FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

スターバックス依存症

土曜日の夕方に、こんにちわ。

いやはや、目が覚めたら14時でした。 週末になると昼夜逆転しがちです。 昨夜も明け方まで「プライムビデオ」に見入っていました。 局長です。



――― さて、本日は11月9日


20191109_スターバックス1

消防庁が制定した 『119番の日』 であるが、それ以外にも大きな意味合いをもつ日である。

賢明な読者のアナタであればもうお分かりだろう。
いや、むしろ一ヶ月くらい前から指折り数えてカウントダウンをしていたことだろう。



20191109_スターバックス2

そう、当ブログでもお馴染みながら、最近ちょっとご無沙汰の “モスキート” 女史の誕生日である。

過去、何度となく “真熊の単身お泊りツアー” で協力をしてくれていたものの、気が付けば三児の母になっていた人畜無害な女性、モスキート。



20191109_スターバックス3

そんなモスキートから、“結婚祝い” として少し前に素敵なものを戴いていた。

すると、この四角い形状から、猫たちがざわつき始めた。
箱が空くタイミングを狙っているのだろう。



20191109_スターバックス4

真熊はこの形状だけではなんの反応も示さない。
むしろキョトンとしている。



20191109_スターバックス5

包みを解いてみると、『スターバックスコーヒー』 のギフト箱が。

典型的な30代OL像” のペルソナがガチっとジャストフィットする嫁女房が、三度のメシよりスターバックスが好きだという情報を当ブログからキャッチしてのチョイスだそうな。



20191109_スターバックス6

スターバックスの箱だけでは、なんの反応も示さない真熊。
30代OLとは興味の対象が異なるのだ。



20191109_スターバックス7

それどころか、眠そうな目になってしまった。
強固なパッケージからは、美味しそうな匂いがまったく漂ってこないのだろう。



ということで、いざオープン ―――


20191109_スターバックス8

スターバックスのありとあらゆる種類のコーヒーが詰め合わせに。
ドリップタイプから粉末タイプまで、さらにはアイスコーヒー用に抹茶ラテまで。



すると、そこへ ―――


20191109_スターバックス9

寝室で寝ていたはずの寿喜が、大声で怒鳴り散らしながらやって来た。
今回は何に文句を言っているのやら。



20191109_スターバックス10

部室でタバコを吸っているところに抜き打ちで踏み込んできた顧問の先生のような雰囲気で、まくし立てるように何かを怒鳴りつづけている。



20191109_スターバックス11

俺は何を怒られているのだろう・・・・

自分だけ仲間外れにして、他の全員で美味しいものでも食べようとしていたのかと勘違いしているのだろうか。



20191109_スターバックス12

真熊は、変わらず一歩引いたところから眺めているだけ。

きっと自分とは縁のないものだと認識しているようだ。
犬のお菓子” とかには、警察犬バリの反応を示すというのに。



20191109_スターバックス13

しばらくすると、寿喜の怒りも鎮火した。

気が済んだのか、怒るのに飽きたのか、誤解が解けたのか、理由は謎だがとりあえず静かになってくれたので良かった。



20191109_スターバックス14

真熊は眠気までもよおしてしまったらしい。
またモスキートに泊まりで遊んでもらえたらいいな。



20191109_スターバックス15

嫁女房は、大好きなスターバックスが目の前にこんなに広がっている光景に興奮していた。

ありがとうモスキートよ。
何より、誕生日おめでとう、モスキートよ。






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

「スターバックス」と動物たちに愛のクリックを。



人気ブログランキング

最近モスキートと遊んでいない真熊にも二発目を。



【今日の一言】

呆れるくらいにアクセス等がガタ落ちする週末ですが、動物たち4匹に変わらぬ応援を。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| いただきもの | 16:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひと口で二度美味しい贈り物

日曜日の昼下がりに、こんにちわ。

トランプ大統領が来日しましたね。 今日あたり首都高でディズニーランドに向かおうものなら、えらい渋滞やら検問やらにハマるんでしょうね。 大人しく在宅中の局長です。



――― さて、ほんの先週末のお話。


20190526_贈り物と猫たち1

長い沈黙と沈没の期間を経て、ついに身を固めた俺のもとへ、ちょいちょいお祝いが届くというお話を綴ったかと思うが、この日もチルド便のこわれものが届いた。



20190526_贈り物と猫たち2

外箱を開梱していると、「新しい箱が来た!」 とばかりに猫たちが大喜びで集まり始める。

御祝」。
いろいろな方々にそこまで祝ってもらえて、いささか恐縮である。



20190526_贈り物と猫たち3

ちなみに今回の “祝い人”(送り主)は、当ブログの女性読者と、俺が局長を務める 「とある組織」 のメンバーによる “禁断の夫妻”。

思い出してみよう

20111231_アイコン そのときの記事 >>> 2017.11.26 『禁断の夫婦が誕生



で、さっそく内箱を開けてみると ―――


20190526_贈り物と猫たち4

高級そうなワイン。
2015~2017年物の3種類。



しかし、高級そうなワインよりも猫たちに喜ばれたものは、やっぱり ―――


20190526_贈り物と猫たち5

” 各種である。

庭からそっと様子をうかがっていると、この日は珍しくにいなが箱をゲットしたらしい。
普段は必ずと言っていいほど寿喜競り負けるのに。



20190526_贈り物と猫たち6

しかし、カシャカシャとスマホのシャッター音を鳴らしていたことに気付かれてしまった。



20190526_贈り物と猫たち7

明らかに楽しそうに一人箱の中でくつろいでいる姿を見られてしまったことが恥ずかしかったのだろうか、文句を言いながら俺にプレッシャーを掛けてくるにいな。



そんな隙を見せてしまったばかりに ―――


20190526_贈り物と猫たち8

さっきまでくつろいでいた箱は稚葉の手に落ちた。

それよりも、後方の段ボールからは寿喜がひょっこりと。
どうやら、猫に一番人気の段ボールは、最初から寿喜に競り負けていたらしい。



20190526_贈り物と猫たち9

稚葉も段ボールを寿喜に競り負けて、にいなの箱を虎視眈々と狙っていたのだろうか。
その前に、箱は蓋も含めて3つあるのに、何ゆえこの箱に固執していたのやら。



その後、寿喜と稚葉が箱に飽きた頃、再びにいなは箱で遊んでいた。


20190526_贈り物と猫たち10

3つの箱を自由に行き来するという、猫界における “大名遊び” みたいな贅沢さだ。
だが、やっぱり俺のシャッター音が気になってしまうらしく・・・・



再びプレッシャーを掛けてくる。


20190526_贈り物と猫たち11

プレッシャーというか、クレームだろう。

こうして、俺に届いたお祝いは、俺にも猫にも喜ばれたのであった。
ありがとうぞ、“ラッチョ” と “まいっちんぐ” の夫妻よ。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ワインでなく箱を楽しんだ猫たちにクリックを。



人気ブログランキング

相変わらず警戒心Maxの巨人稚葉にも二発目を。



【今日の一言】

アクセス等が面白いくらいガタ落ちする週末も、我が家の動物たちに変わらぬ応援を。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| いただきもの | 14:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャイアンツ猫でお待ちください。

三連休の最終日に、こんにちわ。

今日は10月9日。 つまり、元ビートルズの故ジョン・レノンの誕生日ですね。 局長です。
生きていれば77歳。 ビートルズの再結成なんかもあったかもしれませんね。



――― さて、本日も休日恒例で「熊猫犬日記」の更新は、午後までお待ちを。


20171009_ジャイアンツ1

それまでの間は、先日我が家に届いた戴き物のお話を。

過去2回の「大阪で会いましょう」の他、昨年の「京都で会いましょう」にも来てくれた、関西企画フル参加の “ポン太” ファミリーの奥さまから、「ジャイアンツ」のロゴが入った一品が送られてきた。



20171009_ジャイアンツ2

といっても、我が「読売ジャイアンツ」ではなく、本場アメリカの「サンフランシスコ・ジャイアンツ」。
そのロゴが刺繍されたペットカラー、すなわち首輪だ。

日米でチームの違いはあれど、黒とオレンジというカラーリングは共通のアイコンである。



20171009_ジャイアンツ3

「まぐちゃんに」ということだったが、真熊には生まれてこのかた首輪をさせていないし、仮にしたところで被毛ですべてが隠れてしまうので、ちょうど首輪が朽ちかけていたにいなにこの権利を与えることに。



さっそく、装着 ―――


20171009_ジャイアンツ4

誇り高きジャイアンツ・カラーが隠れてしまうこともなく、雄々しくて、それでいて凛として、シックにキマっているではないか。

“ジャビット” の次にジャイアンツ・カラーが似合う生き物ではなかろうか。



20171009_ジャイアンツ5

今シーズンは、素人から見ても謎だらけの補強と、リーグトップの残塁数とで、あれだけの投手陣を要しながらもBクラスに沈んだ “日本の” ジャイアンツ。

この過ちを素直に認めた上で、来シーズンこそ巻き返してほしいものだ。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ジャイアンツ猫に「ポイントは先付けよ♥」のクリックを。



人気ブログランキング

黒とオレンジは歴史と伝統のカラー。 猫は灰色だけど。



【今日の一言】

ポール・マッカートニーが今なお現役で頑張っているが、ジョンのそういう姿も見たかった。 
 

| いただきもの | 05:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブドウとその箱

連休最終日の昼下がりに、こんにちわ。

台風一過どころか灼熱の真夏日になってしまいましたね。 でも俺は好きです、夏の陽気。
北海道に再上陸したやつも早く温帯低気圧に変われ。 洗濯物を干したばかりの局長です。



――― さて、三連休の初日だった一昨日のお話。


20170918_ぶどう1

我が家に宅急便が届いた。

とくに楽天やAmazonで買い物した覚えはなかったので、なんだろうと思い荷受けしてみると、『美咲のぶどう』 と書かれたパッケージに入った何かだった。



20170918_ぶどう2

さっそく開けてみると、『ピオーネ』 と書かれたブドウだった。

送り主は、当ブログでもお馴染み、いろいろ送ってくれる “みにも” さん。
これまでも、何度となくおやつを送っていただいている。



20170918_ぶどう3

地元、岡山県の名産らしい。

ブドウといえば山梨県は勝浦市と思いきや、岡山県も産地だったとは勉強不足だ。
“岡山県といえば「きびだんご」” という方程式が俺の頭の中で成り立っていたようだ。



20170918_ぶどう4

みにもさんは最近引っ越しされたそうだが、本来なら俺が引っ越し祝いを送るべきところを、逆に戴き物を受け取ってしまうなんてちょっと申し訳ない。

ブドウは後ほど美味しくいただくとして、この戴き物はもう一つの側面をもっていた。



」である ―――


20170918_ぶどう5

どう見ても我が家の猫たちには小さいとしか思えないサイズなのだが、どうも猫という生き物はその「狭苦しさ」にぞくぞく来てしまうらしい。

リビングに置くや否や稚葉が飛び込んできた。



20170918_ぶどう6-2

稚葉が箱を出ると、間髪おかずに寿喜がフェードイン。

とはいえ、どう見てもサイズがアンマッチだ。
これまで愛用されていた「すいかの箱」と比べても、体を横にすることすらできないサイズじゃないか。



20170918_ぶどう7-2

それでも、なんとしてでもくつろごうとする寿喜。
どう見てもリラックスなどできなさそうなのに、まったくもって理解できない生態だ。



しかし、俺の疑問のさらに斜め上をいく存在が ―――


20170918_ぶどう8

なんとしても箱の中で横になろうと、無理やり体をねじ込む猫、にいな。

百歩ゆずっても、くつろいでいるようには見えないぞ。
そこまでしてでも、新しく導入された箱は徹底的に使い倒したいのだろうか、猫という生き物は。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ブドウの恩恵がとくになかった真熊にもクリックを。



人気ブログランキング

なんとしても箱をフル活用しようとする猫の意地にも。



【今日の一言】

あまりに突然の猛暑に、猫たちがダラけきっています。 ビックリしているようです・・・・
 

| いただきもの | 15:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大漁おやつ

皆さま、こんにちわ。

今日からいよいよ8月ですね。 夏本番ですね。 局長です。
8月の初日が花金で始まるなんて、ウハウハしちゃいますね。



――― さて、数日前からのつづき。 “チップ家” へのお呼ばれレポート。


20140801_大漁おやつ1

チップ家おごりの寿司で空腹も満たされた我々。

いきなりの “おごり” に、この後で何か厄介ごとを頼まれるんじゃないかという不安もあったのだが、ひとまず何も考えないようにして食後のくつろぎに興じていた。



20140801_大漁おやつ2

ヘンな宗教とか、高額な保険とかに勧誘されたら、お寿司代を叩きつけて帰ってやろう・・・・なんてことは決して考えていなかった。



それよりも、この日は俺が持参した大きな荷物があった。


20140801_大漁おやつ3

これだ。

無添加っぽい犬用おやつ、しかも大量。
この量が2箱である。



20140801_大漁おやつ4

一瞬、みんなは俺がおかしなペットビジネスでも始めたのかと怪訝な表情を見せたが、そうではない。

実は、『熊猫犬オフ会』 にエントリーしたものの、やむにやまれぬ事情で急きょ来れなくなった読者の “みにも” さんから、お詫びにと送られてきたのだった。



20140801_大漁おやつ5

明らかに、その辺のお店で売ってる感じのものじゃないな・・・・と、みんな興味津々でおやつを手にする。



20140801_大漁おやつ6

普段、どんな材料を使っているのかも分からないような怪しいおやつを与えているわけではないが、それでも高級そうな感じに興味をそそられる。



20140801_大漁おやつ7

くれぐれも言っておくが、せっかく俺宛に送ってきてくれたプレゼントを、メンバーにいい顔したいがためにここへ持参して配り始めたわけではない。

なんと、「チップママさん」、「サヨちゃん」、「むらもちゃん」 といった感じに、メンバーの分も小分けにされていたのだ。



20140801_大漁おやつ8

サヨ” ちゃんペアに至っては、さっそく開封してタヌキの “ココ” に与える。

さすがは雑食。
ニオイをクンクンすることなく、迷わず食らい付いた。



20140801_大漁おやつ9

次に、長いガム状のおやつを真熊に食べさせるサヨちゃん。
しかし、これがある事件のきっかけであった。



20140801_大漁おやつ10

チップ” やココは、すぐに犬歯で噛み切っては少しモグモグして飲み込むことを繰り返し、一瞬で食べ終わったのだが、真熊は犬歯が短いらしく、どうにも噛み切れない。



20140801_大漁おやつ11

そのため、サヨちゃんに持たせた状態で 「くちゃくちゃ」 と噛みつづけるという、なんともじれったい食べ方を延々とつづけるのだ。



20140801_大漁おやつ12

たまに思い出したかのように噛み切ろうと試みるも、すぐに断念。
再びくちゃくちゃを始める。

まるでガムの食感を堪能するかのように。



20140801_大漁おやつ13

あまりに時間を要するため、タヌキたちも不思議そうに眺めている。
フランス人のランチタイムかというくらい、優雅に時間を掛けている。



20140801_大漁おやつ14

エンドレスでつづく真熊のガムタイム。
ガムを持たされるサヨちゃんの腕もプルプルしていた。



20140801_大漁おやつ15

大袈裟ではなくリアルに30分が経過。
なおも食べ終わらない真熊。

このスピードで食べられると、今回いただいたガムを消費するまでに20年くらい掛かりそうだ。



20140801_大漁おやつ16

サヨちゃんの腕力に限界が見えてきたところで、チップ家のママさんが交替する。

なんたる迷惑な犬・・・・
それよりも、自分は決して交替してやらない俺も俺なのだが。



20140801_大漁おやつ17

このまったく終わりの見えない光景に、犬もタヌキも明らかに飽きはじめていた。



20140801_大漁おやつ18

こうして、我々の食後のくつろぎは40分以上にわたる真熊のガムタイムにほとんどを費やされたのであった。

いやいや、そんなことより “みにも” さん、ありがとう。




チップやココの倍以上の時間を要してようやく一つのおやつを完食する真熊 ―――




育ちがいいから野性味に欠けるのか、単にアゴの力が弱いのか・・・・



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

斎藤佑樹が2年ぶりの白星。 これからも頑張ってくれ、ハンカチ王子!
 

| いただきもの | 07:35 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ