熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

カートジャック

花金の朝に、こんにちわ。

自民党の「2回生」は本当に問題だらけですね。 ただでさえ旗色が悪い時期だというのに、このタイミングで豊田真由子の暴力事件はダメ過ぎますね。 わりと社会派の局長です。



――― さて、本日も引きつづき「大阪で会いましょう・再び」企画のレポート続編を。


20170623_カートジャック1

第一陣」として、この日のスタート直後にやって来てくれた真っ白い “琴音” と、真っ黒い “元気” のコントラストが強すぎる白黒ペア

この色の組み合わせって写真を撮りづらいな・・・・って、黒いほうは “元気” じゃない?



20170623_カートジャック2

よく見ると、我が家の真熊じゃないか。

いつの間に入れ替わっていたんだ。
琴音も明らかに困惑している。



20170623_カートジャック3

でも、あまり細かいことは気にしない大らかな性格のようだ。
何より、タンデム(二人乗り)慣れしている。

真熊は、カートを眺めにくる人たちに愛想を振りまいている模様。



20170623_カートジャック4

すると、いつの間にか同一カートでメンバーチェンジが行われていた。

なぜか「よそ者」の真熊が残り、カートオーナーの琴音がアウトで、それまで外されていた元気がイン。



20170623_カートジャック5

元気も琴音同様に大らかな性格らしい。
人間で例えると「O型」タイプなのだろうか、二匹とも。

日常生活に置き換えるなら、毎日乗っている自宅の車に、いきなり知らないオッサンが乗ってくるようなイレギュラーな状況だというのに。



20170623_カートジャック6

撮り方によっては、まるで旧知の仲、あるいは無二の親友のような暖かみのある写真に。
間違っても、この小一時間前に初対面を果たした二匹とは思えない仕上がりだ。



20170623_カートジャック7

すると今度は、またもよそのカートの上に真熊を発見。

「キングギドラ」こと、“ハコ乗りポメラニアン一家” の荷物運搬用チックなカートに、キングギドラの新たな「首」の如く違和感ゼロでシレッと加わっている真熊。



20170623_カートジャック8

昭和の時代、マイカーのない家庭の子が、よその車に乗るのが楽しみで仕方なかった――

そんなノスタルジックな雰囲気をまとっている真熊の “よそのカートジャック” の旅。
しかも、どこのファミリーも、いきなり乗り込んできた真熊に対して不思議なくらい優しい。



そして、時刻は11:15くらい。


20170623_カートジャック9

時同じくして、鶴見緑地には「第三陣」となる読者さんたちが集まり始めていた。

まずは、沢尻エリカをブレイクさせた名作ドラマ 『1リットルの涙』 でお馴染み、レミオロメンの 『粉雪』 と同じ字で “こゆき”。

心まで白く染められたなら アアァァ~~。



20170623_カートジャック10

次に、完全に寝落ちし掛けている真熊の横で、またもや「てん」や「おこじょ」のような白さを輝かせる “ウラン”。

ということは “アトム” もいるのかと思いきや、それらしき犬は確認できなかった。
他にも「第三陣」が続々と集まってきたが、つづきはまた次回に・・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

次々によそのカートをジャックする真熊にクリックを。



人気ブログランキング

我が家もそろそろカート買うべきか迷ってます。



【今日の一言】

不思議なのは、政治家って何か問題を起こすとすぐに「入院」しちゃうことですよね。
 


20170615_ダニエル・ウェリントン4
また 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 15%割引クーポンあるよ!
 

| 会いましょう企画 | 07:34 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハイライト写真館 ~第二陣まで

快晴の朝に、こんにちわ。

昨日はまさに「バケツの水をひっくり返したような雨」でしたね。 局長です。
そうかと思えば、今日は快晴。 今年の梅雨はバランスというものを知らないようですね。



――― さて、本日も引きつづき「大阪で会いましょう・再び」レポートの続編を。


20170622_ハイライト1

スタッフTシャツだけでなく、こんなものまで作ってもらっていた今回の企画。
しかも、「in」の後が空欄になっているので、今後も使い回しが効く一品なのだ。

10時から始まって小一時間が経過し、「第二陣」までの参加者が集まったところで、ここまでのハイライトを、皆さんが撮ってくれた写真を使ってお送りしようと思う。



20170622_ハイライト16

まずは、スタッフ陣の “みにも” さん宅の “サラ” と “モカ”。
つのだ☆ひろ似の大工」 “こんこん” がエンドレスでお守りをしていた。



20170622_ハイライト3

名前を忘れてしまったのだが、白黒パーティーのポメラニアン。
二色の自分よりも潔い黒一色の真熊に、リスペクトを覚えたのだろうか。



20170622_ハイライト4

その相方の、茶色パーティーのポメラニアン。
二匹とも温厚で可愛い子だった。



20170622_ハイライト10

「可愛い子は抱っこする」という “局長ルール” のもと、二匹まとめて抱っこしてみた。
写真を見る限り、二匹とも今すぐにでも降りようとしている・・・・



20170622_ハイライト5

この時点で首位に立っていた阪神タイガースのユニフォームに身を包んだ “ひな”。

そうして高い位置から見下ろしていられるのも今のうちかもしれないぞ。
これから「死のロード」があるし、阪神苦手の夏が来るんだし。



20170622_ハイライト6

甲斐犬の子犬かと見間違えてしまうような “くり”。
黒というか、グレー、もしくはブルーのような趣のあるカラーに見える。



20170622_ハイライト7

顔の中心にパーツの集まった、いろんな意味でミニマム・ポメラニアンの “漣”。
座っている姿を上から撮ると、完全に球体だ。



20170622_ハイライト8

“すばる” や “オレオ” のような「天然モノ」とは違い人工物ではあるが、シャレオツなヨダレ掛けをしている。



20170622_ハイライト9

スタッフ陣の “まぁ” さん宅のキラキラネーム犬 “奏羅”(そら)。

控え目の眉毛(公家仕様)がある。
働く母に迷惑を掛けぬよう、このサークルでのお留守番を強いられていた。



20170622_ハイライト11

チョコカラーの “ココ”。

なんとなく、知り合いが飼っているタヌキと見間違えてしまいそうな風貌だが、こちらはれっきとしたポメラニアンなので要注意だ。



20170622_ハイライト12

真熊とは正反対の真っ白いポメラニアン “琴音”。

色だけ見ると、何にも穢(けが)れていない、死んだネロとパトラッシュを天国に運んでいった(わりと力持ちの)天使のようにも見えてしまう。



20170622_ハイライト13

パピヨン・カルテット。

まるで「青春18切符」のポスターにでも出てきそうな、希望に満ちた顔で全員が笑顔で同じ方向を向いているという、青春群像のような一枚。



最後に、我が家の真熊。


20170622_ハイライト14

きっと、おやつに釣られているのだろうか。
もしくは、レッサーパンダの「風太」でも意識しているのだろうか。

かなり安定感のある二本足立ちを見せていた。



20170622_ハイライト15

参加された読者の皆さんも、いい写真を撮ってくれていて助かります。
それでは、「第三陣」以降にも乞うご期待。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

素敵な写真を撮ってくれた参加者の皆さんにクリックを。



人気ブログランキング

明日以降に「第三陣」が始まりますんで。



【今日の一言】

もう少しシトシトと降り続けるもんですよね、梅雨ってやつは。 極端なんですよね、今年は。
 


20170615_ダニエル・ウェリントン4
また 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 15%割引クーポンあるよ!
 

| 会いましょう企画 | 07:34 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヨダレ掛けから子猿まで ~第二陣つづき

週の真ん中に、こんにちわ。

今日は「ヤベェ、今って梅雨だった!」と思い出したかのような大雨になるようです。
これまで何度となく窓を開け放して水浸しになっているので要注意の局長です。



――― さて、本日も「大阪で会いましょう・再び」企画のレポート続編を。


20170621_第二陣終了1

10時に始まったこの企画だが、バトルフィールドとなった鶴見緑地にはスタート直後から次々と読者さんが集まってくれていた。

おかげで現地スタッフ陣の忙しさも、いきなりトップギアだった。



20170621_第二陣終了2

10:30くらいまでに集まった「第一陣」につづき、11:00頃までに「第二陣」の最終組がやって来た。

まずは、首周りにヨダレ掛けを垂らした “オレオ” と、クリーム色のポメラニアン “もも”。
よくよく確認すると、オレオのヨダレ掛けは人工物ではなく、天然素材だった。



「そういえば、同じようなヤツがいたな」と思い、そのツーショット撮影を。


20170621_第二陣終了3

“ヨダレ掛けコラボレーション”。

一瞬たりとも止まっていられない “すばる” との、「白黒ランデブー」である。
間違えてモノクロ撮影しちゃったと見間違えてしまうような一枚になってしまった。



20170621_第二陣終了4

そして、茶色い猿・・・・ 否(いな)、ポメラニアンの子犬 “ピノ”。

ポメラニアンに生まれたなら、どんな子でも通過する辱めのような時期、“猿期” 。
今がまさに、その猿期ど真ん中というビジュアルじゃないか。



20170621_第二陣終了5

こんなにモフモフな犬ばかり集まった空間は慣れていないのだろう。
何かあると飼い主さんの元に隠れてしまう。

でも、無駄吠えすることもなく、社交性はありそうな温厚な子だった。



時刻は11時を少し回ったところ。


20170621_第二陣終了6

ここまでが「第二陣」といったメンバー構成だったと思う。

ちょっとひと段落したところで、会場では何やらプチ撮影会が始まっていた。
眉毛付きチワワ “ミルカ” と、同じく眉毛付きのポメラニアン “うのい” に挟まれる真熊。



20170621_第二陣終了7

そこへ、真熊と同じ真っ黒のポメラニアン “元気” も合流。
ポメラニアンのスタンダードカラーは黒だと勘違いしてしまいそうな黒率。

左から、黒 ⇒ 眉毛 ⇒ 黒 ⇒ 眉毛・・・・ という不思議な流れ。



20170621_第二陣終了8

すべてのカメラに目線を送ろうと必死な真熊と、さっきから明らかに思考が停止しているっぽい眉毛付きうのい。

完全に目が半開きだが、眠いのだろうか。



20170621_第二陣終了9

やっぱり眠かったらしい。

火でも吹き出しそうなくらい怪獣のような顔で大あくび。
これだけの快晴なので、暖かくて気持ちよくなってしまったのだろう。



20170621_第二陣終了10

その後も、きっちりカメラ目線をこなす真熊と、眠気と戦いつづけるうのい。
ミルカもまだまだ元気な様子だ。



そこへ、また新たにもう一匹がジョイン。


20170621_第二陣終了11

デカい・・・・

「誰かチャウチャウを連れてきてた読者さんっていたっけな」と思っていたら、スタッフ陣の “ひーちゃん” 宅の “ハチ” だか “ロク” だか “ナナ” だかだった。

こんなにデカかったのか、一般的なサイズのポメラニアンと比較すると。



20170621_第二陣終了12

こうして、大型犬から小型犬まで、チャウチャウからポメラニアンにチワワまで、眉毛付きから眉毛なしまで、様々なカテゴリーをまたいだプチ撮影会は無事に終了。

まだまだ個性的な犬たちは続々と集まってくるので、明日以降にも乞うご期待。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

大人しくプチ撮影会に応じた犬たちに労いのクリックを。



人気ブログランキング

一匹だけ大型犬寄りの中型犬が混ざってたけど。



【今日の一言】

事務所からの独立発表の直後に交通事故なんて、話題に事欠かないですね、元SMAP。
 


20170615_ダニエル・ウェリントン4
また 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 15%割引クーポンあるよ!
 

| 会いましょう企画 | 07:21 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポメラニアン尽くし ~第二陣つづき

梅雨なのに快晴の朝に、こんにちわ。

事務所を退社する元SMAPの3人について、解散騒動のとき同様に、メディアの情報が錯綜していますね。 中国進出だの露出激減だの芸能界引退だの。 半信半疑の局長です。



――― さて、週末からお休みしていたが、今日から再びこのレポートを。


20170620_第二弾1

そう、去る5月20日(土)に、大阪は鶴見緑地で開催した「大阪で会いましょう・再び」。

10時のスタートから早くも続々と読者さんが犬たちと共に集まり始め、10:30を境にその波は「第二陣」といった感じに。



20170620_第二弾2

当ブログで何かやるときには必ず来てくれているような、距離感が麻痺した関西人の代表 “パン家” も、当たり前のような落ち着きを放ちながらやって来た。

1カートに3匹ずつという、相変わらず見事な多頭飼いっぷりだ。



20170620_第二弾3

この期に及んで未だに「ポメラニアン」と詐称している、どこからどう見ても不純物ゼロのボーダーコリー “陽斗”。

「はると」と読むのだが、ついつい「はるお」と間違えてしまう。
犬種も名前も紛らわしいけど、性格は牧羊犬らしく温厚で可愛いヤツだ。



20170620_第二弾4

つづいて、パピヨンみたいなカラーリングのポメラニアンが2匹登場。

パーティーカラーという希少カラーリングで、日産の「セレナ」で例えると、俺が乗っているオレンジ色みたいなポジションだろう。



20170620_第二弾5

名前を思い出せないのだが、白と茶色のほう。

女の子だろうか、可愛らしい顔をしていた。
サイズも小さかった。



20170620_第二弾6

同じく名前を思い出せないのだが、白と黒のモノトーンのほう。

よく見ると、“まぁ” さん宅の “羅依” に目が似ている。
すなわち、俳優の窪田正孝に似ているということになる。



20170620_第二弾7

その間、真熊は新たに遊びに来てくれた面々にはまるで興味を示さず、尚もおやつに踊らされていた。

“無類の人好き” として、よその飼い主さんに遊んでもらうことが何よりの幸せなのだと思っていたが、どうやら違っていたらしい。



20170620_第二弾8

おやつ > よその飼い主さん

という不等式だったようだ、真熊の中では。
この日まで逆だと思っていたのだが・・・・



20170620_第二弾9

ちなみにおやつを与えてくれる相手は、よその飼い主さんだろうが、俺だろうが、犬なんて飼っていない通りすがりのオッサンだろうが、別に誰でも構わないらしい。

むしろ、人型ロボットの「ペッパー」でも問題ないのだと思う。



20170620_第二弾10

すると今度は、犬用カートというよりアウトドアでの荷物運搬用のような赤いカートに、ポメラニアンを数匹乗せたファミリーの姿が。

どうやらカートで現れる人は、必ずここを通るらしい。



カートの中の犬たちが、それぞれまったく別の方向を向いている、実にまとまりのない光景。


20170620_第二弾11

まるで、3本の首がすべて別々に動く「キングギドラ」のよう・・・・

そうだ、これまた毎回遊びに来てくれる「キングギドラ」こと “ハコ乗りポメラニアン一家” だ。
名前は、“コロ助”、“あんこ”、“とと丸”、“えみぃ” 。



20170620_第二弾12-2

さらに、顔が異常に小さい、育ちの良さそうなポメラニアンも到着。

京都で会いましょう」企画に来てくれた、顔の中央にパーツが凝縮された、いろんな意味でミニマムなビジュアルの “漣” だ。




いきなりだけど新企画

20170617_お志バナー

大阪で会いましょう・再び」に足を運んでくれた読者さんたちから、たくさんのお土産をいただきました。

食べ物に関しては、日々美味しくいただいております。
すべては無理かもしれませんが、そのいくつかを定期的に報告しますね。



20170620_戴きもの1

47都道府県の一番搾り

「大阪に乾杯」、「神戸づくり」、「岡山づくり」、「奈良に乾杯」など、関西バージョンと中国・四国バージョンを中心にたくさんいただきました。



20170620_戴きもの2

モリーママのラスク

一日に一万枚も売れる神戸の大人気ラスクらしい。 確かに美味しかったです。


今後もしばらくつづく!








ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

次々にやって来るポメラニアンたちに歓迎のクリックを。



人気ブログランキング

どいつもこいつも個性的で可愛かった。



【今日の一言】

解散騒動のときと同じで、事務所の子飼いのスポーツ新聞社だけが良心的なことばかり書いている。
 


20170615_ダニエル・ウェリントン4
また 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 15%割引クーポンあるよ!
 

| 会いましょう企画 | 07:49 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次から次に黒い犬 ~第二陣

花金の朝に、こんにちわ。

野際陽子さんが亡くなったんですね。 空前の「冬彦さん」ブームになったドラマでの演技が印象的でした。 悲しいニュースがつづきますね。 超ブルーで so Blue な局長です。



――― さて、本日もいってみよう、月曜日からつづくこのレポートを。


20170616_第二陣1

先日の5月20日(土)に開催した「大阪で会いましょう・再び」のレポート続編。

スタート時刻の10:00から約30分間に、暇を持て余していたらしい「第一陣」の読者さんが集まりだした大阪の鶴見緑地。



20170616_第二陣2

その「勇み足」気味のファミリーが連れて来た愛嬌のある犬たちと共に、思い切りおやつに踊らされていた真熊。

さすがは400年以上前から「天下の台所」と呼ばれていた街ということか、食べ物で動物を釣るのが上手い。



20170616_第二陣3

おやつを見せられた途端に、自分が四足歩行の生き物であることを完全に忘れてしまったらしい真熊。

千年後くらいには犬もこうなっているという進化形を予告しているかのような、見事な二本足立ちでおやつに釣られて歩く。



20170616_第二陣4

指まで噛んでいるのかと見間違えてしまうような食いっぷり。

いや、本当に噛んでるのかもしれない。
とくに流血騒動はなかったはずだが、大丈夫だっただろうか。



そうこうしていると、新たな読者さんファミリーがやって来た。


20170615_第一陣2

“嵐丸”(らんまる)と “ひな” という、阪神タイガースのユニフォームを無理やり着せられているクリーム色のポメラニアンだ。

この5月20日午前中の時点では、貯金1でなんとか3位につけていた巨人ファンの俺に対し、貯金10でぶっちぎりの首位にいる阪神タイガースの威を借るが如き暴挙である。



20170616_第二陣5

こちらは、ぬいぐるみのような風貌をした “くり”。
抱っこされっぱなしだったが、何やら楽しそうな顔をしていた。



20170616_第二陣6

そこへ、もはや引くくらいに、やたら落ち着きのない犬が現れた。

ヨダレ掛けのような白のワンポイントを首元にあしらった黒いポメラニアン。
一秒たりとも止まっている瞬間がないので、写真がブレて仕方ない。



20170616_第二陣7

名前は、谷村新司よろしく “すばる”。
堀内孝雄は関係ないので要注意だ。

そう、二年前も来てくれた、あの終始動きっぱなしの黒いポメラニアンである。



20170616_第二陣8

実は、見ようによっては真熊と顔が似ているところもあるので、すばるが「お座り」している僅かな時間を突いてツーショットの撮影へと洒落込んだ。

すばるも真熊も、やたら楽しそうな笑顔を見せてくれる。



20170616_第二陣9

そこへ、「第一陣」で来ていた “元気” もセッティング。

全方位をカメラに囲まれる3匹。
どのカメラを向けばいいのか困惑している様子だ。



20170616_第二陣10

しかし、「プチ撮影会」はほんの15秒くらいで終了。

そもそも、すばるは一箇所に留まっていられる性格じゃないのだろう。
あっという間に「流れ解散」のような形になってしまった。



20170616_第二陣11

するとそこへ、2台のカートを押してやって来た夫婦の姿が。
カートの中には、犬・犬・犬。

しかも、5匹が目視で確認できるが、うち3匹が黒い犬という、先ほどからつづく “黒尽くし”。



20170616_第二陣12

そのうちの1匹はボーダーコリーのようだ。
確かこの子は、何度か会ったことがある牧羊犬、“陽斗”。

つまり、当ブログでも何度か紹介している、距離感覚が麻痺してしまっている「どこへでも現れる関西人」の “パン家” だ。


つづく・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

第二陣としてやって来た犬たちにも歓迎のクリックを。



人気ブログランキング

まだまだたくさん出てきますよ、関西犬。



【今日の一言】

結局、交流戦は巨人の再会が決定しましたね。 ヤクルトよりも下回ってたんですね。
 


20170615_ダニエル・ウェリントン4
また 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 15%割引クーポンあるよ!
 

| 会いましょう企画 | 07:46 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ