熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

生誕44周年…

5月7日に、こんにちわ。

いい年こいた独身男性たちのシンボリックな存在、局長です。
今日はなぜか朝から「還元型コエンザイムQ10」のCMの曲が頭から離れません。



――― ついにGW最終日となってしまった、全国が悲しみに包まれている今日。


20170507_誕生日1

俺は朝から、先日さよならも言わずに急逝したパソコンをバラバラにしていた。

俺と同様にD社のパソコンがいきなりドロンしてしまったものの、なんとか三途の川から呼び戻したという偉大な先人たちのブログを探しては、一縷の望みに賭けて同じ作業を実施しているのだ。



20170507_誕生日3

ときに、賢明かつ聡明な読者のアナタならお気づきかもしれないが、今日5月7日という日は、本来なら決して「明日から社会復帰かよ~」などというネガティブなメンタルになるべきではない、国を挙げてお祝いするような記念すべき日なのである。



20170507_誕生日4

そう、44年前の1973年のこの日に、数十年後には 『未完の大器』 という称号を欲しいがままに、本当に未完のまま40代に到達する男がこの世に生を受けたのだ。

一部では、この年に起きた「オイルショック」は、この男の誕生が起因しているのではないかとさえ言われているほどだ。



20170507_誕生日5

そんな 『未完の大器』、『永遠の不発弾』、『人生氷河期』 など、数多くの異名をもつ男、すなわち俺が昨日新調した「足拭きマット」を、完全に使い方を間違えて大喜びしている猫。

恐らく今夜、お風呂から上がってここに乗ったら、足の裏が猫の毛だらけになるのだろう。



20170507_誕生日6

ひょっとしたら、「動物としか心を開けない怪しいオッサン」とか近所で噂話を立てられたりしながら、このまま生涯を終えることになるのか・・・・なんて不安に駆られながら、今年も誕生日を迎えてしまった。



不安に押しつぶされそうなので、今年もこの歌を独唱しようと思う ―――


20170507_誕生日2

虚しくて気絶しそうです・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

「おめでとう!」クリックを盛大に。 おめでたくないけど。



人気ブログランキング

悲しさと虚しさと心細さを、いつも感じている・・・・♪



【今日の一言】

本当はもっと手の込んだ記事を書きたかったんだけど、いかんせんパソコンが・・・・・
 


20170422_大阪で会いましょうバナー

| 局長 | 12:47 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

結膜炎日記

GWもラスト2日、こんにちわ。

油断していたら、GWが明日で終わってしまいますよ。 まさに光陰矢のごとしですね。
やはり日本も西洋みたいに二ヶ月間くらいのバカンスが必要ですよね。 局長です。



――― さて、本日の 『熊猫犬日記』 の更新はいま少しお待ちを。


20170506_お待ちください2

それまでの間、俺に起こった不運の一つ、“結膜炎” について、まったく興味も必要もないとは思うが、その現状を報告しようと思う。


昨日のお昼ごろ、GW中でも診療している眼科に駆け込むと、初診ゆえに症状を聞かれたので正直に答えると、「それは結膜炎ですね、感染する場合がありますね」という言葉のもと、いきなり他の患者とは隔離されて奥の部屋に一人移されることに。



20170506_お待ちください3

さらに、眼圧検査なども行うのだが、座ったイス、アゴと額を当てた検査器具など、俺が触れたものは後ろからついて来る看護士がすべて消毒して回る。

完全に “病原体” 扱いを受ける俺。
目の不調以上に、むしろ心が折れそうになっていた。



20170506_お待ちください1

休日だけあって、院内はものすごい混み合っていたのだが、「まずはこの病原体をどうにかしないと健全な診療ができない」と判断したのだろうか、俺が最優先に診断されることになり、まずもって感染する症状かを検査された。

結果、感染はしないということが判明し、その後はようやく普通の人間として扱ってもらえることになった。

処方された2種類の目薬を4時間おきに点していたら、あっという間に良くなったのだった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

病原体扱いの俺に「ポイントは先付けよ♥」のクリックを。



人気ブログランキング

プールに入ったわけでもないのに、何が原因だ。



【今日の一言】

結膜炎にもウィルス性とか細菌性とか、いろいろ種類があるんですね。
 


20170422_大阪で会いましょうバナー

| 局長 | 10:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜を見る会

日曜日の朝に、こんにちわ。

関東地方の桜はまだそこそこ残っています。 お花見するなら今週末がラストチャンスです。 今日も天気が良さそうなので、お弁当とレジャーシート持って公園に急ぎましょう。 局長です。



――― さて、昨日の4月15日、土曜日のお話。


20170416_桜を見る会1

いつもならお昼過ぎまで死んだように眠りつづける週末だというのに、この日の俺は朝の8時にはもう新宿にいた。

場所は、『新宿御苑』 の新宿門、「新宿」尽くしだ。



20170416_桜を見る会2

実は、我が国の総理大臣である安倍晋三先生から、ある封書が届いていたのだ。

8年弱もの長い間、それなりに一生懸命ブログを綴っていると、テレビに出たり、世界的な腕時計ブランドのモニターに選出されたりと、たまには直接的、ないし間接的に “いいこと” が舞い込むことがある。



20170416_桜を見る会3

この日もそうだった。

なんと、かの有名な総理大臣主催の “桜を見る会” にご招待いただいたのだ。



20170416_桜を見る会4

お酒を入れる枡と、招待客の「証」であるリボンをいただき、新宿御苑の中へ進む。

今年の春は、いきなり寒い日がつづいたりしたせいだろうか、幸いにも御苑内の桜はまだそれなりに咲いていた。



20170416_桜を見る会5

とはいえ、満開のピークは過ぎているので、風が吹けば花びらは容赦なく散らされる。
それが、こうしてピンク色の “桜の絨毯” を作り出すのだから、もう「風情」以外の何者でもない。



散り行く桜を横目に、御苑の中心へと歩を進めると ―――


20170416_桜を見る会6

“オール巨人” 師匠の姿が。
その対面で背中を向けているのは、“五木ひろし” さんと “由紀さおり” さんである。

そう、このイベントには、その前年に活躍した各界の著名人が多数招待されているのだ。



20170416_桜を見る会7

“トレンディエンジェル” と “ぺこ” 。
写真には写っていないが、その後方には当然 “りゅうちぇる” もいた。



20170416_桜を見る会8

“サンドウィッチマン” の伊達さん。
こちらも当然だが、富澤さんもいた。



20170416_桜を見る会9

俳優の “千葉雄大” さん。
ドラマ 『家売るオンナ』 にも出ていた。



20170416_桜を見る会10

横顔だが、一番手前の振袖女性は “重盛さと美” ちゃん。
お馬鹿キャラだけど、実物は衝撃的な可愛さだった。



20170416_桜を見る会11

その重盛さと美ご一行に挨拶する “吉田鋼太郎” さん。
ドラマ 『ゆとりですがなにか』 に出ていた。



20170416_桜を見る会12

リオ五輪のカヌー銅メダリスト、「ハネタク」こと “羽根田卓也” 選手。
イケメンと騒がれてテレビにも引っ張りだこだが、本当にアイドルのような顔立ちだった。



20170416_桜を見る会13

ものまね芸人、“松村邦洋” さん。

2009年の東京マラソンでは心配停止に陥ったけど、そんなことを忘れさせるくらい元気な様子だった。



といった感じで、芸能人や著名人の姿に興奮しているところへ ―――


20170416_桜を見る会14

ついに、この人が姿を見せた。

この会の主催者であり、我が国の首相。
ご存知、安倍晋三先生である。



20170416_桜を見る会15

多くの護衛に囲まれながら、招待客のすべてに挨拶して回る。
報道番組で見ていただけの存在だが、こうして肉眼でお目に掛かる日が来るなんて。



20170416_桜を見る会16

著名人でもなんでもない俺だが、ハイタッチをしてもらえた。

手は冷たかった。
でも、手が冷たい人は、心が温かいという話なので、きっと安倍首相は優しい人だ。



20170416_桜を見る会17

脳梗塞から復帰した “ラモス瑠偉” さんも来ており、安倍首相と言葉を交わしていた。
リハビリを経て復帰したらしいが、足取りはとてもしっかりしていた。



20170416_桜を見る会23

そして、最近ちょっと世間を騒がせてしまっている昭恵夫人もご一緒に回られていた。
さすがにこの席で「例の話題」を出す人はいなかったので、とても平穏な時間だったと思う。



20170416_桜を見る会18

声優の “野沢雅子” さん。

『ドラゴンボール』 の「孫悟空」役で有名だが、実はアニメ 『あらいぐまラスカル』 でラスカルの鳴き声を演じたりもしている。



20170416_桜を見る会19

『ももいろクローバーZ』 のリーダー “百田夏菜子” ちゃん。

実は、高校時代は俺の愛する “家入レオ” 女史と同級生だったのだ。
それを知ると、一気に親しみがわいてくる。



20170416_桜を見る会20

その他の 『ももクロ』 メンバーも来ていた。
ちなみに、“チップ家” のエンドレス反抗期の息子は「黄色」の熱狂的なファンである。



20170416_桜を見る会21

“鉄拳” もいた。

最近はパラパラ漫画で活躍しているが、先日も浅田真央ちゃんの大作をリリースしていた。
この人の才能って、本当にスゴイと思う。



20170416_桜を見る会22

少し前に、サックスを吹きながら「東京スカパラダイスオーケストラ」とセッションした “さかなクン” 。

他の著名人とは違って、全方向に向かって「ギョギョギョ!」という持ちネタを披露してくれるのみならず、安倍首相が去った後も多くの人と触れ合っていた。



20170416_桜を見る会24

お高く止まった様子が1ミリもない、本当に好感しかもてない人物である。

それよりも、さかなクンにとっては、やはりこの白衣が「フォーマル」なのだろうか。
でも、天皇陛下が実名を出してお言葉を述べるくらい、実はスゴイ人なのだ、この方は。



20170416_桜を見る会25

「百獣の王」 “武井壮” はスゴイ人気だった。

彼もサービス精神が旺盛な人で、とても気さくに握手に応じていた。
実は俺、同い年で、誕生日も一日違いなので、勝手に親しみを覚えている。



20170416_桜を見る会26

その武井壮の元へ、“デーブ・スペクター” さんが。

ここではダジャレは言っていなかった。
昔は「ケトラー」というヤカンの格好で 『ヤキソバン』 のCMに出ていたなぁ。



そして最後は ―――


20170416_桜を見る会27

お正月に全国のお茶の間へ感動を届けてくれた箱根駅伝の覇者、青山学院大学の “原晋” 監督と一緒に写真を撮っていただいた。

とても気さくな方だが、若い頃の真田広之に似てると思っているのは俺だけだろうか。




――― と、ここまで綴ったところで、ふと思い出したことが。


20170416_真熊1

これは “ペットブログ” であるということを。

ついては、「とりあえず」感が否めないが、真熊の写真を載せておこうと思う。
同日の夜、俺が局長を務める「とある組織」の活動に、くっ付いて来たのだ。



20170416_真熊2

さらに帰宅後。

俺のテンションがやたら高いのに、自分は留守番をさせられたのが納得いかないのだろうか、今さらながら責めるような目で俺を見つめる真熊であった・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

一日でたくさんの芸能人を見て、夢のような体験だった。



人気ブログランキング

来年も招待してくれないかな。 今年も頑張るので。



【今日の一言】

写真は撮れなかったが、はるな愛、クリス松村、May Jを見た。 3年前は家入レオも参加していた。
 

| 局長 | 05:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

疾走、駅伝大会

日曜日の昼下がりに、こんにちわ。

WBCも終わったところで、これからはちゃんと国内のプロ野球に目を向けていかないといけませんね。 巨人の動向がイマイチつかみきれていない局長です。



――― さて、本日は恐らく誰も望んでいないであろう、実にどうでもいいレポートを。


20170326_駅伝大会1

先週の日曜日、つまり3月19日。
俺はお昼前から某小学校の体育館に来ていた。

運動スタイルに着替えて、ストレッチをしながら、ある人たちを待っていた。



20170326_駅伝大会2

ようやく合流できたところで、少しだけ歩いて河原へと移動した。

そこには人、人、人・・・・
大勢の人が集まり、何かのイベントが催されている様子だった。



20170326_駅伝大会3

そう、この日は前々から少し告知をしていた某「駅伝大会」だったのだ。

メンバーは、左から俺、ノリツッコミでお馴染みの “オモシロPちゃん”、以前「熊猫犬オフ会」の対談記事で場所を提供してくれた居酒屋 『山鹿喜』 の女性スタッフ、その “店主”、そして当企画の旗振り役 “ブラザーK” という構成である。



20170326_駅伝大会4

会場では、地元のご当地アイドルたちによるライブが行われており、そこそこ盛り上がっていた。

実はこの地で仕事をしているオモシロPちゃんによると、市の放送とかで使われているメロディに歌詞を乗せた歌らしく、「あれを曲にしちゃうんだ…」と驚いていた。



20170326_駅伝大会5

せっかくなので、メンバー全員と写真を撮ってもらった。

ちょうどステージを降りようとしていた絶妙なタイミングでお願いしたので、ここまで全メンバーとの見事な撮影をやってのけたのは、恐らく俺だけだったはず。



20170326_駅伝大会6

そうこうしていると、スタートの時刻が迫ってきたので、ブラザーKが準備を開始した。

思えば、当ブログの「連載3,000回記念」記事用の写真を撮るのに、コイツが誘いを断りながらも、逆にこのオファーをしてきたのがきっかけだった。



20170326_駅伝大会7

マラソンが大嫌いな俺にとっては本当に迷惑なオファーだったが、その気風(きっぷ)の良さゆえにOKしてしまったことを、日々の練習を通して死ぬほど後悔していた。

そんなことより、コイツの衣装はなんだ? 一体・・・・



20170326_駅伝大会8

ロゴや商標などの「権利」について、一体どう考えているのやら。
非公認の商品ができ上がっているではないか。

しかも、なんとなく「空前絶後のぉ~~~」というセリフが頭の中をよぎってしまう。



20170326_駅伝大会9

着替えも完了したところで、いざスタートラインへと移動するブラザーK。
駅伝大会なのに、マラソン大会の如き出場者の多さ。

高校や大学の部活から実業団といったガチの選手もいれば、俺のような後ろ向きな思いで参加する者もいる、とても不思議な大会だ。



20170326_駅伝大会10

コースのつくり的に、走っている姿を撮影できなかったのだが、スタートから25分後、今にも倒れそうな顔をしたブラザーKが中継所へと戻ってきた。

無事「山鹿喜レディ」にタスキを渡し、第一走者としての役目を終えた。



20170326_駅伝大会11

しかし、想像以上のダメージだったらしい。

この日までは、ジムのランニングマシーンでの練習をメインに行っていたこともあり、風の抵抗やら、地面の衝撃など、思いもよらぬ障害に苦しんだようだ。



20170326_駅伝大会12

とにかく川沿いの道を走るレースなので、砂埃が半端ない。
さらには、砂のせいで地面が滑る。

しかも、小さいながらも竜巻が発生するくらいの強風。



20170326_駅伝大会13

喉を潤そうとトライした給水にも失敗したらしく、ウェアがビショ濡れだった。

ボロボロの姿で、フラフラしながら飲み物をもらいに奥へと消えていくブラザーK。
だったら、こんな企画しなけりゃいいのに。



20170326_駅伝大会14

山鹿喜レディからオモシロPちゃんへも無事にタスキが渡る。

ちなみにオモシロPちゃんは、メンバーがどうしても一人足りなかったので、俺が強引に引きずり込んだのだった。



20170326_駅伝大会15

オモシロPちゃんの次は俺なので、ストレッチをしながらそのときを待つ。

誰も写真を撮ってくれなかったので、オモシロPちゃんとのタスキリレーの瞬間はお見せできないが、満を持して俺もスタートした。



20170326_駅伝大会16

ブラザーKの言うとおり、地面は滑るし、砂埃はヒドイし、苦痛以外の何も得るものはないまま中継所まで戻ってきて、アンカーの店主にタスキをつなぐ。

せめて女性ランナーは全員抜き去って、背中のロゴを見せてやろうと頑張ってしまったこともあり、こんなに苦しい顔に。



20170326_駅伝大会17

箱根駅伝を見ていたら、タスキに補欠の選手から寮母さんまで、あらゆる協力者に記名をしてもらったりしていたが、この大会のタスキは運営サイドから用意されたものなので、そんな思い入れも込められず、つなぐ “重み” のようなものは感じられなかった。

でも、無事につなげたことだけは良かった。



20170326_駅伝大会20

日々の練習のためにインストールしていたアプリ 『ジョグノート』 を確認してみると、ちゃんと自分レコードは更新できていた。

一応、今やれるだけのことはやれたということだ。



20170326_駅伝大会19

そして、強面(こわもて)の店主も鬼の形相でのラストスパートののち、無事にゴール。
5人でつないだタスキが、ちゃんとゴールできた瞬間だった。



20170326_駅伝大会21

店主はこんなチンピラみたいな風貌なのに、山鹿喜レディと共に普段から走っていたらしく、ウェアからペース配分まで実に小馴れた様子だった。

しかし、17時から店を開けるために急ぎ仕込みに戻らなくてはならないからと、我々と達成感を分かち合うヒマもなく、慌しく帰っていってしまった。



20170326_駅伝大会18

ブラザーKも、「ここまでバイクで来たから」と一人で帰路に。

結局、俺とオモシロPちゃんの二人だけが残されてしまったため、一応予定されていた「打ち上げ」まで、どこかで時間をつぶすことに。



20170326_駅伝大会22

つい最近、テレビの 『沸騰ワード10』 で紹介されていた 『銀だこ』 があったので、とりあえず入ってみると、見るからに不慣れなスタッフがえらい時間を要しながら焼いていた。

散々待たされたあげく、出てきたものはこんなに破けて、中身は生地がなくなってタコだけが残っているような代物で、さすがにクレームを申し出てしまった。



20170326_駅伝大会23

当然だが味も全然美味しくなくて、只々残念な思いで店を後にすると、そろそろ打ち上げのお店へと移動を開始したほうがいい時刻になっていた。

疲労困憊の中で、夕日を眺めながらバスに揺られる俺とオモシロPちゃん。



20170326_駅伝大会24

17時を少し回った頃、『山鹿喜』 に到着すると、すでに仕込みもきっちり終えた店主が、何事もなかったような涼しい顔で、山鹿喜レディと共に通常営業をしていた。

そう、打ち上げは、せめて店主とも労い合おうと、『山鹿喜』 にしてみたのだ。



20170326_駅伝大会25

焼き鳥に舌鼓を打つ俺。
ここの焼き鳥は、塩ではなくて特製ダレで食べることをお勧めする。

辛口で、ニンニクの風味と酸味の効いた、独特の美味しさがあるタレなのだ。



20170326_駅伝大会26

先日も綴ったとおり、この日の言い出しっぺのブラザーKが「今夜はヨガの日だから・・・・」という自分を磨く30代OLのようなことを抜かして、一向に現れなかった。

その間に、疲れもピークに達してしまったオモシロPちゃんは、意識を失い始めてしまった。



結局、21時頃になってようやく、シャワーも浴びてえらくスッキリした姿で登場したブラザーK。


20170326_駅伝大会27

すると、完全にダウンしてしまったオモシロPちゃんが、ほぼ入れ替わるような形でドロップアウトし、バス停まで送り届けて別れを告げることに。

当の俺も、この30分後には帰路へ。
結局、コイツに踊らされっぱなしの一日であった。



20170326_駅伝大会28

・・・・と、ここまで綴ったところで、動物たちの写真が一枚もないことに気付いた。

とりあえず、昨日のお昼頃に庭で撮った真熊の写真を。
真熊も、この駅伝大会のために、三連休なのににお出掛けできなかった被害者の一人だ。




動画も一点アップしておきます。
欲求不満からか、寿喜に思い切りちょっかいをだすも、冷静に対処されてしまった真熊の姿を。

これで、もう走らないで済むかと思うと、とても気持ちが楽でやんす・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ブラザーKに踊らされた俺に労いのクリックを是非。



人気ブログランキング

どこにも連れて行ってもらえなかった真熊にもどうか。



【今日の一言】

WBC前はあれだけ評価が低かった小林が、今では影のMVP。 頑張りましたね。
 

| 局長 | 15:47 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ついにテレビ放送

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

ソフトバンクの松坂が7回ノーヒットの好投を見せたようですね。 好不調の波が激しいようだけど、是非「復活」してほしいですよね。 斎藤佑樹と巨人の様子が心配な局長です。



――― さて、ほんの一時間前まで、俺はテレビと睨めっこしていた。


20170325_テレビ放送1

昨日、プライベートのFacebookやメール等で少し告知したとおり、昨年の夏にドッグカフェ 『Smiley Smile』(スマイリースマイル)で “テレビ収録” が行われた番組が、ついに陽の目を見たのだ。

つまり、放送されたのだ。



20170325_テレビ放送2

動物好きたちが厳しい目で選ぶ、世界の動物おもしろ動画アワードという内容。
テレビ朝日(関東ローカル)で12:57から放送されたのだった。



20170325_テレビ放送3

元々は、テレビ朝日で放送されるプロ野球などのスポーツ中継が雨天中止になった場合の「差し替え番組」として制作されたのだが、結局昨年は一度も雨天中止というシチュエーションがなかったため、危うくお蔵入りし掛けていた。

それが、この改編時期に「これ使っちまえ」みたいな決定がされたのだろうか、満を持して今日の放送となったのだった。



20170325_テレビ放送4

しかし、当日はこんなに多くの皆さんに集まっていただいたというのに、俺も含めて姿が映ったのは冒頭のこのシーンのみであった。



個別のインタビューも全員分撮っていたのだが ―――


20160721_テレビ撮影4

使われたのは、“ゆりゲラー” と、遠く兵庫県からやって来た “パンパパ” ファミリーのみであった。

ちなみに、パンパパ家はせっかく6時間も掛けて収録に挑んだというのに、関東ローカルの番組なので地元では放送されないという本末転倒な結果となった。



20170325_テレビ放送5

ということで、暑い中せっかくお集まりいただいたのに、全然映らなかった方々、なんだか申し訳ない限りです。

「テレビ業界って世知辛いな・・・・」と思いながら、これも人生経験だと割り切ってください。



20170325_テレビ放送6

では、お昼過ぎまで寝たあとでのテレビ鑑賞だったので、これから一週間分の洗濯物と格闘します。

残念、テレビ収録。
良い週末を。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ほんの一瞬しかテレビに映らなかった真熊にクリックを。



人気ブログランキング

わざわざ千葉から来た読者さんも何人かいたのに・・・・



【今日の一言】

松坂のストレートは140km/hにも届かなかったようだけど、変化球が良かったみたい。
 

| 局長 | 16:07 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ