熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

春のワクチン祭り ~ 寿喜編

新しい週に、こんにちわ。

この時期はずっと見てきたドラマの最終回ラッシュですよね。 ちなみに俺は今クールでは 『崖っぷちホテル』 と 『正義のセ』、『ラブリラン』 を見ていました。 局長です。



――― さて、先週のつづきで、犬猫の飼い主にとって年に一度の責務のお話。


20180618_寿喜ワクチン1

そう、ワクチン接種。

今年は我が家の犬猫計4匹をまとめて一度に病院へ連れて来たのだが、稚葉にいなにつづく3匹目の生贄は、当然コイツ。



20180618_寿喜ワクチン2

天然猫の、寿喜である。

にいな同様、ヘンに病院慣れしているので、リードなど付けなくても決して逃げ出すことはないのだが、一応念には念を入れている俺。



20180618_寿喜ワクチン3

体重は、4.32kg。
昨年と比べて、20gしか変化がないなんて、ボクサー並みの体型管理ができているってことだ。



20180618_寿喜ワクチン5

これまでの2匹と同じく、まずは目、耳、口からスタート。
寿喜も例外ではなく、口を開けることを頑なに拒む。



20180618_寿喜ワクチン6

結局、最後にはこじ開けられることも、例外ではなかった。
異常なし。



20180618_寿喜ワクチン7

つづいて触診。
お腹は異常なし。



20180618_寿喜ワクチン8

四肢から肉球までも異常なし。



20180618_寿喜ワクチン4

背中周りも異常なし。
スフィンクスみたいなポーズのまま、触りまくられている寿喜。



20180618_寿喜ワクチン9

聴診器による問診も異常なし。

真ん丸い幼顔だが、実は真熊と同じく今年で11歳(推定)になるシニア猫なのだが、コイツも幸いなことになかなかの健康体らしい。



20180618_寿喜ワクチン10

最後に肛門からの体温測定。
嫌がってはいるが、決して逃げようとしないのが不思議だ。



20180618_寿喜ワクチン11

よその猫の診察シーンを知らないが、にいなと寿喜は獣医師の先生にとっても、“けっこう手の掛からない猫” という部類に入るのではなかろうか。



20180618_寿喜ワクチン12

結果、体温も異常なし。
良かった良かった。



20180618_寿喜ワクチン13

最後は、この日の本来の目的である混合ワクチンの接種へ。
何かを察知したのか、注射器のセッティングをする先生を、怯えたような顔で見つめている。



20180618_寿喜ワクチン14

とはいえ、痛みを感じるヒマもなく、注射は一瞬で終了。

これで、寿喜も病院での全工程がコンプリート。
この日からの一年間を、また健康に生きてくれますように。



20180618_寿喜ワクチン15

寿喜を入れてきたキャリーは、上面のほか側面も開くタイプなのだが、再び寿喜を入れようと診察台に置くと、自ら進んで入っていった。

自分でもちゃんと「任務完了」だという自覚や自負があったらしい。



20180618_寿喜ワクチン16

診察中に取り乱すことも暴れることもしない寿喜だが、やはりこの場所は好きではないらしい。
一刻も早く帰りたいという感じだった。

こうして、猫3匹のワクチン接種は何事もなく無事に終了したのだった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

やっぱり病院は苦手な寿喜に労いのクリックを。



人気ブログランキング

にいなと寿喜の病院慣れは半端ないな。



【今日の一言】

次のクールも、波留さんのドラマは楽しそうだな。 『正義のセ』 は2年後くらいに復活しそう。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

ひょんなことから6度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 

| 寿喜 | 02:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春眠暁を教え込んでみた

花金の朝に、こんにちわ。

今日は職場の健康診断のため、昨夜からラマダン(絶食)に突入している局長です。
バリウムを飲むのです。 少しでも体重を落とそうなどという小賢しい手段じゃないですよ。



――― さて、少し前の週末のお話。


20180420_寝起き1

お昼も過ぎて14時くらいだっただろうか。

いろいろと疲れもあって死んだように寝ていた俺だが、目が覚めると真熊が散歩を期待して目を輝かせながら笑顔で俺を見つめていた。



20180420_寝起き3

その横で、寿喜が気持ち良さそうに眠っている。

毛布一枚使用にすると、猫たちが全員俺の上に乗ってきてしまうので、動物たち用にもう一枚用意してあるのだが、なぜか決まってその境目で眠る寿喜。



20180420_寝起き2

なんて気持ち良さそうに眠る猫なのだ。

確かに毛布の感触に包まれながらお昼頃までゴロゴロするのは、誰にとっても至福の時間とも言えるが、普段から寝てばかりの猫にとっても同じ幸福感だったとは。



20180420_寝起き4

悩みなんて何一つなさそうな大あくび。
俺もこうして日がな一日、毛布の中で寝て過ごしたい。



20180420_寝起き5

毎日こんな時間を過ごしているのかと思うと、なんとなく腹立たしく思えてきたので、これから散歩に行く真熊と違って「起きる理由」など何もないにもかかわらず意味なく起こしてみた。



どうやら、まだ起きる気は毛頭ないらしい。


20180420_寝起き6

「春眠暁を覚えず」を実践しようとでもいうのだろうか。

それなら俺は、親として “春眠の暁” をコイツに教え込んでやらねばなるまい。
いつの季節にも、夜があればその次には朝(暁)が来るのだから。



20180420_寝起き7

すると、俺からのスキンシップを拒絶し始める寿喜。
まぁ人間でも、気持ち良く寝ているときにイタズラされるのは不快なものだが。



20180420_寝起き8

野良猫時代は外の物置小屋の下などで寝ていたのだろうが、こうして毛布の気持ち良さを覚えてしまうと、そりゃ野性味も警戒心も消え去ってしまうのだろう。



こんなノリで、少しばかりちょっかいがしつこかったのだろうか ―――


20180420_寝起き9

目が覚めてしまったらしい。

いや、すでに20時間近く寝ているのだから、もう充分だろうが。
たまにはネズミの一匹も捕まえてこい。 (本当に捕まえてきたらドン引きするけど)






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

春眠暁を覚えないなら体に叩き込むまでさ。



人気ブログランキング

気持ち良さそうに眠る寿喜に愛のクリックを。



【今日の一言】

これだけ医学が進歩しても、バリウムと排出の苦労だけは変わらないから不思議だ。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 寿喜 | 02:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おやすみ寿喜・再び

木曜日の朝に、こんにちわ。

今日は、“島原の乱” が集結して380年という節目ですね。 つまり、天草志郎が討死した日ということです。 380年も経ってしまったなんて月日の流れは速いですね。 局長です。



――― さて、一揆やクーデター等の政変とは何一つ関係のない “ゆるい” 光景を。


20180412_寿喜1

なぜだか我が家の動物たちから一番人気となっているハーフタイプのかまくら型ベッド

比率的には真熊が専有していることが多いのだが、他の猫たちも含めた争奪戦が日々繰り広げられており、日によってここに収まっている生き物は違っている。



どうやら、この日は寿喜が競り勝ったらしい。


20180412_寿喜2

ん・・・・?
なんか少し前にもこんな光景があったような気がするが、「デジャブ」だろうか。

※ デジャブ >>> 2018.02.25 『おやすみ寿喜



20180412_寿喜3

デジャブどころか、寝相も前回とまったく同じだ。
右腕を突き出すこの謎のフォーム。



20180412_寿喜4

そして大あくび。

寿喜の周りだけが、局所的に時間の流れがゆっくりしている雰囲気だ。
きっと、一日が36時間くらいに感じられるのだろう。



20180412_寿喜5

寝たいだけ寝て、お腹が空いた頃にごはんが出てきて、実にいい生活だな、キサマ。
お酒を飲めない点だけは可哀想だけど。



20180412_寿喜6

暑からず寒からずという今の季節は、動物たちにとっては一年間でもっとも過ごしやすい時期なのだろう。

いいなぁ、花粉症の苦しみがないって。



20180412_寿喜7

俺も毛布を敷布団代わりにしながら、一日中こうしてゴロゴロしてみたいものだ。
週末なら、できないこともないんだけど。



【期間限定企画】 局 長 は 今 ・・・・





チェコのプラハで「モルダウの流れ」をリアルに体感している俺だが、この日はバスで片道3時間も要する遠く離れた街まで足を伸ばしてみた。





「チェスキークロムロフ」という、“世界一美しい街” と呼ばれる街なのだが、本当に美しかった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

毎回お決まりのフォームで眠る寿喜にクリックを。



人気ブログランキング

毎日のうのうと過ごす緊張感ゼロの猫。



【今日の一言】

島原の乱を率いた天草志郎って、当時まだ15歳だったんですよね。 担ぎ上げられたんでしょう。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 寿喜 | 02:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベランダ越しコミュニケーション

火曜日の朝に、こんにちわ。

「森友学園」問題を安倍首相の汚職と糾弾しつづけてきたメディアが、何事もなかったかのように今回発覚した真実を伝えている姿に違和感しか覚えないです。 局長です。



――― さて、いつかの週末のお話。


20180313_寿喜1

天気が良かったのでベランダで布団を干していると、一緒に出てきては例によって手すりの上というデンジャラスな場所で日向ぼっこを始める寿喜

向こう側には何もなく、バランスを崩そうものなら2階から真っ逆さまだ。



20180313_寿喜2

あまり野性味を感じさせない、むしろどん臭いタイプの猫なのに、なぜだか昔からこのスリリングな場所が好きなのだが、体内に脈々と流れるネコ科の血とDNAがそうさせるのだろうか。



20180313_寿喜3

すると、さらに危険が増す突端のほうへと移動。
「馬鹿は高いところが好き」という言葉を体現しているようで、なぜか俺のほうが恥ずかしい。

しかし、当の寿喜には別の目的があったらしい。



20180313_寿喜4

隣のお婆ちゃん” である。

どうやらお婆ちゃんが出てくる気配を感じていたようだ。
そんな勘の良さがあったこと自体に俺は驚きを隠し得ないが。



20180313_寿喜5

大正15年生まれのお婆ちゃんクラスになると、猫と自由に会話ができるようなので、しばらくの間このベランダ越しのコミュニケーションをお互いに楽しんでいた。

とはいえ、気持ちが緩み過ぎてバランスを崩してしまっても怖いので、気を付けるように声を掛けてみるも ―――



20180313_寿喜6

逆ギレ。

お婆ちゃんとの時間に水を差されたようで不愉快なのだろうか。
しかし、今年92歳のご老体を寒空の中で長時間にわたって拘束するのも逆に危ない。



20180313_寿喜7

俺の思いが通じたのか、文句を言いつつも戻って来る寿喜。

実際には多少の緊張があるのだろうか。
よく見ると顔がいつもよりも引き締まって見えるじゃないか。



20180313_寿喜8

ソーラーパネルの如く全身で太陽光を浴びて、ビタミンDもチャージできたところで、あとは危険度ゼロの安全な場所で熟睡。

あまり俊敏な猫に見えないゆえに、あの場所に上られると俺が生きた心地がしないのだ。



20180313_寿喜9

そのままカメラを引いてみると、隣のかまくら型ベッドには真熊が。

明らかに退屈そうな顔をしているが、そういえば真熊も最近、お婆ちゃんと触れ合ってない。
暖かくなったら、庭越しに遊んでもらわなきゃな。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

お婆ちゃんとの会話を楽しんだ寿喜にクリックを。



人気ブログランキング

「風に立つライオン」みたいなシルエット。



【今日の一言】

「森友問題」と大々的に報じてきたメディアは、とにかく “反安倍” だけが目的なんすかね。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 寿喜 | 07:02 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

膝の上の猫 【甘え上手編】

日曜日の昼下がりに、こんにちわ。

日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞、菅田将暉くんでしたね。 かなりの若さでの受賞ですよね。 年間6本くらいの映画に出てるし、ドラマもCMも引っ張りだこですもんね。 局長です。



――― さて、本日も週末恒例で、「動物たちの日常」シリーズを。


20180304_膝の上の寿喜1

昨日は「甘え下手」な猫が頑張って俺の膝に乗って来るお話だったが、本日は真逆の存在。
「甘え上手」な猫が、至ってナチュラルに俺の膝に乗って来た姿を。

そう、甘え上手な天然猫、寿喜



20180304_膝の上の寿喜2

仕事から帰宅した俺が、パソコンチェアに座る前に真っ先にやること、否(いな)、やらなければならないことである “石油ファンヒーターのスイッチを入れる” という大仕事。

そこからしばらくは、ヒーターの前に座って暖を取るのがお約束なのだが、そこへシレっと近づいてくるのが寿喜。



20180304_膝の上の寿喜3

そのまま当たり前のように膝の上に。
この辺りの節操のなさは、甘え下手なにいなとは真逆だ。



20180304_膝の上の寿喜4

昨日も綴ったとおり、帰宅後の俺にはやらなければならないルーティーンが多数あるので、ひとしきり暖を取ったらすぐにでも動き出さなくてはならない。

しかし、この状態になってしまうと、俺も無下に寿喜を膝から降ろすわけにもいかず・・・・



20180304_膝の上の寿喜5

15~20分ほど身動きが取れなくなってしまうのだ。

寿喜とにいな、たまに稚葉と、それぞれ20分弱を使うことになるので、俺の寝不足が加速するという負のスパイラルが生じている我が家。



20180304_膝の上の寿喜6

逆に、俺の上で自分だけ寝ようとする寿喜。
どうなってるんだ、この親不孝ぶりは。



20180304_膝の上の寿喜7

そうこうしていると、甘え上手な寿喜の横で、甘え下手なにいなが、自分も俺の膝に乗ろうとタイミングを窺っている。

なんで同じ猫で、こうまで性格が異なるのやら・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

甘え上手で節操のない寿喜に愛のクリックを。



人気ブログランキング

にいなと180度違うからケンカも絶えないのか。



【今日の一言】

スポーツ界も映画界も、若い力が次々に出てきて、なんかワクワクしてしまいますよね。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 寿喜 | 14:33 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ