熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

桜の国、山梨

こんにちわ。

昨日は減量中のボクサーばりの空腹状態で仕事へ向かい、血を抜かれるわ、バリウムを飲まされてグルグル回されるわ、散々な日でした。 健康診断の話です。 局長です。



――― さて、本日も山梨県は 『大法師公園』 でのお花見レポートの続編を。


20170425_山梨の桜1

「きれいな桜でお花見をしたい」という純粋な気持ち一つで、仕事まで休んでやって来た、ここ甲斐の国。

風が強くて、真熊の短いマズルがやたら尖って見えてしまうが、毎年こうやって桜を求めて全国津々浦々へ足を運んできたことを、こいつは気付いているのだろうか。



20170425_山梨の桜2

どうでもいいことだとは思うが、これまでの桜放浪記は以下のとおりである。

2016年 京都奈良
2015年 埼玉
2014年 山梨
2013年 山梨
2012年 山梨
2011年 地元
2010年 埼玉



20170425_山梨の桜3

こうちてよくよく振り返ってみると、お花見には、実は山梨県ばかりに来ていたらしい・・・・

もっと方々に出掛けていた気がするのだが、それは桜とは関係のない時期だったのか。
無意識のうちに “桜=甲斐の国” という方程式が、俺の中で成り立っていたなんて。



20170425_山梨の桜4

実は、今回は静岡県も候補に入れていた。

「駿府城公園」の桜がきれいだという情報を、人類の英知の粋と呼ばれるインターネットで調べていたのだ。



20170425_山梨の桜5

しかし、駐車場がないという情報も同時にキャッチしてしまったために断念して、3年ぶりのこの場所に落ち着いてしまったのだった。

コインパーキングくらいはあったのだろうか。



20170425_山梨の桜6

少し悔やまれる、静岡県。
噂のファミリーレストラン 『さわやか』(※)の「100%ビーフハンバーグ」も食べてみたかったぜ。

※静岡県にのみ展開するファミレスで、広瀬すずを始めとする県民たちの心の拠り所らしい。



20170425_山梨の桜7

そういえば、東北の桜はまだまだこれからなんだよな。

一度、岩手県の 『北上展勝地さくらまつり』 に行ったことがあったが、圧巻だった。
真熊が元気なうちに、もう一度くらい行ってみないと。



20170425_山梨の桜8

これじゃ全然、山梨の桜に集中していないように映りそうだが、ここの桜は本当にきれいだった。
取って付けたような一文だけど・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

無意識に山梨ばかりに来ていた俺と真熊にクリックを。



人気ブログランキング

飛ばされないように必死に踏ん張る真熊に応援を。



【今日の一言】

なんとなく今なおバリウムのヤツが胃袋に居座っている気がして仕方ない・・・・
 


20170422_大阪で会いましょうバナー

| 真熊お出掛け | 02:07 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風に立つポメラニアン 2017

新しい週に、こんにちわ。

今日は職場の健康診断でバリウムを飲まなければならないので、昨夜19時から絶食中です。 お腹が空きました。 ビール飲みたいです。 鶏のから揚げ食べたいです。 局長です。



――― さて、ちょっと間が空いてしまったが、あのレポートのつづきを。


20170424_大法師公園1

去る4月10日の月曜日に、社会人の正当な権利「有給休暇」を行使して、山梨県は 『大法師公園』 まで真熊を連れてお花見へと出掛けたレポートである。

昨年は京都まで足を伸ばしたが、今年はこの甲斐の国が限界だった。



20170424_大法師公園2

実はここ、3年前にもやって来たこの公園なのだが、そのときにレジャーシートを敷いて真熊とくつろいだ場所を探して、そこで再び写真を撮ってみた。

3年足らずでは景色は何も変わらないが、この日は残念なくらい天気が悪かった。



20170424_大法師公園3

前日までの土日はずっと雨で、幸いこの日は降らなかったのだが、太陽が顔を出すことはほとんどなかった。

できれば抜けるような青空の下でお花見と洒落込みたかった。



20170424_大法師公園4

3年前の思い出に少しだけ浸ったところで、もっと桜がきれいなポジションを探し求めて歩き始める俺と真熊。

犬が苦手とする「グレーチング」を、真熊はこれでもかというほどの高いジャンプで避ける。



20170424_大法師公園9

そしてやって来たのが、先ほどのちょうど逆サイドに当たるエリア。
傾斜になった芝生ゾーンに、所狭しと桜が咲き乱れている。

しかし、真熊の様子が少しおかしい・・・・



20170424_大法師公園5

いつもの毛ぶきの良さが活かされていないというか、なんとなく苦しそうな顔つきになっているではないか。



風が猛烈に強かったのだ ―――


20170424_大法師公園6

おかげで、ポメラニアンらしからぬ姿に成り下がっている真熊。
オーストラリアに “タスマニア○○” みたいな名前で生息していそうな風貌だ。



20170424_大法師公園7

もしくは、“ハイエナ” とか、イヌ科の肉食動物系の顔つきだ。

小さい体が持っていかれそうな強風だったが、幼少期から鍛え抜いてきた足腰で必死に踏ん張っている。



20170424_大法師公園8

思えば、6年前にもこんな姿を見たことがある気がする。
>>> 2011.09.06 『風に立つポメラニアン

天気が悪い上に強風だなんて、お花見のコンディションとしては最悪じゃないか・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ポメラニアンらしさゼロの姿になった真熊にクリックを。



人気ブログランキング

飛ばされないように必死に踏ん張る真熊に応援を。



【今日の一言】

健康診断が終わったら、何はともあれおにぎり食べたい。 芋けんぴ食べたい・・・・
 


20170422_大阪で会いましょうバナー

| 真熊お出掛け | 01:32 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一口おにぎり再び

春の日に、こんにちわ。

連日の夏日なのに、夜はけっこう冷え込みますね。 こういう寒暖差の激しい時期は間違いなく体調を崩しやすくなるから要注意ですね。 どうにも眠くて夜にブログ更新できない局長です。



――― さて、昨日のつづきで去る4月10日(月)のお話。


20170420_大法師公園1

一般的な社会人がもつ正当な権利、休んでいるのにお給料はもらえてしまう「有給休暇」を駆使して、“甲斐の国” 山梨県へと真熊を連れてやって来た俺。



20170420_大法師公園2

目的はただ一つ、“お花見” だ。

毎年きれいな桜を求めてどこへでも遠征する俺だが、今年はお隣の山梨県に落ち着いた。
そこには、普通の桜よりもピンク色の濃い種類も満開で咲き乱れていた。



20170420_大法師公園3

やって来たのは、3年前に偶然訪れたことのある「大法師公園」。
よその桜祭りよりも長い期間で開催されているのが魅力の一つだ。

この日もそこそこの人手があったが、とはいえ週末ではないので格段に空いている。



20170420_大法師公園4

このきれいな桜の濃淡が楽しめるエリアにあるテーブルすら空いていたので、ひとまずここで桜を愛でることに。

桜にテンションが上がる俺とは逆に、人気(ひとけ)の少ない場所に来て、いまいちテンションが上がらなくなってしまった真熊。



20170420_大法師公園5

そこで、今度は真熊の腹ごしらえだ。

俺は出店でジャンクフードを食べる気満々でここへ来たのだが、真熊はその間「おあずけ」状態になってしまい可哀想なので、あらかじめ “これ” を作ってきたのだった。



20170420_大法師公園6

“一口おにぎり” である。

先日の「勇み足お花見」の際に即席で作って与えたところ、殊のほか大喜びだったので、今回はちゃんと家で作り込んできたのだ。



20170420_大法師公園7

しかし、やっぱりお肉のほうが美味しいということに気付いたのだろうか。

勢いがお肉ほどではない
「まぁ嫌いじゃないけど・・・・」みたいなノリである。



20170420_大法師公園8

日頃から「口を閉じて食べなさい」と教育しているのに、いつもこうして「くちゃくちゃ」言いながら食べる、マナーのなっていない真熊。

「くちゃくちゃ」でなく「もぐもぐ」だと、何度言えば分かるんだ。



20170420_大法師公園9

こうして、真熊もお腹が落ち着き、ようやく桜に集中できる状態に。

それはそうとこの半被、昨日は「江戸時代の町火消し」と言ったが、明治から昭和初期にかけての大工さんにも見えることが今さら発覚した。



20170420_大法師公園10

しかし、桜が好きなわりには、その種類には全然詳しくないらしい俺。
好き具合が中途半端なのだろうか・・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

今回は「おにぎり」に勢いがなかった真熊にクリックを。



人気ブログランキング

薄いピンクも濃いピンクも、桜って最高ですよね。



【今日の一言】

この週末はお昼まで熟睡することができなかったので、どうにも寝不足が解消できない。
 

| 真熊お出掛け | 07:21 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

甲斐の国へ

週の真ん中に、こんにちわ。

春の嵐とはよく言ったもので、一昨日から昨日の朝まで、えらく荒れた天候でしたね。
そうかと思えば、雨が上がった後は真夏日でしたし。 局長です。



――― さて、去る先週の月曜日、つまり4月10日のお話。


20170419_桜を求めて1

普通の平日であったこの日、愛車に乗り込んだ俺はいつものように仕事へ向かうのではなく、助手席に真熊を乗せておもむろに走り出していた。

状況がつかめずに、まったく覇気のない顔になっている真熊。



20170419_桜を求めて2

中央高速を疾走すること一時間半。
甲府南I.C.で降りる俺。

目の前には桜が広がる。



20170419_桜を求めて3

そう、桜を見るためだけに、遠く山梨県までやって来たのだ。

昨年は同じように桜を求めて京都まで赴くほど、きれいな桜のためなら時間と手間を惜しまない、桜が大好きな日本人の典型のような男である俺。



20170419_桜を求めて4

今回訪れたのは、「大法師公園」。

実は、三年前にも一人でお花見にやって来た場所である。
そのときの “穴場感” に惹かれて、また来たいと思っていたのだった。



20170419_桜を求めて5

前回来たときのことなど、間違いなく覚えていないであろう真熊。
それでも、たくさんの人がいることで、早くもテンションが上がり始めている。



この日、大法師公園を選んだ理由はもう一つある。


20170419_桜を求めて6

どこの街の「桜祭り」も、ほとんどが前日4月9日の日曜日で終わっているのだが、ここは週が明けたこの日もこうして出店が営業している。

実は、前回来たときも同じように、世の中の桜祭りが終わった翌日だったのだ。



20170419_桜を求めて7

人知れず桜を見るくらいの気持ちで来たら、想定外で遅ればせながらの桜祭りを楽しめたという嬉しい思い出を覚えていたので、今回もそのタイミングで訪れたのだった。

ということで、まずは腹ごしらえである。



20170419_桜を求めて8

挨拶代わりの「鶏のから揚げ」。

惜しむらくは、車で来ているためにビールが飲めないことだけ。
それでも、こうしてお祭りの雰囲気だけでも楽しめるのは嬉しい。



20170419_桜を求めて9

桜祭り、すなわち「お祭り」に参加するからには、真熊にもそういったフォーマルな装いで臨んでもらう必要がある。

そこで、背中に「祭」と書かれた半被を着せてきたのだが、このデザインは本来、お祭り用ではなく江戸の火消しが着るタイプなので、消防の出初式とかに着せていったほうがTPO的にはいいのだろう。



20170419_桜を求めて10

・・・・なんてことは一切関係なしに、甲斐の民に構ってもらう真熊。

山梨県民は総じて犬好きなのだろうか。
行き交う人のほとんどが真熊に興味を示してくれていた。



20170419_桜を求めて11

お腹も落ち着いたところで、いざ桜を目の角膜に焼き付けるべく、眺めのいい場所を求めて歩き始める俺と真熊。



そういえば、もうお気付きだろうか。


20170419_桜を求めて12

バリバリ平日であるこの日に、俺が優雅にお花見なんぞに興じている理由が。

社会人に与えられた正当な権利、「有給休暇」を行使しているのだ。
仕事を休んでいるのにお給料はもらえてしまう夢のような権利、それが有給休暇。



20170419_桜を求めて13

そんなことより、世界広しとはいえ、こんなに目の細いポメラニアンっているのだろうか。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

桜を求めて甲斐の国にやって来た真熊にクリックを。



人気ブログランキング

いやぁ、お花見っていいですよね。 桜って最高ですよね。



【今日の一言】

こないだまで「寒の戻り」とか言っていたのに、昨日はいきなりの夏日だなんて・・・・
 

| 真熊お出掛け | 05:15 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勇み足のお花見 ~最終章~

新しい週に、こんにちわ。

ようやく寒暖の差がなくなり、安定した春の陽気になったものの、雨が多いですよね。
昨日は庭の芝生に除草剤をまいたというのに、今日は夕方から雨だとか。 局長です。



――― さて、途中でストップしたままのレポートをいい加減に締めなくては。


20170417_砧公園1

去る4月2日の日曜日、つまり真熊の10回目の誕生日。

遠く山梨から「まぐちゃんと遊びたい♥」とやって来た読者さんと共に、「お花見」を兼ねて東京は世田谷区の「砧公園」へ行ったときのレポートである。



20170417_砧公園2

時刻も17時近くになり、少し陽も落ちてきた。

お腹も満たされた真熊はレジャーシートを降りて、決して大好きな「芝生」とは呼べないような、単なる雑草のエリアでたたずんでいた。



20170417_砧公園3

芝生でも草むらでも構わないのだろうか。
とにかく、草っぱらに腹ばいになるのが気持ちいいらしい。



20170417_砧公園4

しばらくこのままの姿勢で人間観察を楽しんでいた。

10歳になっても、幼少期からまったく変わらない人好きっぷり。
「やたら社交性のあるジジイ」として、これからも生きていくのだ。



20170417_砧公園5

そうこうしている間に、黄昏が眠気を誘ってきたらしい。
今にも眠りの世界へと落ちていきそうになってしまった。



20170417_砧公園6

すると、雪山で眠ろうとしている遭難者を無理やり叩き起こすかのようなタイミングで、どこからともなくやって来たキッズからちょっかいを出される真熊。

でも、背中をかいてくれるので、まんざらでもないようだ。



20170417_砧公園7

これで目が覚めてしまったのか、お隣にレジャーシートを敷いていた犬連れファミリーの元へ遠征しては、思い切り構ってもらい再びテンションがマックスに達する。

相変わらず節操のない社交性の良さである。



20170417_砧公園8

かと思えば、またすぐに眠気が舞い戻ってきたらしく、山梨レディの腕枕で本格的な眠りに入ったりと、分刻みの忙しさを見せる真熊。

一分たりとも時間を無駄にしない勢いだ。



20170417_砧公園9

そして、いよいよ陽も陰ってきた17時過ぎ、帰路に就くことにした我々一行。

公園の出口へと向かう途中で、チワワだろうか、活きのいい小型犬に遭遇した。
ジッと対峙する二匹。



20170417_砧公園10

まだ若いのだろうか、真熊に興味津々の様子で絡んでくる小型犬。

一方、こうやって勢いのままに絡んでこられることが大嫌いな真熊。
決して仲良く遊ぶような姿勢は見られなかった。



20170417_砧公園11

まだ開花したばかりではあるが、せっかくだから桜と共に真熊の写真を撮ろうと試みてみるも、真熊の黒さにピントを合わせると、どうしても桜の淡いピンク色は白く飛んでしまう。

風情を台無しにする残念なカラーリングで生まれてきてしまった可愛そうな真熊。



20170417_砧公園12

こうして、真熊にとって10歳の誕生日のお出掛けは、桜にはまだ早かったものの、それなりに楽しく過ごせた様子で終わったのであった。

ジジイにはなってしまったが、これからも元気なうちにいろんなところへ遊びに行こうぞ。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

もう2週間も経っているけど、改めておめでとう。



人気ブログランキング

ジジイの域に達した真熊に健康祈願のクリックを。



【今日の一言】

春になり、いよいよ雑草どもの生育が活発化してきた。 どこもかしこも雑草だらけ・・・・
 

| 真熊お出掛け | 07:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ