熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

週末の動物たち【動画あり】

土曜日の夕方に、こんにちわ。

清宮くんが日本ハムと契約合意したようですが、背番号に話題が集まっていますね。
佑ちゃんの「1」をなんて話もありましたが、さすがにそれは酷ですよ・・・・ 局長です。



――― さて、こんな時間になってしまったので、週末恒例の「動物たちの日常」シリーズを。


20171118_動物たち1

コロコロ掛けが追い付かないくらい猫たちの毛にまみれたホットカーペット。
その上でくつろぐ真熊にも猫の毛が容赦なく絡みついてしまいそうだ。

こんなに抜けるなら、最初から生える量を減らしてほしい。



20171118_動物たち2

これらの毛の大半は、おそらくコイツの毛である。

毛づくろいをほとんどしない、ズボラな猫、寿喜
猫はきれい好きだというが、どうやらそうではない猫もいるようだ。



20171118_動物たち3

ソファで寝落ちしたときに凍えないよう、念のため常備している毛布も、猫たちにとっては都合のいいアイテムになってしまう。

にいなのアスファルトみたいな色の毛が、たくさん付着してしまうのだ。



20171118_動物たち4

稚葉みたいに、ちゃんとかまくら型ベッドの中で寝てくれればいいものを。

何ゆえいろいろな場所へ遠征しては毛まみれにしれくれるのやら。
迷惑極まりない行為だ。



そんな2匹の猫たち、にいなと寿喜に制裁を加える真熊の動画をご覧あれ。



突き飛ばしたり、押し倒したり、背中から覆いかぶさったり・・・・
猫たちがあまり抵抗しないのをいいことに、やりたい放題の真熊。

相手をすると余計に面倒なことになるからと必死に耐える猫たちの姿が健気だ。




猫たちで遊んで満足したのか、食後の歯磨きガムを美味しそうに食べる真熊。
寒さで猫たちの動きが鈍くなってきているが、そんなのお構いなしで日々楽しんでいるらしい。



20171118_動物たち5

こうして遊び相手がいるせいか、真熊は幼少の頃からボールなどのおもちゃに一切興味を示さなかったのだ。

でも、相変わらず稚葉には絶対に手を出さない・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

猫たちで遊ぶのが大好きな悪魔の如き真熊。



人気ブログランキング

うんざりしつつも怒らないであげている猫たち。



【今日の一言】

日ハム、中田翔がFAせずに残留したことで、一桁台の背番号が空かなかったんですよね。
 

| 日常 | 16:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウザい背景

週の真ん中に、こんにちわ。

大相撲界でとんでもない事件が起きてしまいましたね。 ビール瓶での殴打はダメですよ。
740年前の元寇(蒙古襲来)然り、モンゴル人は血の気が多いのでしょうか。 局長です。



――― さて、なんてことはない昨夜のお話。


20171115_ストレスフルな夜1

ちょっと仕事が立て込んでいたため、そろそろ日をまたぐという時間の帰宅となっていた。
そんな俺がリビングに入って、最初に視界に飛び込んできたのが、この光景だ。

かまくら型ベッドを3つも用意しておいたのに、なぜか丸型ベッドを2匹でシェア。



20171115_ストレスフルな夜2

真熊だけは、疲れて帰って来た俺を心配している様子が見て取れた。
優しいヤツだ。

それよりも、たった一日で猫の毛だらけになっているホットカーペットの無残な姿が目に付くが。



20171115_ストレスフルな夜3

俺の帰宅になど気付かず、かまくら型ベッドの中で熟睡していた寿喜も起きて来たが、これは決して俺を労っているわけではなく、早く晩ごはんの用意をしてもらおうと無言の催促をしているだけである。



20171115_ストレスフルな夜4

まぁ、そんな寿喜の厚かましい姿も写真に撮っておくかとカメラで追っていると、今度は膝から崩れ落ちるような光景が「背景」として後方に現れた。



20171115_ストレスフルな夜5

我が家の冬の風物詩、“石油にゃんヒーター” における、今シーズン初の “ダブルス” が展開されているのだ。

それぞれ “シングルス” での活動は開始していたのだが、満を持してこのタイミングでダブルスが。



20171115_ストレスフルな夜6

俺の疲労が倍増している状況を察知したのだろうか。
真熊がさらに心配そうな顔で俺を見つめていた。

呆れるほどに優しいヤツじゃないか。



20171115_ストレスフルな夜7

そんな優しい、『できるかな』(NHK)の “ゴン太くん” みたいなシルエットのポメラニアンの姿もちゃんと写真に納めておこうと、様々な角度からカメラを向けていると・・・・

どうしても背景に写り込む不愉快な “夫婦(めおと)猫” 。



20171115_ストレスフルな夜8

寒ければ寒いなりに、別の幸せを感じているんだろうな、この2匹は。

そんなことより、そこでゴロンしたら猫の毛まみれになるぞ、真熊よ。
こうして、俺の帰宅後の時間は、ホットカーペットのコロコロ掛けから始まるのだった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ちゃんと俺を労ってくれる真熊に愛のクリックを。



人気ブログランキング

俺の疲労なんて微塵も心配しない親不孝ペア。



【今日の一言】

「朝青龍事件」の比じゃない大怪我に発展しているし、こりゃ厳しい処分になりそうですね。
 

| 日常 | 02:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今シーズンの寝床構成

火曜日の朝に、こんにちわ。

巨人のマイコラスにメジャーリーグ復帰の可能性が高くなってきたようで、ピンチです。
ただでさえ打てないチームなのに、二桁勝利投手がいなくなっちゃったら・・・・ 局長です。



――― さて、冬将軍が忍び足で近づいてきている今日この頃。


20171114_日常1

我が家の動物たちも、まるで申し合わせた上で足並みを揃えるかのように、みんなして一斉に動きが鈍くなってきている。

ふと目とやると、必ずかまくら型ベッドの中でぬくぬくとくつろいでいる。



20171114_日常2

暑がりの真熊も、さすがに最近はフローリングの上で寝そべるようなことはしなくなった。
そこまで季節感が狂っているわけではないらしい。



しかし、それ以上に挙動がおかしいのがコイツだ ―――


20171114_日常5

天然猫の寿喜

寒いときの猫は必ず丸くなって、少しでも温かくいようとするのだが、寿喜の場合は少し違って、仰向けになったり、うつ伏せになったり、かまくら型ベッドの中で激しくローリングを繰り返す。



20171114_日常3

にいなや真熊はジッとしているというのに、寿喜だけはシャッターを切るたびにフォルムが違っているのが見て取れるだろう。

くつろいでいるときですら落ち着きがないのだろうか。



20171114_日常6

そして、何かおねだりをしたり、文句を言ったりと、常にしゃべっている。
黙っているコイツを見ることは実に少ない。



20171114_日常4

同じ猫でも、このアスファルトみたいな色をした猫は、寒かろうが暑かろうが、ほぼ動かない。
動かなくてこの色なので、どうしても石像に見えてしまう。



そういえば、今シーズンは新たなベッドを導入した。


20171114_日常7

犬と猫の計4匹に対し、かまくら型ベッドが2つに、ひんやりクールハウスが1つ、丸型ベッドが一つという “寝床” 構成だったのだが、ひんやりクールハウスは文字どおり温かくないのか、実に不人気なのだ。

すると、いつも一匹だけ寝床を失ってしまう形だったので、一つ追加したのだった。



20171114_日常8

オープンになっている個所が多いので、むしろひんやりクールハウスよりも寒いような気がするのだが、真熊は大喜びで一番乗りをしていた。

さらに、速攻で眠気をもよおしていた・・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

黙っている瞬間がない、おしゃべりな寿喜にクリックを。



人気ブログランキング

動物の頭数と寝床の数がようやく合致。



【今日の一言】

マイコラス、メジャーなら2年9億以上ですって。 マネーゲームじゃ米国に勝てませんよ。
 

| 日常 | 01:59 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お婆ちゃん降臨

土曜日の夕方に、こんにちわ。

のっぴきならない事情があって横浜まで出ていたんです。 ついさっき帰宅しました。
今日は 『ポッキーの日』 ですが、それとは関係ない用事だったんです。 局長です。



――― さて、今日の午前中、我が家の庭先でのお話を。


20171111_お婆ちゃん1

今日も関東地方は気持ちいいくらいの秋晴れだった。

お昼前は気温も20℃くらいはあったのではないか。
窓を全開にしていても、リビングはポカポカしていた。



20171111_お婆ちゃん3

猫たちは当然のこと、真熊も日光浴がしたかったのか、窓際に勢ぞろいしていた。

そうそう、太陽光からビタミンDを摂取して健康に過ごしてくれ。
ついでに光合成して酸素を吐き出せば、「地球に優しい動物」という称号を手にできるのに。



20171111_お婆ちゃん2

すると、何かの気配を感じたのか、動物たちが一斉に起き上がった。
窓の外をしきりに気にしている。



20171111_お婆ちゃん4

我が家の庭に、誰かがやって来た。

隣のお婆ちゃん” だ。
「不法侵入」など恐れもせず、庭伝いに普通に出入りするお婆ちゃん。



20171111_お婆ちゃん5

庭だけに、にわかに騒がしくなる動物たち。
日向ぼっこが強制終了となり、全力でお婆ちゃんを歓迎する。



20171111_お婆ちゃん6

恐るべきお婆ちゃんの “動物磁石” 。

砂鉄のように吸い寄せられていく犬と猫たち。
91歳になった今も、その磁力は健在ということだ。



20171111_お婆ちゃん7

3匹共通の思いは、お婆ちゃん宅に遊びに行かせてもらうこと。

必死にアピールするも、数年前から同居している息子さんが猫アレルギーにつき、まずもってにいな寿喜は絶対に叶わない夢なのだ。



20171111_お婆ちゃん8

それでも、最後まで諦めずに食らいつく猫たち。

これでもかというほど甘やかしてもらえるお婆ちゃん宅は、動物たちにとってはオアシス。
なんとしてでも連れて帰ってもらおうと必死だ。



20171111_お婆ちゃん9

そういえば、これまでお婆ちゃんとの絡みが一切なかった稚葉にとっては、あれが誰なのかも知らないし、何ゆえ他の3匹があんなに大喜びしているかも分からない。

なんとなく不機嫌になっていた・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

動物たちを一気に引き付けるお婆ちゃんの磁力。



人気ブログランキング

でも家には入れてもらえずガッカリする猫。



【今日の一言】

横浜に行っていたもんで、こんな時間の更新になっちまったんす。 バタバタした日だ。
 

| 日常 | 16:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

箱猫の心理を突きながらお待ちください

土曜日の朝に、こんにちわ。

昨夜の首都圏は台風かというくらいの、ものすごい強風でしたね。 局長です。
運転中の車ごと飛ばされるんじゃないかというくらいで、ちょっとひるみました。



――― さて、本日の「熊猫犬日記」の更新は、週末恒例で午後までお待ちを。


20171111_お待ちください1

それまでの間は、このどうでもいいお話でお時間をつぶしていただければ。

最近はレジ袋を有料化しているスーパーが多く、代わりに段ボールを自由に使わせてくれるので、箱がたまって仕方ない・・・・なんてことを綴ったことがあったかと思う。



そのスーパーは、こんな勢いで段ボールが選びたい放題なのだ。


20171111_お待ちください2

この日、俺がチョイスしたのは、こいつ。

「なんでそんな細い箱を?」と思われた人も多かろう。
一枚目の写真にある真四角な箱のほうが、確かに使い勝手が良さそうである。



しかし ―――


20171111_お待ちください3

我が家では “二次利用” を考えておかなければならないのだ。

「段ボールを持ち帰る」、すなわち「それに猫が入る」という想定が必要なのだ。
こんな風に。



20171111_お待ちください4

猫たちにとっては、大きな箱は不人気。

小さければ小さいほど、入り甲斐があるらしく人気が高い。
もしくは、どちらか一方向が狭いタイプ。



20171111_お待ちください5

今回は小さな箱では荷物が入らなかったので、後者の「一方向が狭いタイプ」を選んだのだが、やはりリビングに置くと同時に猫たちによる取り合いが始まっていた。



20171111_お待ちください6

大和ハウス 『xevo』 のCMのように、狭いところが大好きな猫たち。

こういった “低い” タイプであれば、猫たちは中で仰向けに寝やすいのだ。
だから、人気を得ることは最初から分かっていた俺。



20171111_お待ちください7

でも、これって人間に例えると、普通のビジネスホテルよりも、「カプセルホテルのほうが好き」という感性だと思うので、やっぱり理解しがたい・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

箱好きの猫に「ポイントは先付けよ♥」のクリックを。



人気ブログランキング

俺は絶対カプセルホテルなんか嫌だけどな。



【今日の一言】

この一週間はあまり雨が降らなかったですね。 ようやく普通の気候にもどったのかな。
 

| 日常 | 07:55 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ