熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

いつでも笑顔の志熊

久しぶりの冴えない天気に、こんにちわ。

昨夜は職場の飲み会だったこともあり、月曜日に大阪から帰ってきてから、未だにしっかりと眠れていません。 起きている間は常に眠くて辛いです。 スリーピー局長です。



――― さて、本日もGWに “千葉の両親宅” へ行った日のレポート続編を。


20170525_志熊1

前日の長時間にわたる運転に加え、いつもの小料理屋とその帰宅後にもそこそこの量のお酒を飲んだことで、お昼まで深い眠りに就いていた俺。

せっかく田舎に遊びに来たのだからと、真熊を連れて庭先に出てのんびりと過ごしていた。



20170525_志熊2

すると、俺の前ではいつもどおりの “仏頂面” しか見せていなかった真熊が、“親父” が “志熊” とのルーティーンである小一時間のウォーキングを兼ねた散歩から帰ってくると、満面の笑みを浮かべながらのロケットスタートで出迎えに。



20170525_志熊3

相変わらずポメラニアンの散歩とは思えない長距離を毎日歩いている志熊。
食の細さも変わらないようで、今もなお散歩の途中で親父が一粒ずつ食べさせているらしい。



20170525_志熊4

散歩から帰ると、毎回ここに乗せられて入念に手足を拭いてもらう。

小一時間歩くことは完全に日課となっているようで、まったく疲れを見せない志熊。
むしろテンションは高いままだ。



20170525_志熊5

真熊と違って、いつ見ても笑顔だ。

日頃は人とも犬とも一切顔を合わさない生活なので、こうして俺たちが遊びに来ているだけで楽しくて仕方ないのだろうか。



20170525_志熊6

それに比べて、真熊のやつは実につまらなさそうな顔を見せていた。

普段はどこへ行っても愛想よく振舞っているというのに、オフでのこのテンションの低さはなんだというのだ。



20170525_志熊7

親父が一旦家の中に引き上げてしまうと、もはや完全に冷め切った様子で少し離れた場所へ行ってしまった。



20170525_志熊8

そして、どこから見ても銘菓 『ひよこ』 みたいなシルエットで、不貞寝のような状態に。

これで色が黒ではなくウルフセーブルだったら、それこそ不純物ゼロの完全な「ひよこ」だったのに、少し惜しい気がしてしまった俺。



20170525_志熊9

そんな真熊を尻目に、なおも笑顔を見せつづけてくれる志熊。

いい性格に育ったものだ。
甘ったれだけど。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

いつ見ても最高の笑顔をくれる志熊に愛のクリックを。



人気ブログランキング

無邪気さをポメラニアンの形にしたような存在かな。



【今日の一言】

今日こそ早く帰って、その足で布団に潜り込んで、目が腐るくらい寝ないと・・・・・
 

| 真熊の子供 | 07:14 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

深刻な仏頂面問題

週の真ん中に、こんにちわ。

早くも寝不足がつづいているのに、本日は水曜日ながらまさかの飲み会です。 職場のオフィシャルな宴なので参加せざるを得ず、こりゃ今週はダメかもしれません。 局長です。



――― さて、ちょっと間が空いてしまったが、このレポートを再会しよう。


20170524_千葉1

GWの後半戦、5月3日から “千葉の両親宅” へ遊びに行った日のレポート続編である。

到着して、いつもの小料理屋で酒を浴び、帰宅後もひとしきり飲んでから床に就いた俺は、目が覚めるとお昼になっていた。



20170524_千葉2

真熊は、“親父” が朝一で “志熊” と共に外でトイレだけさせてくれていたらしい。

その親父と志熊のペアは、毎日のルーティーンである3~5kmにわたる “親父のウォーキング(兼)志熊の散歩” へと出掛けていた。



20170524_千葉3

俺もせっかく田舎へ来ているので、すでにトイレを済ませていた真熊を、改めて外へ出してみた。

またも玄関先で放尿をした真熊は、親父の家に来ているとはいえ、やはり俺と二人きりになってしまうと、いつもどおりの “仏頂面” しか見せてくれなかった。



20170524_千葉4

いつ来ても、都会の喧騒とはまったく縁のない、驚くほど田舎の光景。

上に見える道は、外灯ごとの間隔が長すぎて、夜は懐中電灯がないと歩けないというから驚きだ。



20170524_千葉5

オカン” の残した畑は、相変わらずきれいにメンテナンスされていた。
むしろ、オカンがやっていた頃よりも明らかにクオリティが高くなっている。



20170524_千葉6

この時期は、大根とネギ、スナップえんどう、カブあたりを栽培しているらしい。
帰りには “隣のお婆ちゃん” へのおすそ分けまで持たせてもらった。



20170524_千葉7

玄関先には花なんかも飾ってあった。
なんか似合わないけど、見た目はいい。



20170524_千葉8

しかし、真熊は尚も笑顔一つ見せない仏頂面。
どうなっているんだ、自分を養ってくれている相手を前にこの顔は。



20170524_千葉9

すると、そこへ親父と志熊が小一時間の散歩から帰ってきた。

ポメラニアンとは思えない長距離を毎日歩いている志熊。
おかげで体はみっちりと肉なのか筋肉なのかが詰まっているような感触だ。



20170524_千葉10

親父の姿を見つけると、ダッシュで駆け出す真熊。

俺に対してはあの顔で、親父が帰ってきた途端にこの姿とは。
こりゃ、人間で言うところの「減俸」として、ごはんの量を減らしていくしかないかな。




無事に終了した「大阪で会いましょう」企画の写真募集について―――


20170524_写真

たくさん届き始めています。 ありがとうございます。

でも、先日購入した新パソコンが届いてからのレポート制作にしますので、しばしお待ちを。
現在の骨董品ノートPCでは、こんなにたくさんの写真をさばけないので・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

俺との関係が倦怠期になっている真熊にクリックを。



人気ブログランキング

仏頂面を見せるたびにごはんの量をを減らすとか。



【今日の一言】

週末ずっと家を空けていたので、今宵は洗濯をしながらのブログ更新だったほど・・・・
 

| 真熊の子供 | 03:12 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

志熊のルーティーン

花金イヴ(木曜日)に、こんにちわ。

眞子さまのご婚約間近という報道が日本を駆け巡り、北朝鮮問題やらきな臭い事件ばかりでギスギスしていた日本の空気が一瞬で浄化されたような感じですね。 局長です。



――― さて、月曜日のつづきで、GWに “千葉の両親宅” へ行ったレポートの続編。


20170518_志熊1

親父ドッグラン」でクールダウンさせた真熊と “志熊” を家の中へ上げたところで、ここへ来たときの「お約束」とでも言うべきか、“親父” 行き付けの小料理屋へ出向いた我々。

房総の魚をアテにしこたま飲んだろころで再び帰宅すると、二匹は大人しくお留守番をしていた。



20170518_志熊2

酒は入ってほろ酔いではあるが、親父はそのまま床に就くこともせず、おもむろに洗面化粧台にアザラシのような生き物を上げた。



20170518_志熊3

志熊のブラッシングである。

これは親父が病気をしようが、辺りが停電しようが、北朝鮮がミサイル実験を決行しようが、何があっても絶対に行われる「鉄の掟」にも似たルーティーンらしい。



20170518_志熊4

特筆すべきは、志熊のほうから催促をしていた点だ。

ブラッシングを嫌がることもなく、むしろコミュニケーションの一つとして楽しみにでもしている様子なのだ。



20170518_志熊5

いつの間にやら真熊よりも毛量も多くなり、毛足も長くなった志熊の被毛は、確かに一日でもメンテナンスを怠るとえらいことになってしまいそうである。



20170518_志熊6

親父もやたら楽しそうにブラシを走らせていた。

こんな調子で15分以上、この洗面化粧台の上でブラッシングに精を出す親父と、されるがままに笑顔でそれを受け止める志熊の姿を見せ付けられたのだった。



20170518_志熊7

真熊にとっても理解に苦しむ「絵」だったようだ。

ちなみに真熊のブラッシングは、俺のお腹の上に寝転んだタイミングで確保しながら行うので、このペアとはまるで方法が異なっている。



20170518_志熊8

ブラッシングが終わると、親父のイスで寝に入る志熊。
親父の晩酌中も、この狭苦しい、親父の背中とイスの背もたれの間で熟睡しているらしい。

面白い性格に育ったものだ、志熊。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ブラッシングに精を出す志熊と傍観する真熊にクリックを。



人気ブログランキング

人見知りも犬見知りもしないのは真熊のDNAか?



【今日の一言】

眞子さまカップル、25歳で結婚を決意するなんて。 44歳になってしまった俺は一体・・・・
 


20170422_大阪で会いましょうバナー

| 真熊の子供 | 02:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

志熊の余裕

週の真ん中に、こんにちわ。

不本意ながら先日やむを得ず購入した新しいパソコンですが、一向に納期連絡が届きません。 毎日「やきもき」しています。 いつまでこんな不自由な生活を強いられるのか。 局長です。



――― さて、月曜日からのつづきで、GWに “千葉の両親宅” へ行ったレポートの続編。


20170517_真熊と志熊1

志熊” のウレション対策のため「親父ドッグラン」でひとしきり遊ばせた犬たちを、ようやく家の中に上げた。

二匹とも、さすがに尿は出尽くしたらしく、むしろ家に入るなり水を飲むくらいだった。



20170517_真熊と志熊2

この写真だけを見ると、仲のいい父子のコミュニケーションのように写る。

まるで “志熊の話を優しく聞いてあげる真熊” のように見えるが、実際は一切交わろうとしない大人げない父親の姿である。



20170517_真熊と志熊3

業界でも “やたら毛量の多いポメラニアン” として名を馳せる真熊だが、いつの間にやらその称号は息子の志熊に奪われてしまったらしい。

志熊のほうが遥かに毛量も多いし、何より毛足も長いのだ。



20170517_真熊と志熊4

その後、“親父” に抱っこしてもらう真熊。
一応「客人」として(正しくは “客犬” だが)、志熊を差し置いてVIP待遇を受けているらしい。



20170517_真熊と志熊5

その様子を、なぜか笑顔で見守る志熊。

余裕の表れか、とくに焼きもちを焼くこともなく、「俺はいつでも甘えられるし」みたいな勝ち誇った顔つきを見せる。



20170517_真熊と志熊6

しかし、程なくして席を外した親父に置き去りにされる真熊。
突然だったためか、実に分かりやすく「きょとん」としている。



20170517_真熊と志熊7

歩き去る親父を、尚も余裕の笑顔で見送る志熊。

この「焼きもちを焼かない」という面も、ウレション同様に遺伝なのだろうか。
真熊も俺がよその犬と激しく抱擁しようが、一切焼かない。



20170517_真熊と志熊8

親父が去っ たことで、残された犬同士が椅子の上と下とで見つめ合うことになってしまった気まずい光景。

真熊はメンチ切っているような顔つきだが、恐らく志熊は普通に笑顔だろう。



20170517_真熊と志熊9

・・・・やっぱり。

置き去りにされて、きょとんとしている真熊の様子を、むしろ楽しんでいるらしい。
いつも親父と二人きりの生活だから、仲は悪くとも一緒にいることが新鮮で仕方ないのだろう。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

不仲ながらも同じ時間を楽しむ真熊と志熊にクリックを。



人気ブログランキング

真熊の若い頃よりも毛量があるんじゃないか?



【今日の一言】

パソコンが届いても、諸々の設定をしたり、ソフトを入れたり、すぐには使えないってのに・・・・
 


20170422_大阪で会いましょうバナー

| 真熊の子供 | 02:29 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

真熊と志熊、再会 【動画あり】

「515事件」から85年と一日に、こんにちわ。

いよいよ大阪行きが今週末に迫っていますが、“パソコントラブル” のおかげで準備が遅れています。 週間天気予報を見る限り、今回こそ晴れのようですね。 暑そうだけど。 局長です。



――― さて、昨日のつづきでGWに “千葉の両親宅” へ行ったレポートを。


20170504_真熊と志熊1

玄関先で放尿も済ませた真熊をすぐにでも “親父” の家に上げたかったのだが、間違いなく “志熊” がウレションをぶちまけると想定できたので、まずは「親父ドッグラン」に放って落ち着かせることに。



ハイタッチのようなモーションで親父との再会を喜ぶ真熊。


20170504_真熊と志熊2

思えば真熊も5歳くらいまでは、ウレションが当たり前だった。

否(いな)、10歳になった今でも完全には克服できていないので、ひょっとしたら志熊のそれは遺伝なのだろうか。



20170504_真熊と志熊3

志熊との再会はお正月休み以来となる真熊だが、きっと志熊にとっては真熊も含めて「犬」と会うこと自体がそのお正月ぶりだろう。

それくらい犬とは縁遠い田舎で生活しているのだ。



では、真熊の親父と志熊との再会シーンを動画でもどうぞ ―――



親父に夢中で、志熊のいるドッグランなどにはまるで近づこうとしない真熊。
そして、志熊も自分だけがここに入れられていることがご不満の様子だ。




ようやく二匹をドッグランの中で一緒にさせてみるも、やはり志熊が真熊を一方的にしつこく追い回す姿を延々と見せられるだけだった。

4年経っても何一つ変わらない二匹の関係。



20170504_真熊と志熊4

結局、親父が家の中に入っていってしまい、志熊と二匹にされてしまった真熊は(実は俺もいるのだが)、こんな顔だ。

露骨なまでにテンション急降下ぶりをアピールしている。



20170504_真熊と志熊5

そんな顔してないで、ちゃんとカメラ目線をよこせと指示すると、最低限の表情だけは作った。

完全に義務感のみで遂行しているカメラ目線。
志熊も、真熊も冷たい対応を思い出したのか、急に熱が冷めた様子だ。



20170504_真熊と志熊6

その後も、愛玩犬とは思えないくらいの事務的なカメラ目線がつづく。

仲のいい父子もいるだろうに、何ゆえ我が家のポメラニアンどもはこうなってしまったのやら。
真熊の器の小ささだけが原因なのだろうけど・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

どうにも距離が縮まらない父子に悲しみのクリックを。



人気ブログランキング

それはそうと志熊も毛量がえらいこになっていた。



【今日の一言】

この動画、例のノートPCではとても動かせないので、よそのパソコンで作業させてもらったのだ。
 


20170422_大阪で会いましょうバナー

| 真熊の子供 | 02:20 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ