熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

黒いポメラニアンと冷蔵庫

日曜日の朝に、こんにちわ。

昨日は「AKB48」の総選挙だったんですね。 以前よりも注目度が低下してしまったのか、全然知りませんでした。 昨今は流行の移り変わりが異常に早いですよね。 局長です。



――― さて、昨日の土曜日のお話。


20180617_冷蔵庫1

俺は朝からレンタカーでトラックを借りていた。

少し前に当ブログ上で「冷蔵庫からの異音が激しいので、誰か新品を譲ってくれないかな」といったことを綴ったことがあったのだが、「よろしければ我が家の冷蔵庫をお譲りします」という善意の読者が現れたのだ。



20180617_冷蔵庫2

お言葉に甘えて、引き取りに行かせてもらったのだ、昨日の土曜日に。

その途中で、家電リサイクルの処分施設に異音が激しい現在の冷蔵庫を持ち込むことにし、借りてきたトラックに積み込んでいた俺。



20180617_冷蔵庫5

「冷蔵庫なんて自分で買えよ」なんて声もあるだろうが、これには深いワケがあるのだ。

俺も本当は大きなサイズの最新型冷蔵庫が欲しい。
しかし、Maxでこのサイズまでしか入らないのだ、我が家のキッチンには。



20180617_冷蔵庫3

1981年の建築基準法改正前に建てられた我が家は、とにかく問題だらけの構造で、そもそもクローズ型キッチンのドアが小さい。

たった60cm幅の冷蔵庫を出し入れするだけなのに、ドアを外さないとそれが叶わない、呆れるような設計なのだ。



20180617_冷蔵庫4

幅60cm、高さ172cmという、今の時代であれば「コンパクトサイズ」に該当する規格の冷蔵庫が、このとおりドアを外してようやくギリギリで通過できるような、あり得ない設計。

ワンルームマンション用の冷蔵庫でも想定していたのだろうか、当時の設計士は。



20180617_冷蔵庫6

そのため大きな冷蔵庫を購入するのは、新居を立てたり、購入したりするまで我慢しつつ、とはいえ異音が激しくなり始めた現在の冷蔵庫の代わりになるものだけは探さなければならなかった。

そこへ、今回の「冷蔵庫を譲ります」という善意の申し出が舞い込んだのだ。



20180617_冷蔵庫7

道中、“つのだ☆ひろ似の大工” を思い出させるような名称の歩道橋を通過しつつ、遠く埼玉県の某所にあるマンションへと疾走する俺のトラック(レンタカー)。



家電リサイクルの処分施設を経由して、13:45頃に到着すると ―――


20180617_冷蔵庫8

今回の申し出をくれた読者さんと、愛犬の “ナッツ”(写真右)が出迎えてくれた。

真熊と同じ黒いポメラニアンだが、まだ2歳という若さ。
しかし、真熊と同じ “マズルの短い種族” で、サイズ感もよく似ていた。



20180617_冷蔵庫9

本当ならナッツをこねくり回したいところなのだが、何はともあれ早いとこ冷蔵庫をトラックに積み込まなければならない。

エレベーターがないマンションで、3階から降ろすのは、思いのほか至難の業だった。



20180617_冷蔵庫10

旦那さんにお手伝いいただき、やっとの思いでトラックに積み込み完了。

俺もようやくナッツと触れ合えることに。
トラックの荷台の上というシュールなシチュエーションだが。



20180617_冷蔵庫11

トラックの荷台で展開される黒いポメラニアン同士の邂逅。
相変わらず真熊は、犬が相手となると一切興味を示さないが。

ちなみにナッツは、「大阪で会いましょう」で出会った “すばる” のように、首から胸にかけて「ヨダレ掛け」のような白い部分がある。



20180617_冷蔵庫12

真熊は、ナッツの飼い主さんに抱っこしてもらいながら、笑顔のまま俺が冷蔵庫をトラックの荷台に括り付けるのを待っていた。



そして慌ただしくも、冷蔵庫を受け取ったところで、再び帰路へ ―――


20180617_冷蔵庫13

本当はもっとゆっくりと真熊とナッツを遊ばせてあげたかったのだが、いかんせん先方も引っ越しの最中だし、俺もレンタカーを返却しなきゃならないしで、そうもいかなかった。

そう、先方は新居への引っ越しに際し、冷蔵庫を新調するということで、それまでのものを譲ってくれると申し出てくれたのだ。



20180617_冷蔵庫14

キッチリとロープで固定したこともあり、冷蔵庫は荷台の上で1ミリたりとも動くことなく、無事に自宅に到着。

ようこそ、新しい “仕事場”  へ。



20180617_冷蔵庫17

真熊にとっては、この日はドライブにでも出掛けたような認識だったかもしれない。
ドライブの途中で、なぜか俺が少しばかり肉体労働をしていたようない。



20180617_冷蔵庫15

行きに処分施設に持ち込んだ、それまで使っていた冷蔵庫と、奇跡的にまったく同じ寸法だった今回の代物。

当然だが、我が家のクソ狭いキッチンの冷蔵庫スペースに、“シンデレラのガラスの靴” の如くジャストフィット。



20180617_冷蔵庫16

隣のお婆ちゃん宅にまで漏れ出るような異音もなく、しかも最近のモデルらしく扉の裏側にドリンク類などをたくさん入れられる便利な設計で、食材の納まりもいい。

「いやはや、世の中には親切な人がいるもんだ」と感謝しながら、再びキッチンのドアを取り付けて、トラックを返却しに行き、18時過ぎにこの日の作業を終えたのだった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

長距離ドライブしたと思ってる真熊にクリックを。



人気ブログランキング

アクセス等がガタ落ちする週末も応援してね。



【今日の一言】

最近のアイドル系だと、「乃木坂46」等の坂道グループが主流になっているんですかね。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

ひょんなことから6度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 

| 局長 | 04:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美人さんいらっしゃい 2018

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

加戸前愛媛県知事が野党と対決することになった途端にこの名前がメディアに登場しました。
昨年、愛媛県への獣医学部新設の整合性を証明する発言をした時は全メディアがスルーしたというのに、相変わらず偏向報道がヒドイです。 社会派の局長です。



――― さて、先日の「臨時休載」の際に少しばかりお伝えしたお話の本編を。


20180524_美人さん2

そう、「ミス熊猫犬日記」の “サヨ” ちゃん& “むらも” ペアと、週のど真ん中である水曜日の、しかも「21時スタート」という遅い時間からの飲み会をしたお話。


 【先日の記事】

 2018.05.15
 やむを得ず臨時休載



20180526_美人さんいらっしゃい1

「21時スタート」というのは、サヨちゃんの仕事の上がり時刻に合わせての設定だった。

それなのに、当のサヨちゃんが小一時間も遅れることとなり、22時まではまさかの俺とむらものマンツーマン飲み会に。



20180526_美人さんいらっしゃい2

そして22時、ようやくサヨちゃんが登場するも、何か不機嫌だ。

なんでも「PASMO」を職場に置いてきてしまったらしく、駅から再び舞い戻ったりして遅れてしまったとのこと。



20180526_美人さんいらっしゃい3

つまり、当然だが俺とむらもには何一つ責任も落ち度もないのだが、どうにも機嫌を直してくださらないサヨちゃん。

なぜか無言のまま目で責められつづけている俺。



20180526_美人さんいらっしゃい4

その後もギスギスとした雰囲気はつづき、重苦しい空気のままにお酒を交わす我々。

何をすれば許していただけるのか、そもそも許してもらうような事案はあったのか。
俺の頭の中はお酒も手伝ってグルグル回ってしまっていた。



20180526_美人さんいらっしゃい5

しかし、お酒とお箸が進むにつれて、次第に機嫌が上昇してきたらしいサヨちゃん。
どうやら、PASMOの件に加え、空腹が怒りを増幅させていただけらしい。



20180526_美人さんいらっしゃい6

こうして、サヨちゃんの気持ち的なコンディションが整ったところで、ようやく我々の飲み会が本格的にリスタート。



20180526_美人さんいらっしゃい7

むらものスマホには、何やら怪しいアプリが仕込まれているらしい。

サヨちゃんとのドアップのツーショット自撮りが、やたらキレイだ。
しかも、ティーンのような輝く美白である。



20180526_美人さんいらっしゃい8

こうして、盛り上がり的にも本格的にエンジンが掛かってきた我々。
互いの近況を報告し合い、「日大アメフト問題」なども議題に加えながら激論を交わしていた。



しかし、一時間くらい過ぎた頃だろうか、ある事件が起きてしまった ―――


20180526_美人さんいらっしゃい9

偶然にも、むらもの仕事関係者2名が来店してしまったのだ。

取り乱すむらも。
ちなみに我々は、「犬友です」と紹介された。



20180526_美人さんいらっしゃい10

結局、むらも的には “変装” することで解決できたらしい。

すでに挨拶も交わしているし、今さら変装したところで何がどう変わるのかは今もって謎のままだが、とにかくむらもが納得できたのならそれで良しとするしかなかった。



20180526_美人さんいらっしゃい11

気合いを入れ直したむらもの表情は、なんとも力強かった。

しかし、このタイミングだから良かったものの、サヨちゃんが来る前の「二人きり」のシーンで仕事関係者たちとバッティングしてしまっていたら、それはそれで俺としても面倒くさかっただろう。



20180526_美人さんいらっしゃい12

熱中しているサバゲー(サバイバルゲーム)では、イケメン彼氏の “犬(ケン)ちゃん” から容赦なく額を撃ち抜かれたりしているらしいサヨちゃん。

BB弾だから良かったものの、もし実弾だったら、もうここでは会えなかったのだ。



20180526_美人さんいらっしゃい13

むらもは相変わらず、この殺伐とした社会の中でも平和そうに生き抜いていた。

謎の皮膚疾患で被毛が抜け落ちてしまっていた “くり坊” も、少しずつだが再び毛が生え始めたらしい。



20180526_美人さんいらっしゃい14

すると、いつの間にやら時刻も0時を回っていた。

俺とむらもは、3時間。
サヨちゃんはたったの2時間という忙しない飲み会となってしまったが、ここでお開きに。



20180526_美人さんいらっしゃい15

仕事関係者2名の登場で、少しばかりプチパニックになってしまったむらもを、まずはタクシーに乗せる。

俺とサヨちゃんは、ちょっとした嫌がらせがてら、お店を出るときにも彼らに挨拶をしてやった。



20180526_美人さんいらっしゃい16

彼らによると、むらもは仕事では頼りにされている存在だとか。

しかし、俺とサヨちゃんの想像力にも限界があり、どうにもその様子をイメージすることができなかった・・・・



20180526_美人さんいらっしゃい17

そして、サヨちゃんも無事に見送ったところで、俺も帰路へ。

PASMOを忘れたサヨちゃんを心の中で責めていたのだが、俺も駅のホームに折り畳み傘を忘れて帰ってしまっていた。

また近々会おうぞ、二人とも。




20180526_美人さんいらっしゃいバナー


男性読者陣たちへ愛を込めて、過去の同シリーズも ―――

2014.12.29 『【年末特別企画】 美人さんいらっしゃい
2015.12.23 『美人さんいらっしゃい 2015
2016.10.23 『美人さんいらっしゃい 2016
2017.01.08 『美人さんいらっしゃい 2016 Part2






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

アプリを使えばまだまだ若い二人にクリックを。



人気ブログランキング

平和なむらもと何かを達観したサヨちゃん。



【今日の一言】

そもそも獣医師会から献金を受け取っている国民民主党の玉木雄一郎が何を抜かすのやら。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

ひょんなことから6度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 

| 局長 | 15:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビアホールとチェコのまとめ | 局長、世界を歩く

日曜日の朝に、こんにちわ。

アメフトのいわゆる “殺人タックル問題”、ようやく監督が表に出てきましたが、遅きに失した感が否めませんね。 最高責任者がここまで雲隠れするのはいかがなものか。 局長です。



――― さて、最近は尋常じゃないほどアクセス等がガタ落ちする週末。


20180520_ビアホール1

それなら遠慮なしに例の旅日記を押し通してしまおう。

“世界一美しい街” チェスキークロムロフから3時間ほどバスに揺られて、ようやくプラハの「Andel」という街に帰って来た俺は、その足で地下鉄に乗り換えて二駅ほど移動。

駅からも10分ほど歩いて、とあるビアホールにやって来た。



20180520_ビアホール2

『ウ・フレクー』 という、1499年に創業したプラハ最古のビアホールだ。

1499年といえば、日本では室町時代で、11代将軍・義澄の時期。
「応仁の乱」の22年後で、いわゆる “戦国時代” に突入したばかりの時期だ。

つまり、今年で創業520年目ということなので、歴史が半端ない。



20180520_ビアホール3

店内は間違っても有線のようなBGMが流れることはなく、アコーディオン爺さんによる生演奏。

前夜に行った 『ウ・カリハ』 でもそれが名物と言われているのに残念ながらいなかったので、ようやくチェコ本来のビアホール文化を味わえた感じだ。



20180520_ビアホール4

このお店は、ビールに銘柄の選択など存在しない。

お店に併設された醸造所で作っている、創業当時から変わらないオリジナルの黒ビールのみで、400mlジョッキで「59コルナ」。
つまり300円弱。



20180520_ビアホール13

飲み終えても「おかわり」を注文する必要などなく、ジョッキが空いていれば勝手に次のビールを置いていく、例えるなら岩手の “わんこそば” のようなシステムなのだ。

「もう飲めない・・・・」って場合は、ジョッキの上にコースターを乗せると「No Thank you」の意思表示となる。



20180520_ビアホール8

そうこうしていると、オーダーした料理が一斉に届いた。

プラハ城の記事でも綴ったが、チェコ料理にはとにかくデフォルトでパンが付いてくる。
日本で例えると、すべての料理が「ライス付き」みたいなものだろうか。

しかし、「出されたものを残してはダメ」と幼少期から教え込まれてきた俺には、これが地獄の苦しみとなる。



20180520_ビアホール9

左のお皿に乗っているのは「クネドリーキ」という白い蒸しパンで、TDSの “餃子ドッグ” の皮と同じ材料でできており、当然だが料理のタレをスポンジの如く吸い込む。

そのせいで、えらいボリューミーになり、俺の胃袋を圧迫してくる。
右のお皿はマッシュポテト系のメニューだったのだが、ほぼパンだ。



20180520_ビアホール14

おかげで、黒ビールを死ぬほど味わいたいのに、パンばかりが胃袋の大部分を占領してしまい、本来望んでいたビアホールの醍醐味を楽しめなかった気がする。

単にパンを残せば良かったのだが・・・・

そして、「もうこれ以上は何も口に入らない・・・・」という状態になったので、お会計をしてお店を出ることに。



20180520_ビアホール5

すると、『ドラゴンボール』 の “ナッパ” によく似た店員が、こう言ってきた。

チェコ人という人種は、相手がチェコ語を話せないと分かっていても、英単語をゆっくり話すなどの思いやりは一切見せず、お構いなしにチェコ語のままで早口にまくし立ててくる。

俺はチェコ語を話せないが、恐らく雰囲気とニュアンス的に、こんなことを言っていたはずだ。



20180520_ビアホール6

レジのモニターを指さしながら、「ぼったくってるワケじゃないぞ!」的なことを必死に俺に伝えてくるのだが、それならせめて英語を使え。

ちなみに、“ナッパ” とは、ベジータの子分で地球にやって来たサイヤ人である。



20180520_ビアホール7

別にチップを支払うことを拒んだことなど一度もないのだが、ひたすらチップの正当性を訴えられながら会計を済ませ、お店を後にした。

実は、これがチェコ最後の夜となったのだが、とにかくビールがコーラよりも安い、俺としては永住したくなるような国であった。




【チェコ旅行を検討中のアナタへ】 チェコのまとめ



●公衆トイレがあまりない。


20180512_チェスキークルムロフ22

よそのホテルやお店は貸してくれない場合もある。
日本がいかにトイレ事情に親切な国かを痛感することになる。



●トイレはどこもチップ制。(≒5コルナ)

20180520_ビアホール11

自分が飲食しているお店ですらトイレを使うにはチップは必要。
チップを受け取る “トイレの番人” なる人がトイレの前で構えている。



●カード社会だけど、やっぱり現金は必要。

20180520_ビアホール15

「カード社会だから現金を持ち歩く必要がない」という情報もあったが、上述のとおりトイレ用のチッ プは用意しておかなくてはならない。
さらには、地下鉄の自動券売機もカードが使えない場合が多い。



●チップは勝手に上乗せされている。

20180520_ビアホール12

カード決済時に、実費に対しあらかじめチップが上乗せされた金額で決済させられるので、別に渡す必要はない。



●クレジットカード決済の方法

20180520_ビアホール10

カード決済の端末機で

① カードを差す
   ↓
② 言語選択(英語)
   ↓
③ PINコード入力(暗証番号のこと)
   ↓
④ 会計終了

ハンディ型の端末機が充実しているので、テーブル会計でもクレジットカードが使える。



●地下鉄・トラム・バスは共用チケットで時間制。

20180502_モルダウの流れ6

日本でいう 『スイカ』 みたいな感覚か、すべての交通機関は共通の切符。
しかし、日本では「区間」で金額が決まるが、EU圏内は「時間」で区切られる。
「90分間」、「1日」、「3日」など。

そのため、自動改札ではタイムカードのように入場時間を「打刻」する。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

1499年創業のビアホールに歴史的なクリックを。



人気ブログランキング

アクセス等が半端なくガタ落ちする週末・・・・



【今日の一言】

あの反則は監督の指示があったのか、なかったのか。 前者なら当該選手は可哀想ですね。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

ひょんなことから6度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 
 

| 局長 | 04:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チェスキークルムロフ・後編 | 局長、世界を歩く

土曜日の朝に、こんにちわ。

サッカーW杯の日本代表の一次発表がありましたね。 サッカーの知識は一般レベルゆえ、今回の選出が妥当なのかは分かりませんが頑張ってほしいです。 局長です。



――― さて、GW終了後は、土日限定のコンテンツとなっていたあのレポート。


20180519_チェスキークルムロフ1

そう、4月7日(土)から “ぷらっと” 行ってきたチェコ共和国への旅日記。

入国3日目、観光2日目にあたる10日(月)は、9:00発の長距離バスに揺られること3時間、南ボヘミア州にある “世界一美しい街” と称される 『チェスキークロムロフ』 へと行ってきた。



前回までのお話 >>> 2018.05.13 『騙し絵 ~ チェスキークルムロフ・中編


20180519_チェスキークルムロフ2

チェスキークロムロフ城から、少し身を乗り出して展望塔の方角を撮った写真がこれ。

ヴルタヴァ川” が流れ、その両岸に古い家並み、奥には背の高い教会と、小高い丘。
絵本に出てくるような世界がそこには広がっていた。



20180513_世界一美しい街9

「そういえば、あの塔に登ってないな・・・・」と思い立ち、急ぎ城を出て展望塔に向かう。

この塔だけは有料とのことなので、100コルナ(≒500円)を支払ってチケットを購入。
幅が狭い上にえらく勾配が急な階段を登っていくも、逆に降りてくる人と行き違うにも苦労する。



20180519_チェスキークルムロフ3

まだ「塔」とは呼べない、筒状になっていない階では、屋根の裏側が拝めた。
日本家屋のように、板を張った上から瓦を置くのではなく、建築用語で「母屋」(もや)と呼ばれる骨組みの部分にそのまま乗せていくらしい。

防水シートも敷かれていないし、雨漏りしてしまいそうだ。



20180519_チェスキークルムロフ4

その後もひたすら登りつづけると、次第に景色が高くなってくる。
いつの間にか、お城も見下ろす高さだ。



20180519_チェスキークルムロフ5

ちなみに、一枚目の写真を撮った場所は、ここ(○印)。



ようやく筒状になった部分に到達。


20180519_チェスキークルムロフ6

丸い窓からも外を眺めてみたりする。

『世界名作劇場』なんかで、よく意地悪な主人に可哀想な主人公が閉じ込められたりするタイプのお部屋じゃないだろうか。



20180519_チェスキークルムロフ7

登り階段を進むたびに高くなっていく視界。
改めて、ヨーロッパに来ている感がヒシヒシと伝わってくる風景が広がる。



20180519_チェスキークルムロフ8

欧米の人たちが京都の街並みを見たときのような感動と同じなのだろうか、この気持ちは。
この写真をそのまま絵葉書にしたいくらいだ。



20180519_チェスキークルムロフ9

そして、ついに最上部の展望台部分に到着。
行きに渡ってきたヴルタヴァ川に架かる橋も、これくらい見下ろす高さだ。



20180513_世界一美しい街16

位置的には、ここ(○印)にいる。
当然だが、チェスキークロムロフで一番高い場所だ。



20180519_チェスキークルムロフ10

この塔は13世紀に建てられたものだというから、その建築技術には驚きだ。

当時の日本といえば鎌倉時代なので、鶴岡八幡宮などが建立された頃だ。
そう考えると、日本の建築技術も引けを取らず、なかなか高度だな・・・・



20180519_チェスキークルムロフ11

「すげぇ高~い♪」
なんて思いながら、ノリノリでこの写真を撮ったのだが・・・・・



20180519_チェスキークルムロフ12

よくよく考えてみると「ランドマークタワー」とか「東京スカイツリー」とか、もっと遥かに高い場所からの景色をこれまで見てきたのだから、さほど驚くべき高さでもなかった。



20180519_チェスキークルムロフ13

チェスキークロムロフ城のもっとも奥にある「城の庭園」にも行ってみた。

何を表現したいのか、芝生の庭を生垣で囲っているのだが、その生垣がとにかく直角に刈り込まれているのだ。



20180519_チェスキークルムロフ14

まっすぐ刈り込む技術を見せつけたいのか、とにかくエッジが効いていた。
日本の庭師とは、ちょっと芸術感が違っているのだろう。



20180519_チェスキークルムロフ15

こうして、展望塔から「騙し絵」まで、城をすべからく堪能した俺は、再びヴルタヴァ川を渡って街の入口側にある広場へ向かうことに。



20180519_チェスキークルムロフ16

ヴルタヴァ川沿いには、“モルダウの流れ” を眺めながら食事ができるお店が並んでいた。

“モルダウ好きな日本人” として、俺も経験してみたかったのだが、いかんせん予定をギチギチに入れてしまっていたため叶わなかった。



20180519_チェスキークルムロフ17-2

ヴルタヴァ川はこちら側が上流なのだろうか。
川幅も狭く、流れも穏やかで、京都に例えるなら鴨川を眺めながら食事ができる “納涼床” が立ち並ぶ「三条大橋」界隈のようなイメージか。



20180519_チェスキークルムロフ18

そして、最後にやって来たのが、ここ。
街の入口エリアに位置する、地味だが由緒ある施設。



20180519_チェスキークルムロフ19

チェスキークロムロフの街において、お城の次に名所と言われる “聖ヴィート教会”。
プラハ城にも “聖ヴィート大聖堂” という荘厳な教会があったが、別物である。

さっそく入ってみるも、人っ子一人いなかった。



20180519_チェスキークルムロフ27

わりと目立たない場所にあったので、他の観光客たちはスルーしてしまったのか、はたまた入館してはいけないと思ってしまったのか。

ちなみに、場所的にはここ(○印)である。



20180519_チェスキークルムロフ20

主祭壇に描かれているのは、この教会の守護聖人である聖ヴィートと、聖母マリアらしい。

1407年に建設がスタートし、1439年に竣工とのこと。
日本でいうと室町幕府4代将軍「義持」の時代から、6代将軍「義教」の時代まで年月を要したことになるので、そりゃ大変な建築物だ。



20180519_チェスキークルムロフ21

聖ヴィート教会を後にした俺は、そのまま来た道を引き返してバス停に向かっていた。
17:00発のバスのチケットを押さえていたのだ。

到着時に眺めた同じ景色も、少し陽が落ちて心なしか寂しい雰囲気を漂わせていた。



20180519_チェスキークルムロフ22

12時前に到着して、滞在および観光時間5時間弱。

片道3時間も要する場所だけに、弾丸ツアーのようになってしまったが、人気スポットゆえにバスの当日券は買うのが困難らしく、このスケジュールしか組めなかったのだ。



20180519_チェスキークルムロフ23

“世界一美しい街” と銘打たれた、確かに美しい街。

しかし、すべての建物が何かしらのお店になっており、実のところ “壮大なお土産屋のテーマパーク” といった印象を受けてしまった俺。



20180519_チェスキークルムロフ24

この16世紀の風景そのまま街に、普通に住んでいる人は恐らくいない。
すべての住民が、観光業に従事した生活なのだろう。

少しだけ腑に落ちない疑問を感じながら、“ピカチュウ” を模したような 『STUDENT AGENCY』 のバスに再び乗り込み帰路に就いた。



20180519_チェスキークルムロフ25

行きの反省を踏まえ、きっちりトイレも済ませておいたので、帰りは機内サービスのようなドリンクサービスもお願いして、熱々の紅茶を飲みながら、且つ言葉も分からないモニターを見ながらバスに揺られた。



20180519_チェスキークルムロフ26

“チェコに来たら絶対に行っておくべきスポット” としてお約束のチェスキークロムロフ。

「古き良きヨーロッパに来たぞ!」と心の底から思わせてくれる絵本のような世界は、それでも俺にたくさんの感動と喜びを与えてくれた。

これからチェコに行く予定がある人は、移動時間は長いけど是非とも行ってみては。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

世界一美しくて歴史のある街にクリックを。



人気ブログランキング

アクセス等がガタ落ちする週末も見に来てね。



【今日の一言】

サッカー通の人には中島の落選とか物申したい件は多々あるんでしょうね。 ハリルも怒ってるし。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

ひょんなことから6度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 
 

| 局長 | 02:30 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

六度目のダニエル・ウェリントン

新しい週に、こんにちわ。

昨日の 『鉄腕ダッシュ』 、最後の福島県でのお詫びのシーンは涙なくしては見られませんでしたね。 山口(元)リーダーの過去映像もきれいにカットされていたし。 局長です。



――― さて、当ブログではもはやレギュラー・コンテンツ化すべきかもしれないお話。


20180514_ダニエル・ウェリントン1

半年おきくらいにやって来るお決まりの内容だが、今回も懲りずにどうぞ。

というわけでこの週末、俺の元へ航空便で荷物が届いた。
それを、あえて添い寝していた “夫婦(めおと)猫” の真ん中に置いてみる。



20180514_ダニエル・ウェリントン2

荷を解いてみると、何やらシャレオツな小箱が出てきた。
その小箱に金色で箔押しされた文字を読んでみると・・・・

DANIEL WELLINGTON



20180514_ダニエル・ウェリントン3

そう、あの世界的な腕時計ブランドの「ダニエル・ウェリントン」である。

寝ているにいなを叩き起こして、ラッピングを開封していくと、ルビーレッドのバンドを施した腕時計と、交換用のミッドナイトブルーのバンドが収められている。



20180514_ダニエル・ウェリントン4

文字盤は極めてシンプルながらも、付替え可能なベルトはクラシックなレザーからNATOデザインなどのカジュアルなものまで豊富なラインナップを揃え、それでいて15,000~25,000円というリーズナブルな価格帯が市場にヒットし、またたく間に世界80か国で取り扱われるようになった “ダニエル・ウェリントン” 。



20180514_ダニエル・ウェリントン5

最近では、黒い文字盤の “Classic Black” というシリーズや、針にブルーを施した “Dapper” シリーズなど、次々に新作を投入し、腕時計ブランドの世界ではトレンド・リーダー的なポジションに登りつめた “ダニエル・ウェリントン” 。



20180514_ダニエル・ウェリントン6

そんな世界に羽ばたく時計ブランドのダニエル・ウェリントンが、この俺の前に六度目の登場。

聞けば去る5月8日、つまり俺の誕生日の翌日に新作を発表したという。
その新作発表キャンペーンを開催するので、「どうかね? キミさえ良ければ再びモニターをやらないか?」というオファーだった。



20180514_ダニエル・ウェリントン7

今回、新たにラインナップに加わった新作は、これ。
Classic Bayswater』 と、『Classic Roselyn』。

ミッドナイトブルーとルビーレッドのベルトをまとったシンプルなレジャー用モデルだ。



20180514_ダニエル・ウェリントン8

文字盤は、ホワイトとブラックの2パターン。
フレームはローズゴールドとシルバーの2パターン。

つまり、ベルトのカラーを含めると、計8パターンの組み合わせとなる。



20180514_ダニエル・ウェリントン9

Classic Roselyn』 は、毎日のスタイルをエフォートレスに引き立ててくれる時計。

スリムケースやローズゴールドまたはシルバーのディテールに、ルビーレッドのNATOストラップといった、クラシックなフィーチャーが魅力的。

宝石のルビーのような赤紫はさらに魅力を引き出す。



20180514_ダニエル・ウェリントン10

男性でも女性でも、とくにアジア系の肌の色にはフィットしやすそうな深みのある赤だ。
背景に三毛猫を置いても、そのカラフルさに埋没しない。



20180514_ダニエル・ウェリントン11

深紅のソファの上でさえ、その赤の深みは際立っている。
「ワインレッド」ではなく、“ルビーレッド” と称する「こだわり」にも着目いただきたい。



20180514_ダニエル・ウェリントン12

黒い犬、グレーの猫というモノトーンの動物たちの中では、さらに映える美しい赤。

万が一、後方で犬が存在を主張してきても、その上を行くアクセントになることは、この写真を見れば言うまでもないだろう。



20180514_ダニエル・ウェリントン13

俺がモニターを襲名するときのお約束、当ブログ読者用の “15%OFFクーポン” も例によって発行してくれるとのこと。

――――――――――――――――――
15%割引クーポンコード : kyokuchou
――――――――――――――――――
※有効期限は、2018年 7月15日まで。

購入画面でこのクーポンコードを入力すると、15%OFFになる。



20180514_ダニエル・ウェリントン15

Classic Bayswater』 も、毎日のスタイルをエフォートレスに引き立ててくれる時計。

スリムケースやローズゴールドまたはシルバーのディテールに、ミッドナイトブルーのNATOストラップといった、クラシックなフィーチャーが魅力的。

夜の闇に沈むような冷静でクールな印象を残す。



20180514_ダニエル・ウェリントン16

「ネイビー」ではなく、“ミッドナイトブルー” と称する青は、文字どおり単なる濃紺ではなく、深みと味わいのある “藍” 。



20180514_ダニエル・ウェリントン17

ランバ・ラル搭乗のモビルスーツ “グフ” と、「ザクとは違うんだよ、ザクとは」という名言すら思い起こしてしまうような、いぶし銀の装いではなかろうか。

※「ランバ・ラル」が分からない人は、今すぐレンタルDVDで 『機動戦士ガンダムⅡ~哀戦士』 編を借りてこよう!



20180514_ダニエル・ウェリントン14

長袖の袖から見える一瞬や、これからの季節の半袖に、少しばかりアクセントを加えたいのであれば、インパクトと上品さを兼ね備えた “ルビーレッド” のベルトを。



20180514_ダニエル・ウェリントン18

インパクトではなく、相手がふと目に入ったとき、「深み」や「味わい」といった大人のエッセンスを与えたいのであれば、“ミッドナイトブルー” を。



20180514_ダニエル・ウェリントン19

「どちらも欲しい!」という欲張りなアナタにも、「どっちか決められない」という優柔不断なアナタにも、ダニエル・ウェリントンは救いの手を差し伸べる。

そう、時計と交換用ベルトのセットもご用意している。



では、もう一度キャンペーン内容を整理してみよう ―――


20180514_ダニエル・ウェリントン20

当ブログの読者さんには、専用の読者限定15%OFFクーポンあり!

――――――――――――――――――
15%割引クーポンコード : kyokuchou
――――――――――――――――――
※有効期限は、2018年 7月15日まで。

購入画面でこのクーポンコードを入力すると、15%OFFになる。



20180514_ダニエル・ウェリントン21

ダニエルウェリントン
公式オンラインショップ >>> http://www.danielwellington.com/jp/


参考までに、これまでのモニター履歴も。

◆2016.05.29 『ダニエル・ウェリントン
◆2016.08.27 『再びダニエル・ウェリントン
◆2016.12.24 『三度(みたび)ダニエル・ウェリントン
◆2017.06.11 『四度(よたび)ダニエル・ウェリントン
◆2017.11.27 『五度目のダニエル・ウェリントン


ということで、是非ご利用くださいませ。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ダニエル・ウェリントンとの癒着ぶりに疑惑のクリックを。



人気ブログランキング

プレゼントを渡す相手がいる人は是非ご利用を。



【今日の一言】

ダニエル・ウェリントンの資本でも入っているのかというほど、よくモニターをやっている俺。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 局長 | 02:55 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ