熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

さよなら新横浜公園ドッグラン

新しい週に、こんにちわ。

プロ野球のキャンプ、どのチームも折り返し地点に到達したあたりでしょうか。 いよいよ紅白戦などの実践モードになって、3月にはオープン戦ですね。 楽しみです。 局長です。



――― さて、この一週間いろいろあって、うっかり締め忘れていたシリーズがあった。


20170213_新横浜ドッグラン1

当ブログの 『連載3,000年記念』 という大きな節目の記念ウィークによって、完全に途中で止まってしまっていたお話。

なんのことか覚えておられるだろうか。



20170213_新横浜ドッグラン2

そう、「まぐちゃんに会いたい」と、名古屋からわざわざ新幹線に乗ってやって来た読者さんのリクエストに応じるべく、『新横浜公園ドッグラン』 に行ってみたレポートである。



20170213_新横浜ドッグラン3

相変わらず多くの犬に尻のニオイを嗅がれまくったり、追走されたり、併走されたりを散々繰り返したあと、ようやく一人の時間を楽しむことができるようになった真熊。

よその飼い主さんへの挨拶回りを兼ねながら、黙々と走り込んでいた。



20170213_新横浜ドッグラン4

とはいえ、例のチワワたちにマンツーマン・ディフェンスを食らっていたときも、なんのかんの楽しそうだったので、結局のところこの日は心底楽しめていたのだろう。

俺と二人きりの近所の散歩では絶対に見られないような笑顔を見せていた。



20170213_新横浜ドッグラン5

でも、たまに気味悪い笑い方も見せていた。

どっちが素の笑いなのだろうか。
後者ではないことを祈るばかりだ。



20170213_新横浜ドッグラン6

そうこうしていると、時刻も15時に。

この日は冬晴れで比較的暖かだったが、太陽が沈むにつれてフィールド内の日陰の面積が急激に広くなり、同時に寒さが増してきた。



20170213_新横浜ドッグラン7

それでも真熊は元気丸出しだったが、我々人間が寒さに耐えられなくなってきたので、そろそろここを後にすることに。

名古屋からやって来た読者さんも、会心の笑顔で真熊との記念撮影を済ませる。



20170213_新横浜ドッグラン8

有料だし、ルールも厳しいドッグランだったが、それもあって飼い主も犬たちにもマナーが行き届いており、真熊も大いに楽しめた様子だ。

フィールドに入ってから、ずっとこんな感じで笑いっぱなしだ。



20170213_新横浜ドッグラン9

しかし、出入口の付近までやって来て、ようやく気付いたらしい。
帰路に就くという悲しい現実に。

温かい毛皮を着ている真熊には寒さなんて感じないらしく、まだまだ遊んでいたかった様子だ。



20170213_新横浜ドッグラン10

でも、2時間にわたり実によく走ったこともあり、ここを出ることをそれほど残念がることもなく、笑顔のまま応じてくれた。

とても楽しかったし、是非また来ようぞ、真熊よ。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

若くもないのに走り続けていた真熊に労いのクリックを!



人気ブログランキング

しかし冬はすぐに寒くなるからイヤなんですよね。



【今日の一言】

相変わらず芸能界はきな臭い話題ばかりですね・・・・ 特殊な世界過ぎますね。
  


20161225_ダニエル・ウェリントン3

ひょんなことから三度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。
 

| ドッグラン | 02:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

充実の走り込み

日曜日の朝に、こんにちわ。

ソフトバンクの松坂も復活に賭ける勢いが凄まじいですね。 今シーズンのプロ野球はいろいろ楽しそうです。 WBCはメジャーリーグが非協力的なのでイマイチですね。 局長です。



――― さて、そろそろ終わりが見えてきた1月22日(日)のお話。


20170205_ドッグラン1

「まぐちゃんに会いたい」と新幹線に乗って遠く名古屋からやって来た読者さんのリクエストに応じるべく、『新横浜公園ドッグラン』 に行った日のレポートである。



20170205_ドッグラン2

なかなかナイスなキャラクターをしたチワワによるマンツーマン・ディフェンスに苦しんでいた真熊だったが、ようやくマークを振り切ったらしい。

写真の “撮れ高” は下がるが、真熊はようやく伸び伸びと楽しめそうだ。



20170205_ドッグラン3

後ろに「連結」されたり、真横に併走されることもなく、フリーダムで走り回れる喜びを改めて噛みしめ、いざスタートを切る真熊。

尾崎豊ばりに自由に向かって走り出すようだ。



20170205_ドッグラン4

毛量がすごくて手足の動きが分かりづらく、いまいち躍動感が見られないのだが、まぁ楽しそうに走っているではないか。

冬晴れのぽかぽか陽気も手伝って、気持ち良さそうだ。



20170205_ドッグラン5

途中、またも連結してきそうなトイプードルの姿もあったが、なんなく振り切っていた。
あまりに楽しそうに走っているので、トイプードルのほうから自粛したのだろうか。



20170205_ドッグラン6

冬の乾燥した空気から、鼻の潤いを守ろうとしているのだろうか。
走っている最中にも鼻を舐めるという器用さを見せる。



20170205_ドッグラン7

こうして、誰にも邪魔されることなく笑顔でフィールド内をまっすぐ走りきった真熊。

写真としては、チワワを引き連れているほうが面白さがあるのだが、真熊にとっては今のほうが楽しいようなので、致し方ないか。



20170205_ドッグラン8

充実感に満ちた表情で、フィールドを振り返る。

大好きな大型犬とも遊べないので、少しばかり物足りないかもしれないが、人が多いので(犬も多い)挨拶回りだけでも十分楽しめるから、プラスマイナス0(ゼロ)といったところか。



20170205_ドッグラン9

ちなみに、真熊のこれらの写真は、俺のこうした頑張りにより撮られているのである。

青いグランドコートを着ているのは当施設のスタッフさん。
見回りも頻繁ゆえ、皆さんマナーがしっかりしているのだ。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

連結も併走もなしで充実していたらしい真熊。



人気ブログランキング

週末はポイントが激減するけど変わらぬ応援を。



【今日の一言】

こうしてみると、俺って野球が好きなんですね。 そこにはドラマがありますからね。
  


20161225_ダニエル・ウェリントン3

ひょんなことから三度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。
 

| ドッグラン | 02:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マンツーマン・チワワ

花金に、こんにちわ。

今日は節分ですね。 小さな頃にしか豆まきをしたことはないですが、この年になるまで家の中で鬼に遭遇したことはありません。 あの行事は意味あるのでしょうか。 局長です。



――― さて、ちょっとストップしてしまっていた1月22日(日)のお話のつづきを。


20170203_チワワ地獄1

遠く名古屋から真熊見たさに、わざわざ新幹線に乗ってまでやって来た読者さんのリクエストに応じるべく、『新横浜公園ドッグラン』 に初めて行ったレポートである。



相変わらず、真熊の後方にはよその犬が “連結” してくるのだが ―――


20170203_チワワ地獄2

中でもこのチワワは相当なしつこさだった。

サッカーやバスケなら、どこからもパスを通せないほどのマンツーマン・ディフェンス。
真熊も何度となくキレていた。



20170203_チワワ地獄3

チワワの友達なのかは分からないが、たまにコーギーも加わる。

とにかくこの2匹に振り回されていた真熊。
しかし、ストレスも多かったようだが、なかなかどうして写真の “撮れ高” は良かった。



20170203_チワワ地獄4

いくら真熊にキレられても、一切気にする様子が見られないチワワ。
お構いなしでニオイまで嗅ぎ放題だ。



20170203_チワワ地獄5

真熊が走り出せば、当然のように一緒に走り出す。

これ以前にも、散々 “真熊のニオイ・トレイン” 現象が起きていたのだが、それらとは比較にならないほどこのチワワのそれは強力だった。



20170203_チワワ地獄6

仕舞いには「連結」どころか “併走” スタイルに。

まるで吸い付くかのような、恐るべし「チワワ磁石」。
しかも、“ガン見” しながらの併走なので、真熊も気まずかったことだろう。



20170203_チワワ地獄7

思えば、真熊は数ある犬種の中でもチワワとの相性が格段に悪い。

あんなことこんなこと、さらにはそんなこともあったし、“菩提” のしつこさにも毎回ウンザリさせられているのも要因の一つだ。



20170203_チワワ地獄8

それでも自分の意に反してチワワを引き寄せてしまう、持って生まれた「チワワ磁石」。

カメラを構える立場からすると、このチワワとコーギーは、この日のベスト・パフォーマンス賞を進呈してあげたいくらい最高の仕事をしてくれたと思う。



20170203_チワワ地獄9

真熊の「お付き」の衆か、はたまた舎弟か、それともバーターか。
大勢の若手を引き連れて闊歩するベテラン芸人のようにすら見える。



20170203_チワワ地獄10

何も知らずにこの姿を見た人の目には、きっと仲の良い3匹に映ったことだろう。
実際、写真もそうしか見えない。



20170203_チワワ地獄11

でも、実際には仲良くもなければ、初対面。

何がこうさせるのか。
白がベースカラーの犬にとっては、真熊の黒いモフモフぶりが珍しいのだろうか。



20170203_チワワ地獄12

この顔を見る限り、実はなんのかんの言いつつ真熊も楽しんでたんじゃないか?





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

図らずもチワワを吸い寄せてしまう真熊に愛のクリックを。



人気ブログランキング

ドッグランには必ずその日のナイスキャラがいるもんだ。



【今日の一言】

今日もし夫婦喧嘩が起きてしまったとしても、恵方巻で殴り合うようなことは避けましょうね。
  


20161225_ダニエル・ウェリントン3

ひょんなことから三度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。
 

| ドッグラン | 07:34 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恒例のニオイ嗅がれ放題

1月の最終日に、こんにちわ。

昨日の関東地方は完全に春の陽気でしたね。思わず浮かれポンチでモンシロチョウを探しに駈け出してしまいそうでした。 春が待ち遠しくて仕方ない局長です。



――― さて、昨日のつづきで新横浜のドッグランへ行ったお話。


20170131_ドッグラン1

「けっこう読者のリクエストにフレキシブルに対応する局長」の異名を欲しいがままにしている俺は、「まぐちゃんに会いたい」と遠く名古屋から新幹線でやって来た読者さんと、このドッグランに来ていた。



20170131_ドッグラン2

正式名称は、『新横浜公園ドッグラン』 。

日産スタジアムの脇にある、けっこう広めで芝生敷きのドッグランである。
ルールやマナーを遵守し、さらには有料なので、躾に自信ありのファミリーばかりのようだ。



20170131_ドッグラン3

それなら我が家の真熊も、「真っ黒だけど躾は行き届いているポメラニアン」と言われるくらい、幼少の頃から健全な体育会系の精神を育んできているので、なんら心配はない。



20170131_ドッグラン4

ドッグランのレポートをアップするたびに、“真熊が発するニオイによその犬たちが吸い寄せられてくる” とか、“真熊のニオイ・トレイン” などと綴ってきたが、それはマナーの徹底されたドッグランであっても同じようだ。



20170131_ドッグラン5

気が付くと、常によその犬が真熊の後ろに連結されている。

それも、かなりしつこく張り付かれて真熊がキレるという光景を、まるでデジャブの如く何度も見ることになる。



20170131_ドッグラン6

一体どんな特別なニオイを発しているのやら。
不快感のあるニオイなのか、心地よい香りなのか、せめてそれだけでも知りたい。



20170131_ドッグラン7

とはいえ自分に置き換えたら、よそ様に尻のニオイなんて間違っても嗅がれたくないし、逆に嗅ぎたくもないので、一生掛かっても理解できない犬特有の習性である。



20170131_ドッグラン8

ちなみにこのドッグランは、大型犬エリアと小型犬エリアが厳しく区分けされており、よその ドッグランの「無差別級エリア」のように、小型犬でも自己責任で入って良し――というわけにはいかない。

真熊にとっては唯一残念なポイントだと思う。



20170131_ドッグラン9

しかし、土地柄とフィールドの広さから、とにかく犬も人も多いので、トータル的には真熊が絶頂で楽しめる環境だと思う。

現に、解き放って以来、一切俺の元へは戻って来なかったから。



20170131_ドッグラン10

顔もずっと笑いっぱなしだ。
楽しめているようで何より何より。

つづく・・・・





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

相変わらずニオイ嗅がれまくりの真熊に愛のクリックを。



人気ブログランキング

ここまで楽しそうだと連れて来た甲斐があるってもんだ。



【今日の一言】

花粉症はノンノンだけど、早く春になってほしいですね。 寒いのは命に関わりますし。
  


20161225_ダニエル・ウェリントン3

ひょんなことから三度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。
 

| ドッグラン | 01:52 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めてのドッグラン

新しい週に、こんにちわ。

いやはや、この週末は発熱により望まぬ三連休になった挙句、その二日間を布団の中で過ごす結果になりましたが、おかげで一週間分の寝だめをしたような感じです。 局長です。



――― さて、昨日ではなく先週の日曜日、つまり1月22日のお話。


20170130_新横浜公園1

お昼頃、俺は真熊をキャリーに入れて、珍しく電車に乗ってある場所まで来ていた。

あの寒波に見舞われた一週間はどこへやら、見事な冬晴れのぽかぽか陽気で、真熊に服を着せる必要もなく、真っ裸でのお出掛けだった。



20170130_新横浜公園2

やって来たのは、サッカーFIFAクラブワールドカップの決勝が行われた、普段は横浜Fマリノスの本拠地でもある「日産スタジアム」がある 『新横浜公園』 。

その中にドッグランがあるというのだ。



20170130_新横浜公園3

しかも、ルールやマナーに関してはかなり厳しい規約が設けられており、利用登録するだけでも、あれこれ書類に記入させられ、細かな説明も受けるレベル。

さすがは新幹線の停まる新横浜駅の付近に位置するだけあって、躾の甘い犬にはそう簡単に利用させない敷居の高さがあるようだ。



20170130_新横浜公園4

ちなみに、何ゆえいきなりこんな場所まで電車に乗ってやって来たかというと、「まぐちゃんと遊びたいです」と、遠く名古屋くんだりから遠征してきた当ブログの読者さんのリクエストに応えるためである。

新幹線の停まる駅、新横浜という場所から探したら、ここが見付かったのだった。



20170130_新横浜公園5

「けっこう読者のリクエストにはフレキシブルに対応する局長」と言われている俺。

真熊見たさに、わざわざ新幹線代まで払ってやって来るというのなら、せめて思い切り遊んで帰ってもわらなくてはなるまい。



20170130_新横浜公園8

そんなこんなで、えらい時間を要して利用登録と利用方法のレクチャーを受けたところで、ようやく真熊をフィールド内に放牧。

武者震いしながらのウェイティングを強いられていただけあって、リードから解き放たれると同時に、ベン・ジョンソンばりのロケット・スタートを見せる。



20170130_新横浜公園9

「ベン・ジョンソン」が分からないという若僧は、ウィキペディアで調べてみるといいでしょう。
現在に蔓延る薬物問題について、自分なりに何かを考えるきっかけになるかもしれない。

・・・・と、ダーティーな話になってしまったが、当の真熊は会心の笑顔を見せていた。



20170130_新横浜公園6

いざドッグランの中に入ってみて分かったことがある。

あれだけ利用登録に時間が掛かったり規制が多かった理由が、まさに生きていた。
“バカ犬” というか、問題のある犬や、問題のある飼い主というものがいなかった。



20170130_新横浜公園7

ある程度の躾ができていないと、とても利用できる雰囲気ではないのだ。

しかも、スタッフも常時見回りをしており、問題行動が見受けられれば、「リードを付けてください」という指示が飛ぶくらいだった。



20170130_新横浜公園10

犬同士や飼い主同士によるトラブルを未然に回避しようとする運営側の努力が感じられるドッグランで、とても素晴らしい施設だと思った。

ということで、あと数回つづく。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

よく分からずに楽しんでいる真熊に応援のクリックを。



人気ブログランキング

真熊のヤツ、けっこう根強い人気があるんですね・・・・



【今日の一言】

死の淵から復帰すると強くなるサイヤ人のように、なんか体の調子が冴えている局長です。
  


20161225_ダニエル・ウェリントン3

ひょんなことから三度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。
 

| ドッグラン | 03:05 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ