FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

7年間の熟成モノ

週の真ん中に、こんにちわ。

昨日は突然の “夏寄りの秋” みたいな陽気で、汗をかいちゃいましたね。 でも、12月9日(日)の予報は寒いっぽいので、駒沢公園に来る方は防寒対策をお忘れなく。 局長です。



――― さて、同じ話がつづくと飽きが生じてしまうのが人の性(さが)。


20181205_寿喜1

ついては、某獣医大の学園祭レポートはワンブレイクして、少し “ゆるめ” のお話を。
いや、だいぶゆるいかもしれない。



20181205_寿喜2

先週末、部屋の大掃除をしていたら、カラーコーン型の猫用 “爪とぎ” が発掘された。
そういえば、昔こんなものを買ったなと思い返しながら、さっそくリビングに投下してみる。



20181205_寿喜3

すると、面白いくらいに猫が釣れた。

ブラックバスでも、もう少し警戒心が強いだろうに、ルアーが着水すると同時にヒットするような速さで釣れてしまった。



20181205_寿喜4

警戒心ゼロの天然猫、寿喜だ。

もし、これが爪とぎでなく、“トリモチ” とかだったら、どうしていたのか。
簡単に捕獲されてしまうぞ。



20181205_寿喜5

さすがは、我が家の “ゆるさの象徴” 寿喜。
性格は完全に犬だと思っていたが、こうした習性を見ると、やっぱり「猫」に属しているらしい。



20181205_寿喜6

でも、あまり見つめられると、へんに警戒してしまうらしい。



20181205_寿喜7

それはそうとこの爪とぎ、実はずいぶん前に購入したものの、まったく使ってもらえずに、長年にわたり二階の部屋に放置されていたのだ。


 【そのときの記事】

 2011.08.30
 『猫の爪とぎガリガリ



それが7年の時を経て ―――


20181205_寿喜8

ついに寿喜の感性がこの爪とぎに追いついたのか。
もしくは、寿喜がこの爪とぎを気に入ったのではなく、時代がこの爪とぎを選んだのか。



20181205_寿喜9

夢中でガリガリする寿喜。

あるいは7年間も熟成されたことで、爪とぎから猫を狂わせる “何か” がにじみ出ていたりするのだろうか。



20181205_寿喜10

完全に我を忘れているというか、失っているというか、脳みそが逃避行を始めているというか、とにかく取り乱している寿喜の恥ずかしい姿。



極めつけは、これだ ―――


20181205_寿喜11

もはや、ラリッているではないか・・・・

ちなみに、寿喜だけでなく稚葉も今さらながらこの爪とぎを激しく愛用し始めた。
もう捨てようと思っていたのに、今さらどうしたというのだ、猫たちよ。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

自我を失ってしまった寿喜に笑止のクリックを。



人気ブログランキング

7年ぶりに日の目を見ることになった爪とぎにも。



【今日の一言】

分かっていると思いますが、昨夜の有村架純ドラマの余韻で抜け殻になっています。
 


20181110_駒沢公園で会いましょうバナー



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 寿喜 | 04:24 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寿喜の10周年

衝撃の朝に、こんにちわ。

日産のゴーン会長が逮捕だなんて、日産車を愛用している身としては複雑な気持ちです。 以前、三菱車を愛用しているときはリコール隠し問題が発覚したけど。 局長です。



――― さて、昨日につづき、本日は我が家にとって重要な節目の二日目。


20181120_寿喜1

アライグマ “千寿” の命日である11月19日の翌日、つまり11月20日といえば、天然猫の寿喜が我が家にやって来た日である。



20181120_寿喜2

日付が偶然並んだわけではなく、リアルに10年前の2008年、千寿が突然逝ってしまったその翌日に、寿喜と出会ったのだ。

そりゃ、運命めいたものを感じずにはいられなかったはずだ、10年前の俺も。



20181120_寿喜3

昨日の記事では、千寿の未公開写真を多数アップしてみたが、本日は寿喜についても(恐らく)まだ公開していない写真を中心に、10年前のこの時期を振り返ってみよう。



20181120_寿喜4

当時の写真を紐解いてみると、あることに気付いた。
否(いな)、正確には “思い出した” というべきか。



実は、寿喜を保護した直後は、まだにいなとの仲は良かったのだ。


20181120_寿喜5

これらの写真は、寿喜が我が家にやって来た2008年11月20日の一ヶ月後くらいから、同年の終わりまでの半月というわずかな期間に撮ったものなのだが、二匹は常に一緒にいるのだ。



20181120_寿喜6

とくに寿喜から一方的ににいなを追い回しているわけでもなく、自然な形で一緒に。

そういえば、にいなは寿喜が我が家に来たそのときも、「フ~」とか「シャ~」とか威嚇することもなく、むしろ優しく受け入れていた。



20181120_寿喜7

普通なら、いきなり他の成猫がやって来たら、威嚇だの縄張り争いなどが勃発するというのに、驚くほど何事もなく、昔からの仲の如き自然な距離感だった。



ときに、お気付きだろうか。


20181120_寿喜15

まだ首輪をしていなかったことに。
そのせいか、なんとなく首が太く見える寿喜。



20181120_寿喜8

この頃は、まだ我が家に来たばかりで、且つ「よその飼い猫かもしれない」という疑惑もあり “迷い猫” として飼い主さんを探したりしていたので、いつでも手放せるよう首輪も用意せず、“情” をかけずにいたのだ。



そして保護から一ヶ月後、満を持して我が家の一員となった寿喜。


20181120_寿喜9

“奇跡の仲良しペア” になるかと思われていたにいなとのペアも、まさか数ヶ月後には “犬猿の仲” となり、にいなの “スプレー問題” が始まるなんて、この当時は夢にも思わなかった。



20181120_寿喜10

俺が思うに、にいな的には 「いいヤツそうだったから受け入れてやったけど、実際に暮らしてみたら超イヤなヤツだった」 みたいな心の移り変わりがあったのではなかろうか。



20181120_寿喜11

今でも寿喜にとって “憩いの場” となっているベランダも、最初はにいなに案内されるような形で、ドキドキしながら足を踏み入れていたのだ。



20181120_寿喜12

千寿の部屋からは、まだ残り香が漂っていたのかもしれない。
よく不思議そうに中を窺っていた。

にいなも、千寿の生前にはベランダ越しに恐る恐るコミュニケーションを取っていたが。



20181120_寿喜13

ほんの一ヶ月前までは自分もいたはずの “外の世界” を、何か複雑な思いを抱えながら眺めているのだろうか。



20181120_寿喜14

恐らくは元々は飼い猫だったが、何かの理由で捨てられて野良猫生活を送っていた寿喜。

それが、ひょんなことから再び飼い猫として雨風を浴びない家の中で生活することになり、いろいろと心の整理が追い付かなかったのだろう。



20181120_寿喜16

――― といった一連の出来事も、気が付けばもう10年も前のことになっていたなんて。

今では我が家にとって最重要メンバーのような存在に成り上がっている寿喜。
“11年目” も天然なままで、とにかく健康な毎日を送ってほしいものだ。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

俺をもっとも癒してくれる寿喜に愛のクリックを。



人気ブログランキング

寿喜と出会ってから10年も経っていたなんて。



【今日の一言】

三菱から日産にシフトTHEフューチャーしたけど、両方で不祥事に見舞われるという奇跡。
 


20181110_駒沢公園で会いましょうバナー



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 寿喜 | 05:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

俺の洗濯物…

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

巨人が中井大介ら6人を戦力外通告。 まぁ、毎年ドラフトで8人前後獲得するわけだから、同じ数の選手が去っていくことになるんですよね。 厳しい世界です。 局長です。



――― さて、最近の我が家で起きている困りごとを。


20181027_寿喜洗濯物1

ソファでくつろぐ寿喜
でも、体の下から何かが見え隠れしている。



実は、前にもこんなことがあった。


20180826_にいな8

にいなが何かの上で寝ていたことが。

そう、俺の洗濯物。
乾いて取り込み、畳んでいるところへやって来ては、なぜかその上で寝始めたのだった。


 【そのときの記事】

 2018.08.26
 『不器用な石像



20181027_寿喜洗濯物2

今回は、それを寿喜が。
悪気はないのかもしれないが、明らかに狙ってはいた。



しかも、にいなよりタチが悪いのが ―――


20181027_寿喜洗濯物3

のたうち回るところだ。

せっかくきれいに畳んだ洗濯物がかき乱されるのみならず、ただでさえ毛づくろいをしないために他の二匹よりも抜けやすい毛が付きまくるのだ。



20181027_寿喜洗濯物4

気が済んだのか、“伸び” をもって、のたうち回り終了。



20181027_寿喜洗濯物5

気分良くリラックスできたのかもしれないが、その下にある俺のパンティや靴下といった洗濯物たちは、毛まみれのしっちゃかめっちゃかに。



20181027_寿喜洗濯物6

猫を飼い始めてから13年が経過しているというのに、尚も俺を困惑させる理解しがたい猫の謎の習性。

結局この後、「コロコロ」での毛取りに時間を要する羽目になったのだった。



20181027_寿喜洗濯物7

ちなみに、今は “ひんやりクールハウス” の中で猫らしく眠っている。
いつでもこの中で寝れば、大好きな狭い空間だし、心の底から落ち着くだろうに。



20181027_寿喜洗濯物8

何ゆえ気まぐれに俺の洗濯物の上で寝ようとするのやら・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

なぜか猫たちに大人気の俺の洗濯物にクリックを。



人気ブログランキング

畳み直さなきゃならないし毛が付くから大迷惑。



【今日の一言】

坂本のような生え抜きに育ってほしいっすね。 もうFA補強はいらないっす。 若手よ頑張れ。
 


『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 寿喜 | 15:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雌ライオン出現?

日曜日の昼下がりに、こんにちわ。

今日からドラマ 『下町ロケット』 の新シリーズが始まりますね。 現在、その直前特番を放送しているため、ブログの更新作業がどうにも進みません。 局長です。



――― さて、おかげでこんな時間になってしまったので、どうでもいいようなお話を。


20181014_寿喜メスライオン1

俺のお腹の上で気持ち良さそうに眠る寿喜
手を伸ばし、自分のお腹全面で俺から暖を取っているのだろう。



20181014_寿喜メスライオン2

ちなみに、仕事帰りにジムに寄って、えらくハードなトレーニング(専門用語では “ワークアウト” と言う)をしてから帰宅した直後である。



20181014_寿喜メスライオン3

後方には、“いつもの場所” に石像のような猫にいなの姿が。

そんなことより、俺は体がまだポッポしているので短パン姿なのだが、このままでは寒くなってきてからも身動きが取れないリスクが・・・・



20181014_寿喜メスライオン4

もう一つ気が付いたことが。

寿喜の顔が・・・・
いつもの丸顔ではなくて、シュッとした雌ライオンのような顔つきに。



20181014_寿喜メスライオン5

伸ばした手(前脚)も含めたビジュアルは、完全に雌ライオンだ。

つまり、「Amazon」のCMでやってた鬣(たてがみ)を着ければ、雄ライオンにも成り得るということだろう。



20181014_寿喜メスライオン6

いつものような無邪気さや緊張感のなさが消え、只々野性的な風貌になってしまっているので、可愛げが一切なくなってしまっている。



20181014_寿喜メスライオン7

これはまた別の日。

テレビのリモコンを渡すまいとしているのか、単に「肘掛け」にしているのか、とにかく寝顔がブサイクである。



ちなみに、にいなはというと ―――


20181014_寿喜メスライオン8

爪とぎを枕にして、実に寝相よく眠っている。

幼少の頃から飼い猫だっただけあり、育ちの良さがうかがえる。
だからなんだというお話だが・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

雌ライオンのような寝顔の寿喜にクリックを。



人気ブログランキング

テレビのリモコンを返せ!のクリックも是非。



【今日の一言】

『下町ロケット』 が始まると、活気づく中小企業は多いでしょうね。 今作にも期待しましょう。
 


『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 寿喜 | 15:05 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寿喜、突然の通院

10月最初の花金に、こんにちわ。

巨人の菅野が今季8度目の完封勝利。 40年ぶりの快挙だそうな。 .342という打率の坂本に、31本の本塁打を打っている岡本。 この戦力でなぜ優勝できないのか。 局長です。



――― さて、先週の水曜日、つまり9月26日のお話。


201801005_寿喜の通院1

午前中だけ仕事をお休みして、寿喜をかかりつけの動物病院に連れて来ていた俺。

さっそく先生からの触診を受ける寿喜。
表情が固まっている。



201801005_寿喜の通院2

こはいかに。(これはどうしたことか)
Why? なぜに?

毎年恒例のワクチン接種は5月に完了しているはずだが・・・・



201801005_寿喜の通院3

ちなみに、体重は「4.64kg」。

前回が「4.32kg」だったので、300gほど増えてしまったらしい。
何かしら理由をつけて毎日ゝ寝てばかりいるからだろう、間違いなく。



201801005_寿喜の通院4

これまた毎度お馴染み、肛門からの体温測定。
何とも言えない違和感や不快感があるのだろうか、毎度のことながらフリーズしてしまっている。



201801005_寿喜の通院5

そんなことより、何ゆえ寿喜は季節外れの通院をしているのか。

実はこの2~3日ほど前から、頻繁にトイレに行くようになったり、あちこちにスプレーしてしまったり、しまいには俺の布団の上に大量のオシッコを垂れ流したりと、排尿に関するトラブルを突如として頻発してしまっていたのだ。



201801005_寿喜の通院6

にいなが尿路結石を患ったときの症状と似ていたため、しばらくは様子を見たものの、改善の兆しが見られなかったので満を持して病院に駆け込んだのだった。

触診や体温測定が終わったところで、レントゲン検査に移行。



201801005_寿喜の通院7

撮影したレントゲン写真は、ポータブルのモニターで確認。
寿喜は、いきなり持ってこられたモニターに理解が追い付いていない模様。



201801005_寿喜の通院8

改めて俺と共にレントゲン写真を食い入るように見つめてみる。

先生の言うところによると、
○膀胱にオシッコは溜まっていない。
○オシッコが溜まっていないので、採取して検査することができない。



201801005_寿喜の通院9

しかし、なんのかんのオシッコを出し切っている様子を見る限り、大きな “石” ができてしまっている可能背は低そうだ。

ひとまずは “膀胱炎” を疑おうという先生の見解から、炎症を抑える抗生物質を飲みながら、経過を観察していこうということに。



201801005_寿喜の通院10

しかし、「取り急ぎ今の炎症を応急的にでも抑えてあげないと、オシッコすること自体が辛くなってしまうだろう」―― ということで、先生がおもむろに動き出し始めた。

その慌ただしい様子に、寿喜も何かに気が付いたらしい。



201801005_寿喜の通院11

抗生物質の注射である。

結局、処方された毎日の飲み薬も功を奏したらしく、その後はトイレトラブルも納まった。
踊らされた感はあるものの、早めに異変に気づいて病院に来ることができて良かった良かった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

尿路結石ではなかった寿喜に安堵のクリックを。



人気ブログランキング

病院に来るといつもより目が大きくなる寿喜。



【今日の一言】

巨人の次期監督は原さんの三期目が有力のようだが、江川さんの監督も見てみたい。
 


『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 寿喜 | 01:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ