FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

夏のおかしな存在

お盆休みの残された時間に、こんにちわ。

いくら夏が大好きな俺でも、昨年あたりからのこの猛暑には命の危険すら感じます。 今年は夏の終わり頃から活発に遊び始めようと思います。 局長です。



――― さて、今朝の “撮って出し” 写真を。


20190817_寿喜1

いろいろと疲れがたまっているので、こんな気の抜けた内容で本日はご容赦を。

お待ちください」 記事をアップして寝室へ上がると、もうお日様が昇っていた。
昼夜逆転である。



20190817_寿喜2

すると、そこにはクソ暑いのに寿喜嫁女房に密着しながら寝苦しそうにしていた。
リビングはエアコンをつけているというのに、何ゆえわざわざここで・・・・



20190817_寿喜3

俺たちも動物たちも、一日中クーラーに当たってばかりなので、深夜や朝方など、なんとか凌げる暑さの時間帯は、できるだけ窓を開けて扇風機で過ごしたりしているのだが―――



20190817_寿喜4

寿喜はクーラー云々ではなく嫁女房と運命を共にしたいらしい。
クーラー嫌いの稚葉と違って、むしろクーラーに依存した猫だというのに。



20190817_寿喜5

嫁女房も、この暑さの中で布団を掛けて寝るという暴挙に出ているし、あまりの暑さに脳がダメージを受けているのかと心配になるような光景だった。



20190817_寿喜6

その後、少しばかり仮眠してリビングへ降りると、網戸越しに外の世界を楽しんでいる猫たちが勢ぞろい。



さっきまで寝室で寝ていたはずの寿喜まで。


20190817_寿喜7

そういえば、寿喜はどこへ行ってもそこにいる。

ディズニーランドのミッキーみたいに、実は複数匹存在しているんじゃないかと疑ってしまうことすらある・・・・






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

嫁女房と運命を共にするらしい寿喜にクリックを。



人気ブログランキング

それでも眠りに就ける順応性にも二発目を。



【今日の一言】

暑さにグッタリでアクセス等もガタ落ちのお盆休みですが、動物たちに変わらぬ応援を。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 寿喜 | 15:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寝起きフォーメーション

三連休の真ん中に、こんにちわ。

いろいろとやることがあって、朝から 「コメダ珈琲」 でモーニングを食べながらあくせくしている局長です。 厚切りトーストって今さらながら美味しいですね。



ーーー さて、なんとなく週末恒例になりつつあるこのシリーズを。


20190714_寿喜1

週末の朝、目が覚めると、俺とは比べ物にならないくらい大きな目を見開いたヤツが、こちらをジッと見つめていた。



20190714_寿喜2

天然猫の寿喜である。

すでに眠りから覚めてはいるが、行動は起こさずにベッドの上でダラダラとまどろんでいるらしい。



20190714_寿喜3

カメラを引いてみると、こうなっている。

相変わらず嫁女房の上というか脇というか、とにかく傍に陣取って、同じ派閥の稚葉を牽制している様子だ。



20190714_寿喜4

以前は俺の枕元を定位置としていたのに、いつの頃からか “こっちサイド” には足を踏み入れなくなった寿喜。

11歳にして “マザコン道” に目覚めたのだろうか。



20190714_寿喜5

さらにカメラを引いてみると、こういうフォーメーションになっている。

“忠犬” 真熊は絶対に俺の足元から離れず、決して裏切る様子は見せない。



20190714_寿喜6

一方で、最初に “嫁女房派” を立ち上げた稚葉は、寿喜の強引なポジショニングに、逆に隅っこに追いやられるという憂いに遭っている。



20190714_寿喜7

真熊はさすが “犬” だけあって、12年間、誰に育ててもらったのかという恩義を決して忘れない。

人類の進化と常に寄り添ってきた “犬の歴史” を、この小さな黒いボディから感じずにはいられない。



20190714_寿喜8

猫などは、所詮 「人間は食べ物をくれる存在」 くらいの “利便性” でしか、人との関係性を考えていないのだ。

そりゃ 『サザエさん』 も、近所のドラ猫にお魚をかっさらわれたりするわけだ。



20190714_寿喜9

こうして、局長家の週末の朝は、人類と犬猫との歴史をも考えさせられる、深くて濃密な時間となっていたのであった。






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

自分の欲求のみに生きる寿喜に戒めのクリックを。



人気ブログランキング

サザエさんの怒りを代弁しながら二発目を。



【今日の一言】

三連休ゆえにアクセス等がガタ落ちすると思いますが、動物たちに変わらぬ応援を。



20190625_ダニエル・ウェリントン

『ダニエル・ウェリントン』 夏のキャンペーン終了間近! 割引クーポンもありますよ。


『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 寿喜 | 12:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春のワクチン祭り 2019 | 寿喜・後編

快晴の朝に、こんにちわ。

予想どおり、プロ野球の交流戦がそれまでの順位に大きな影響を及ぼし始めましたね。 順位の下位はセ・リーグが占めているし、あの広島カープも大失速ですし。 局長です。



――― さて、本日も毎年恒例 “春のワクチン祭り” のレポート続編を。


20190613_寿喜ワクチン1

4匹まとめて一斉にワクチンをぶち込んでしまおうという一大イベントであるこの日、トップバッターの真熊が無事に診察を終えたところで、2匹目としてキャリーから姿を現したのが天然猫の寿喜



20190613_寿喜ワクチン2

触診から始まり、口の中のチェックへ。
嫌がってはいるものの、真熊よりは素直に口を開ける。



20190613_寿喜ワクチン3

そして、聴診器による心音チェック。
逃走を試みることもなく、大人しく聴診器を当てられている。



20190613_寿喜ワクチン4

さらに、肛門からの体温チェック。
不快感全開なのだろうが、これも大人しく辛抱している寿喜。



これで健康診断フェーズは無事に終了。


20190613_寿喜ワクチン5

しかし、寿喜は明らかに怒っている
家の中ではあまり見せない顔を、惜しみなくカメラに向けているではないか。



20190613_寿喜ワクチン6

やむを得ず、メンタルのフォローに入る俺。
これをきっかけに今さら病院嫌いになってしまっても今後困るだけなので、必死に慰める。

その後方で、すでに任務を終えている真熊はお気楽ぶり全開の顔を見せている。



20190613_寿喜ワクチン7

俺がこうやって寿喜の注意を引きつけている間に、獣医師の先生は気配を消しながら次の準備を始める。

そう、この日の本来の目的であるワクチン接種である。



20190613_寿喜ワクチン8

寿喜が不貞腐れながら俺のほうを向いている隙に、プスッと一瞬のうちに注射。
この間、わずか5秒ほどの仕事であった。



20190613_寿喜ワクチン9

首元をつかまれたと思ったら、あっという間に去っていった先生に、逆に不思議そうな顔を見せながら困惑する寿喜。



20190613_寿喜ワクチン10

ということで、寿喜も無事にミッション終了。

後方の真熊と違い未だに怒りは鎮まらない様子だが、とにかくこれでまた一年間を健康に過ごせるのだから良かった良かった。



20190613_寿喜ワクチン11

昨年は一度に4匹まとめて連れてくるという大技に挑戦していたが、思いのほか大変だったので今年は例年どおり2匹ずつ2セットに分けての通院に。

こうして前半戦は無事に終了。
後半戦につづくのであった・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

逃げないものの警戒心MAXの寿喜にクリックを。



人気ブログランキング

明らさまに不機嫌になる姿にも二発目を是非。



【今日の一言】

このまま広島カープが失速してくれれば、後半戦のセ・リーグはもう少し盛り上がるはず。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 寿喜 | 07:24 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春のワクチン祭り 2019 | 寿喜・前編

週の真ん中に、こんにちわ。

幼児虐待死の事件、内容が残虐すぎてどうしてもニュースから目を逸らしてしまいます。 なんで全国の児相は同じ過ちを何度となく繰り返すんでしょうね。 局長です。



――― さて、本日も毎年恒例 “春のワクチン祭り” のレポート続編を。


20190612_寿喜ワクチン1

4匹まとめて一斉にワクチンをぶち込んでしまおうという一大イベントであるこの日、トップバッターとしてワクチンだけでなく採血まで頑張って耐え抜いた真熊は、無事にミッション終了となりリラックスした表情でキャリーの中へ。



代わりに2番手として診察台に上がったのが ―――


20190612_寿喜ワクチン2

天然猫の寿喜

一応リードは着けているが、決して暴れたり逃走を図ったりすることはしない、病院慣れした手の掛からない猫である。



20190612_寿喜ワクチン3

とはいえ、未だ状況が飲み込めないらしく、診察台の上でフリーズ気味の寿喜。



20190612_寿喜ワクチン4

1分ほど要して、ようやく自分の置かれた状況を理解したようだ。
そう、ここは掛かり付けの動物病院。



20190612_寿喜ワクチン5

警戒心Maxの寿喜と、お気楽ぶり全開の真熊の、実に対照的な表情。
猫は耳の向きで緊張感がよく分かる。



体重は、4.48kg ―――


20190612_寿喜ワクチン6

2018年11月|4.64kg
2018年5月|4.32kg

まぁ安定していると言えるだろう。



20190612_寿喜ワクチン7

家ではあんなに隙だらけの腑抜けた姿を晒しているというのに、やはり病院ともなると珍しく緊張した様子を見せる寿喜。



20190612_寿喜ワクチン8

自分が入っていたキャリーに真熊が納まっている姿も気に食わないらしい。
いざ逃げ込むための場所がなくなってしまうと思っているのだろうか。



20190612_寿喜ワクチン9

2008年に我が家にやって来てから、これでかれこれ10数回目の通院だというのに、もう少しリラックスしたらどうなんだ。



20190612_寿喜ワクチン10

・・・・なんて事情は1ミリも考慮せず、有無を言わさず診察を開始する先生。

もう若くなのだから、ワクチンだけではなく体全体をきっちり診てもらわなければ。
当の寿喜は、何か納得いっていない様子だが。






ランキングに参加しています。 更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

逃げないものの警戒心MAXの寿喜にクリックを。



人気ブログランキング

任務終了でお気楽な様子の真熊にも二発目を。



【今日の一言】

今回の児相、千葉の事件があったばかりなのに学習能力はないのかと呆れてしまう・・・・



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 寿喜 | 08:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寿喜、寝返りの顛末

日曜日の昼下がりに、こんにちわ。

テレビで巨人VSヤクルト戦を観ながら更新作業をしているのですが、先発の山口がピリッとしなくて作業が進みません。 勝ち越すために早めの交代を望んでいる局長です。



――― さて、少し前に綴ったお話の詳細というか、過程というか。


20190501_派閥争い5

先日、俺がとくに目を掛けてやっていた天然猫の寿喜が、稚葉が立ち上げた “嫁女房派” という派閥に寝返ったということを綴った。

20111231_アイコンそのときの記事 >>> 2019.05.01 『局長家の派閥争い



まったく必要ないとは思うが、本日はそのプロセスを紹介しよう。


20190512_寿喜1

嫁女房が我が家にジョインした当初は、まだこんな距離感だった。

ホットカーペットに魅了されるのは、決して猫だけではないらしく、嫁女房も背中が貼り付いたような様子であるが、その少し離れた場所に寿喜も同じようなフォルムで寝そべっていた。



20190512_寿喜2

だが、嫁女房が起き上がると、そっと背中に寄り添うようにポジショニング。



20190512_寿喜3

なんとなく俺に対する背徳感に苛まれたような表情を見せつつも、だからといって俺の元へ戻ってくる様子も見えない。



20190512_寿喜4

ちなみに、その横には真熊もいるが、さすがは忠犬
然るべき距離を保ったまま、目線は常に俺に向けているではないか。



20190512_寿喜5

しかし、安っぽい甘えん坊精神しか持ち合わせていない寿喜は、数分後にはむしろ堂々とこんな場所に陣取っていた。

「乗っちゃった・・・・」 といったドキドキ感を覚えているような表情だ。



20190512_寿喜6

その姿を、一歩引いた場所から見つめているのが石像猫のにいな

真熊同様に、俺への忠誠を誓うだけあって、自分も一緒に甘えちゃおうなどといった誘惑には決して屈しない。



20190512_寿喜7

一方の寿喜は、その数日後にはもはやこんな姿を晒すようにさえなっていた。

添い寝” じゃないか。
嫁女房のぐうたら感も、ちょっとばかり気になってしまう一枚だが。



20190512_寿喜8

そして、嫁女房のおでこに肉球をぴとっと当てる。
これは俺に対してもよくやっていたことだが、寿喜が甘えるときに繰り出すサインである。

こうして俺をもっとも癒してくれる存在だったはずの寿喜は、嫁女房の猫みたいなポジションへと成り下がっていったのであった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

俺を寝返った寿喜にお叱りと戒めのクリックを。



人気ブログランキング

アクセス等がガタ落ちする週末だけど二発目を。



【今日の一言】

今日は大阪でポメラニアンのオフ会があったんですよね。 行きたかったっす。 次回こそ。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 寿喜 | 15:39 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ