熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

とりあえず稚葉


三連休の最終日に、こんにちわ。

お正月休みのリハビリ期間と言われる(勝手に言っている)三連休が終わってしまいますね。 これでもう普通の日常に引き戻されてしまうんですね。 超ブルーで so Blue の局長です。



――― さて、休日のお約束、『熊猫犬日記』 の更新は午後までお待ちを。


20170109_お待ちください1

それまでは、この人相(猫相)の悪いメス猫の顔を見て時間をつぶしていただきたい。

目が覚めると、毎日そこにいる顔ぶれが異なっている俺のベッドの上。
この日は、にいなと稚葉による夫婦ペアだった。



20170109_お待ちください2

「似たもの夫婦」というのは、あるいは人間の世界だけではないのかもしれない。

無愛想で甘え下手なところがそっくりの二匹。
何より、目つきが悪い・・・・・





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ずいぶん丸くなった顔に「ポイントは先付けよ♥」のクリックを。



人気ブログランキング

いつ見ても一緒にいる二匹。 別に羨ましくないけど。



【今日の一言】

錦織、今年の初優勝を逃して残念でしたね。 とはいえ大したもんですね。
  


20161225_ダニエル・ウェリントン3

ひょんなことから三度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。
 

| 稚葉 | 03:03 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とりあえず稚葉

三連休の初日に、こんにちわ。

だがしかし、せっかくの三連休だというのに関東地方は三日間ともグズついた天気になるようですね。 梅雨のヤロウが土壇場で踏みとどまってるようで残念です。 局長です。



――― さて、本日の 『熊猫犬日記』 の更新はもう少しお待ちいただきたい。


20160716_稚葉1

昨夜は、復帰宣言した能年玲奈改め「のん」が出ていた 『ホットロード』 を観ていたら、終わると同時にそのままソファで寝落ちしていたらしい。

つい先ほど目が覚めた。



20160716_稚葉2

ついては、これから “二度寝” という重要なミッションに移行しようと思う。

週末に、平日の寝不足をチャージする。
「寝貯め」ではなく、リボルビング払いのようなものだ。



20160716_稚葉3

それはそうと、ペットに帰化して丸三年が経過してようやく甘えることを覚えたメス猫 “稚葉” が、最近はかなり本気を出してきている。

俺が横になると同時に乗っかってくるようになった。



20160716_稚葉4

やはり、野良猫だったから幼少期の栄養が足りていなかったのだろうか。
他の2匹と比べて、格段に顔が小さい。

野良猫って過酷な環境で生き抜いているんだなと、ふと感じた梅雨の終わり。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――




「栄養代わりにポイントを先付けよ♥」的な稚葉へのクリックを。



人気ブログランキング

ということで、おやすみなさい・・・・



【今日の一言】

早く夏よやって来い! 今年も一人で迎えることになっちまったが、夏は大好きだ!



ダニエル・ウェリントン

ひょんなことから腕時計 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターをやってます。

 

| 稚葉 | 08:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三年経った甘えん坊

お待たせしました、こんにちわ。

毎週土曜日は仕事の疲れなのか遊びの疲れなのか、どうにもダラダラ過ごしてしまいます。
今日はこの後、猫たちのトイレを掃除してから、「とある組織」の会合です。 局長です。



――― さて、こんな時間になってしまったので、軽めのネタを。


20160604_稚葉1

最近よく我が家の紅一点 “稚葉” が甘えるといったことを綴る機会が増えているかと思うのだが、本日はその様子をお見せしようかと。

こんな感じである。



20160604_稚葉2

未だ猫3匹の中でもっとも警戒心が強いのには変わりないが、俺がソファやパソコンチェアに座るとほぼ同時に足の上に乗ってきては、上半身にスリスリしてくるのが日課になった。



20160604_稚葉3

以前は病院に連れて行くにしても、まずは捕獲するのに小一時間は要していたが、今では案外ワケない。

気まぐれなので、えらく逃げ回る日もあるのだが、ずいぶんマシになった。



20160604_稚葉4

俺がソファに横になっても、ほぼ必ず乗ってくる。
喉を「ごろごろ」と言わせながら。

おかげで、寿喜を中心に回っていた俺の上でのポジション・バランスが大きく変わり始めてきている。



20160604_稚葉5

2013年の3月末に保護して、現在2016年の6月。

この至って普通な飼い猫レベルにまるまで、実に3年もの時間を要するなんて。
野良猫キャリアが長くなると、ペット生活に順応するのも大変らしい。



20160604_稚葉6

というわけで、最近では毎日俺の上でこんな姿を見せている稚葉なのであった。




これでは、ちょっと記事的に寂しいので ―――


20110828_昨夜のアテ


久しぶりにこの企画もいってみようかと思う。
正しくは「昨夜の」ではなく、「先週の」くらい前のお話なのだが・・・・



20160604_本日のアテ1

まず、毎週のようにキロ単位で購入している鶏のムネ肉を用意する。
ちなみに、最近では100gあたり48円以下でないと買わない俺。



20160604_本日のアテ2

皮を取って、分厚い箇所に切れ目を入れて伸ばす。
砂糖をまぶして、しっとりしてきたら今度は塩。

それをジップロックで密閉して、冷蔵庫で二日間ほど寝かす。



20160604_本日のアテ3

二日後、冷水で小一時間ほど塩抜き。
終わったら、成形してラップでキツくキャンディーにようにくるむ。



20160604_本日のアテ4

そのまま、70~80℃くらいのたっぷりのお湯で茹でる。
ひと煮立ちしたら、お湯が冷めるていくのと一緒に冷ましていく。



完成 ―――


20160604_本日のアテ5

そう、鶏ムネ肉のハムである。

初めて作ったのだが、思いのほか普通に美味しくできてしまった。
恐るべし “クックパッド” 先生。



20160604_本日のアテ6

最近、ちょっと飽きてきていた鶏のムネ肉に、また一つバリエーションが。
ビールのアテにはピッタリだ。

※もっと詳しく知りたい人は、「クックパッド」を見てね。




なんてネタを綴っていたら、真熊の写真が一枚もないことに気付いた。


20160604_真熊

先週の土曜日の真熊。

俺が局長を務める「とある組織」で、見学に来ていた妊婦さんの足元で甘える姿を。
真熊のお腹をなでることが、「安産のおまじない」になればいいのだが・・・・





本当に少しずつだが飼い猫らしくなってきた我が家の紅一点のメス猫に ―――




「ずいぶんスローペースだな!」的な笑止のクリックを。



人気ブログランキング

人間の女にはモテないのに、メス猫には好かれる俺。



【今日の一言】

カロリーの低い鳥のムネ肉を使っているのに、ついついマヨネーズをかけちゃう・・・・


ダニエル・ウェリントン

ひょんなことから腕時計 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターをやってます。

 

| 稚葉 | 15:10 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

稚葉の病院奮闘記

木曜日に、こんにちわ。

勝ち星を計算できる投手が菅野一人しかいないし、相変わらず打者は打てないしで、それでも勝率5割以上をキープできてること自体が奇跡なんですよ。 巨人の話です。 局長です。



――― さて、昨日のつづきで、4月半ばのある週末のお話。


20160526_稚葉の注射1

犬飼いにとっての毎年恒例の行事でもある狂犬病の予防接種を終えた俺と、その注射を打たれた真熊。

その次に診察台に乗るのは、重たい空気のもとスタンバイしていた我が家の紅一点、警戒心の塊(かたまり)である稚葉。



20160526_稚葉の注射2

過去にここで、恐怖のあまり脱糞までしてしまったことがあるだけに、稚葉にとってはちょっとしたトラウマなのだろう。

とにかく坊主頭の先生を見ては怯えていた。



20160526_稚葉の注射3

それでも、有無を言わせずに聴診器での診察が始まる。

野良猫キャリアが長かっただけに、病院という環境にもまったくと言っていいほど慣れない。
恐怖のスポット以外の何者でもないらしい。



20160526_稚葉の注射4

聴診器を当てられているお腹を、「伏せ」してディフェンスしようとしつづける。
先生にとっても、面倒なクランケ(患者)だと思う。



20160526_稚葉の注射5

さらには、すでに注射が終わって傍観していた真熊にまで八つ当たりを始める。

手に負えないギスギスぶり。
真熊にとっても、とんだトバッチリだ。



20160526_稚葉の注射6

触診など一通りの診察を終えたところで、猫たちの年に一度の恒例行事、8種混合ワクチン接種。

これまた注射の痛みをまったく感じなかったらしく、何も気付いていなかった。
それはそれで良かった良かった。



20160526_稚葉の注射7

これにて稚葉のお勤め終了。

最近では我が家一番の甘えん坊になっていたため、捕獲するのは拍子抜けするほど簡単だったのだが、やはりイレギュラーな環境への対応力は低い。



20160526_稚葉の注射8

ちなみに、家の中ではこの有り様だ。
俺がパンイチでいても、常に足元にポジショニングしている。



20160526_稚葉の注射9

寝室で寝ていても、ソファでくつろいでいても、必ずお腹の上には稚葉がいるのだ。
3年掛かって、ようやく甘えるようになってきたのだが、それが極端すぎる。



20160526_稚葉の注射10

ということで、我が家に来て3年が経過した稚葉は、相変わらず動物病院は大嫌いだが、ようやく女の子らしく甘えることができるようになっていたのであった。





ようやく飼い猫らしく甘えてくるようになってきた稚葉の病院奮闘記に ―――




「お疲れ元野良猫!」的な労いのクリックを。



人気ブログランキング

とはいえ他の2匹と比べると、やはり警戒心は強い。



【今日の一言】

マイコラス、早く戻ってきてくれ! 3割打てるバッターも現れてくれ! 巨人の話です。
 

| 稚葉 | 01:38 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

稚葉の二周年

皆さま、こんにちわ。

昨夜は思い出したかのように寒さが舞い戻ってきましたね。 局長です。
こういう激しい寒暖の差に身体がやられてしまうんですよね。 気を付けましょう。



――― さて、昨日3月23日は、我が家にとってある節目の日であった。


20150324_稚葉1

男所帯である局長一家の紅一点。
稚葉” が我が家に来て、二周年というメモリアルな日だったのだ。



20150324_稚葉2

首から血を流した状態で、“自宅ドッグラン” に改造中だった我が家の庭に毎晩ひょっこり現れるようになった稚葉。

病院に連れていくために、一ヵ月半にわたり関係を築き、満を持して捕獲したのが二年前のこの日だった。



20150324_稚葉3

里親探しをしながらも、結局は我が家で育てることになった稚葉。

当初は誰彼構わずケンカを仕掛けていたが、長い 「家族化トレーニング」 の末に、それもなんとか治まった。



20150324_稚葉4

本人としては、長い間自分一人だけで生きてきたところへ、いきなり他の猫や、まさかの犬までいる家に放り込まれたのだから、そりゃなかなか馴染めなかっただろう。



20150324_稚葉5

今では、仲良しとまでは言えないが、普通に同居できるレベルにまでは成長した稚葉。
寒い冬は、大嫌いな寿喜とも密着して暖を取ったりもする。



20150324_稚葉6

但し、未だに警戒心は人一倍強い。

不用意に近付くと、すぐに逃げてしまう。
抱っこするのも至難の業だ。



20150324_稚葉7

稚葉が自ら俺の上に乗ってきたときくらいしか抱っこすることは無理なのだ。

もう二年も一緒に生活しているのだから、そろそろ馴れてほしいものだ。
病院に連れて行くときなどは、捕獲するまでに小一時間は要するし。



20150324_稚葉8

寿喜など24時間俺に密着しているというのに。

やはり同じ野良猫出身でも、違うものだ。
野良猫時代が長すぎたのだろうか。



20150324_稚葉9

そして、一昨日の日曜日。

朝から家事に追われていた俺だが、夕方から真熊を連れてある場所へと向かった。
小高い丘の上にある場所へ。



20150324_稚葉10

ペット霊園の合同墓地。

二年前、俺の不注意から稚葉が身ごもっていることに気付かずに、病院で死なせてしまった稚葉の赤ちゃんたちが眠る場所だ。



20150324_稚葉11

昨年のこの時期以来、二回目。

本当は稚葉を連れて来たいのだが、いかんせん脱走癖が抜けないので、代理で真熊に同行してもらった。



20150324_稚葉12

年に一度じゃなくて、もっと頻繁に来てあげないとと反省。
手を掌わせて稚葉の近況を報告した。



20150324_稚葉13

今日から、我が家の一員になって三年目を迎える稚葉。

実際はどう感じているのやら。
気楽な野良猫時代と比べて、少しでもいいから幸せを感じてくれていればいいのだが・・・・




寿喜とケンカばかりしながらも、我が家へ来てなんとか二年が過ぎた稚葉 ―――




ツンデレを絵に描いたような猫です。



人気ブログランキング

女の子だし、もうちょっと甘えてほしいのだが・・・・



【今日の一言】

一時期、急激に太ったけど、今は普通の飼い猫レベルの体格を維持しています。
 

| 稚葉 | 07:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ