅メダル獲ったときの衝撃から、まさかこんな日が来るなんて。 おめでとう! 局長です。



――― さて、興奮冷めやらぬ中、少し前の週末のお話を。


20180219_とある組織1

いつかの土曜日の夜、つまりサタデーナイト。

世の中が今にもフィーバーしそうな雰囲気の中、俺は毎週のルーティーンでもある「とある組織」の活動に行っていた。



20180219_とある組織2

当然だが、真熊も当たり前のようについて来ていた。

年が明けてから、2月17日(土)現在まで皆勤賞。
人間以上にやる気と情熱にあふれたポメラニアンじゃないか。



20180219_とある組織3

しかし、惜しむらくは最近のとある組織は参加者が少ない。
すなわち、真熊の相手をしてくれる人材が乏しいのだ。



20180219_とある組織4

今では真熊もその事情を理解しているため、とくに遊んでもらおうと要求することもなく、活動が終わるまでの二時間を実に大人しく待っている。

俺の上着を敷布団代わりにすることもデフォルトになっているが。



20180219_とある組織5

とはいえ、さすがに二時間も待つのは退屈だろう。
眠気に負けて「むにゅむにゅ」言い始めてしまう真熊。



20180219_とある組織6

そのうち、お尻を向けて本気で寝始めてしまったりもする。
こんな状態なら、家で猫たちとお留守番していたほうが楽しいだろうに。



20180219_とある組織7

と、毎回おなじみのことを言いつつも、実は今回は少し状況が違っていた。
二時間が経ち、組織の活動が終了すると・・・・・



20180219_とある組織8

真熊と思い切り遊んでくれる相手が。

就職に伴い地元に帰っていた古いメンバーが、4年ぶりくらいに遊びに来ていたのだ。
その当時に機会がなかったのか、真熊とは今さらだが初対面になったようだ。



20180219_とある組織9

“知らない人” が遊んでくれることで、よりテンションが上がる真熊。
マンネリ化していた土曜日の夜に、新たな刺激を見出したようだ。

しかも、地元で保育士をやっているだけあって、子供のみならず犬の相手も上手い女子。



20180219_とある組織10

対する真熊は、久しぶりに楽しい夜になって大興奮だ。

今後も二週に一度くらいのペースで、真熊が会ったことのないメンバーが遊びに来てくれれば、楽しく過ごせるんだけどなぁ・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

久々に楽しかった真熊に「よかったね」のクリックを。



人気ブログランキング

知ってる人より知らない人が好きなんて。



【今日の一言】

小平奈緒ったら、選手団の主将もやらされて、プレッシャーMaxの中でオリンピック・レコードまで叩き出すなんて、鉄の心臓だ!
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊 | 02:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人間以外では初の皆勤賞狙い?

連休明けの朝に、こんにちわ。

日本勢がパッとしないと言った直後に、まさかのメダルラッシュの如く高木美帆・原大智・高梨沙羅による三連続の獲得。 当然ですが平昌五輪の話です。 興奮気味の局長です。



――― さて、この連休中ではない、いつぞやの週末のお話。


20180213_とある組織1

土曜日の夜、つまり「サタデーナイト」。

フィーバーすることはなかったものの、俺が局長を務める「とある組織」の活動に当たり前のように真熊がついて来た。



20180213_とある組織2

真顔で退屈そうな写真がつづくが、実際には体育館に入った直後は周囲にいる組織のメンバーたちに忙しく挨拶回りをしているのだ。

写真は挨拶がひと段落した後の姿である。



20180213_とある組織3

最近は寒さも手伝ってか、組織の活動も参加者が少なく「余り」が生じないために、真熊の遊び相手になってくれる人ができず、退屈な時間になってしまうことが多い。



20180213_とある組織4

それならば家に残って猫たちと遊んでいたほうが楽しいだろうと思うのだが、なんとしても一緒に行こうとアピールしてくるので、こうして俺と一緒に毎週参加しているのだ。



20180213_とある組織5

でも、やっぱり退屈らしい。

可哀想だから、俺のダウンジャケットを敷き物代わりにしていることは水に流してやろう。
ちゃんとブランケットも敷いてあるってのに。



20180213_とある組織6

二時間ほどして組織の活動が終了すると、ここからメンバーが解散するまでの30分程度が、ようやく真熊の時間となる。

さっきまで眠そうにしていた目が、明らかに冴えてきている。



20180213_とある組織7

まずは女性メンバーの膝の上に。

男女比では圧倒的に男性メンバーが多いのだが、そこは正しい判断ができているらしい。
迷わず女性メンバーを選択する。



20180213_とある組織8

組織のメンバーも、真熊への対応は小慣れたもので、スマホをイジりながらでもちゃんと背中はかいてあげている。



20180213_とある組織9

こうして構ってもらうために、毎週ゝ二時間も大人しく待っているのだ。

よくよく考えてみると、年が明けてからは、まだ一度も休んでいない真熊。
人間以外では初の皆勤賞も夢ではないかもしれない。



20180213_とある組織10

女性メンバーに背中をかいてもらい満足したところで、移動開始。
解散までに一人でも多くのメンバーを回らなければいけないらしい。



20180213_とある組織11

男性メンバーの足元に滑り込んで裏返しになり、今度はお腹をなでてもらう。

こうして “A面”・“B面” の両面を満遍なくなでてもらい、満足感を得たのちに帰路へ就くという、真熊の週一のルーティーンなのであった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

人間以外では初の皆勤賞狙いにクリックを。



人気ブログランキング

俺が休んだとしても単身で出席しそうな勢いだ。



【今日の一言】

まだスピードスケートの小平奈緒も、スノボの平野・平岡もいるし、楽しみがつづきますな。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊 | 02:25 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱりテンション水面下

1月最後の朝に、こんにちわ。

ついこの間「明けましておめでとう」と言ったばかりなのに、もう1月が終わりますよ。
こんなペースで月日が流れていったら、あっという間にジジイです。 局長です。



――― さて、お正月の “千葉の両親宅” 訪問レポートは本日ワンブレイク。


20180131_公園1

毎日ゝ同じ話では、飽きてしまうのが人の性(さが)。
ついては、いつぞやの週末のお話を。

といっても、真熊にとってはもっともテンションが上がらないシリーズだが。



20180131_公園2

夜のお散歩を、明るい時間にと夕方に前倒して、ここへとやって来た。
そう、“近所の公園”。



20180131_公園3

お散歩へと連れ出すときは大喜びで辺りをグルグルと高速回転するものの、すぐにテンションは急降下する――というお決まりのパターンである自宅周辺のお散歩。

そのテンション撃沈の象徴とも言える場所が、この公園だったりする。



20180131_公園4

真熊のテンションを “ポリグラフ” で測ったとしても、針は微動だにしないだろう。

何がそんなに気に食わないのか。
人がいなさ過ぎて、触れ合いがまったくないからだろうか。



20180131_公園5

しかし、最近ではキッズの姿をよく見るようになった。

現代の子供は家の中でゲームばかりしているイメージがあるのだが、昔のように寒空の中でも外で遊ぶようになったのだろうか。



20180131_公園6

それでも、真熊の「つまらない」アピールが止まないので、復路、つまり家路に就くことに。

家の周りで真熊のテンションを上げるためには、一体どうすればいいのやら。
まぁ、構ってくれる人がいればいいだけの話なのだが。



20180131_公園7

帰宅後すると、かまくら型ベッドの中からひょっこり顔を出している人相の悪い猫がいた。

そういえば、少し前にも違う猫バージョンで同じような光景を目にした覚えがある。
>>> 2017.11.14 『今シーズンの寝床構成



20180131_公園8

この「かまくら」は出入口が小さいゆえに、入るとこういうことをしたくなってしまうのだろうか。

そんなことより、もう少し愛想よくできないものか、女の子なのに。
相変わらず警戒心も強く、不用意に近づくとすぐに逃げてしまう稚葉



20180131_公園9

一方の真熊は、近所の散歩で完全にテンションが落ち切ってしまったらしく、微塵も覇気を感じられない表情になっていた。

なんだが、「散歩」という余計なことをしたような罪悪感に苛まれる結果になった俺・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ここでは絶対に笑顔を見せない真熊にクリックを。



人気ブログランキング

無愛想で人相の悪い女子にもポチっと愛を。



【今日の一言】

今年も残すところ335日余り・・・・ってことですね。 1月は何もしていない気がする。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

| 真熊 | 10:05 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

楽しい遊び方の順位 【動画あり】

土曜日の夕方に、こんにちわ。

まだ「週刊文春」への怒りが治まらない、「TM NETWORK」ファンの局長です。 昨日の会見前にワイドショーで知ったようなこと抜かしてたコメンテーター共にも腹が立ちます。



――― さて、この怒りを鎮めるべく、いつも以上にのほほんとした写真を。


20180120_真熊1

心の中では烈火の如く怒っていながらも、動物たちには優しい視線とカメラを向けていた本日の昼下がり。

マグマのような煮えたぎる思いを押し殺して、真熊を撮影していた。



20180120_真熊2

当の真熊はソファのほうをジッと見つめている。
とくに楽しそうでもないが、沈んでいるような顔でもない。

手前には寿喜のシッポがフレームインしている。



20180120_真熊3

どうやらにいなと遊びたいようだ。

遊ぶと言っても、真熊が一方的に攻撃を仕掛けては、怒ったにいなが反撃してくるのを逆に楽しむという理不尽極まりない遊びだが。



20180120_真熊4

でも、そんなことは百も承知のにいなは、当然だが応じない。

陽が高く、暖房も緩やかに効いている温かなリビングの “定位置” で、のんびりと昼寝をしたいのだろう。



20180120_真熊5

すぐ手前に恰好の “カモ” がいるというのに、なぜか今日の真熊はにいなで遊びたいらしい。

二匹のリアクションの違いによるものなのだろうか。
動画の「撮れ高」としては、寿喜と遊ぶ姿のほうが楽しく感じるのだが。



20180120_真熊6

結果、「仕方ないので散歩」という選択をしたらしい真熊。

仏頂面” のまま終わる近所の散歩は、真熊の遊びの中ではかなり下位に位置しているらしい。
もう連れて行かねぇぞ。



今日は断られたにいなとの遊びだが、数日前にはやっていた ―――



ボクシングにおけるアウトボクサーの戦い方 “ヒット&アウェイ” を実践する真熊。
攻撃しては、すぐに距離を取る戦い方だ。

でも、「アウェイ」のときに必ず一回転するのはなぜなのだろう・・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

今日はにいなと遊びたかった真熊にクリックを。



人気ブログランキング

志熊のレポートはまたお待ちくださいね。



【今日の一言】

TRFの 『EZ DO DANCE』 のPVを初めて見たときも、未来の音楽だと衝撃を受けたもんです。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

| 真熊 | 16:56 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

再会、友よ

週の真ん中に、こんにちわ。

我が家の洗濯機が逝きました。 「洗い」モードが回らないんです。 しかし、なぜか脱水は機能するという意味不明な故障っぷりで、しばらくはコインランドリー通いの局長です。



――― さて、先日の日曜日のお話。


20180117_スキップ再会2

週末の恒例ではあるが、まだ陽が高い夕方に真熊を散歩へと連れ出した。

平日は仕事から帰ってから深夜の散歩になってしまうため、家にいる週末くらいは “犬の散歩のゴールデンタイム” と呼べる明るい時間帯に散歩させてやりたいのである。



20180117_スキップ再会1

しかし、当の真熊はえらく迷惑そうな顔をしている。

俺が上着を羽織っただけで散歩と察知して、大喜びでクルクルと回り始めるというのに、外へ出た途端にこの顔だ。
なぜか、いつもよりもマズルが長く見えるし。



20180117_スキップ再会4

すると、道中で久しぶりに見る顔と遭遇した。

前にも紹介したが、真熊にとって初めてできた犬友達でもあるキャバリアの “スキップ” だ。
つまり、10年前に真熊が散歩デビューしたときに知り合った “旧友”。



20180117_スキップ再会5

10年前から大人しい子だったが、さらに静けさを増したような感じだ。
真熊の呼び掛けにもほぼ無反応である。



20180117_スキップ再会6

まぁ、真熊はスキップのお父さんに構ってもらえさえすれば満足なので、とくに気に留めていない様子だ。

お互いに散歩の最中だというのに、背中をかいてもらおうと必死な姿を見せていた。



20180117_スキップ再会7

そんな真熊だったが、ようやく “ある物” に気が付いたようだ。

アナタもスキップが登場した時点で気になっていただろう。
“赤い靴” の存在に。



20180117_スキップ再会8

真熊とは3歳しか変わらない、13歳のスキップ。

しかし、ここ数年はかなり老いてきてしまっているらしく、最近では歩くのもしんどくなってしまい、お父さんが少しでも負担を軽減するようにと、この靴を履かせ始めたとのこと。



20180117_スキップ再会9

耳も目も悪くなってきているらしく、真熊に対してもほぼ無反応だったが、何かを感じたのか尻のニオイを嗅ぎ始めた。

どこへ行っても尻のニオイを嗅ぎまくられる真熊。



20180117_スキップ再会10

そして、ようやくコイツが真熊だと思い出してくれたらしいスキップ。

真熊と知り合ってから10年という月日が流れているのだから、そりゃ年も取るわな。
老け込んでも、こうして毎日ちゃんと散歩に連れて行ってもらえてるんだな。



20180117_スキップ再会11

志熊菩提にはあれだけ冷たい真熊だが、スキップには自分からコミュニケーションを取っていくのが不思議だ。

きっと、ガツガツ向かってこない、こういった落ち着いた子とは馬が合うのだろう。



20180117_スキップ再会12

大きな病気はしていないし、何よりまだ13歳。
これからも元気に生きてくれよ、真熊にとって最初のお友達のスキップよ。



20180117_スキップ再会3

あと3ヶ月で11歳になる真熊だが、まだまだ元気でいてほしいと切に思った。
「俺もお前も、老いたくないよな!」






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

実はシニア犬の真熊に長生き祈願のクリックを。



人気ブログランキング

実は真熊にとって最初の犬友達はキャバリア。



【今日の一言】

どなたか、「ほぼ新品だけど使わなくなってしまった斜めドラム式の洗濯機」ありません?
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

| 真熊 | 02:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ