熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

グロッキーな三連休

祝日の夕方に、こんにちわ。

今日が祝日で本当に救われました。 これで仕事だったら使い物にならないオッサンと化していたところでしょう。 10数時間眠ってようやく疲れが抜けた、もう若くない局長です。



――― さて、こんな時間になってしまったので、ちょっと軽めの更新を。


20170320_動物たち1

昨夜、駅伝大会でヘトヘトになったその足で「打ち上げ」と称した飲み会へ。

にも関わらず、この出場の企画者である “ブラザーK” が「今夜はヨガの日だから」などという “意識高い系のOL” みたいなことを抜かして、かなり遅れることに。



20170320_動物たち2

結局、ヤツが合流して30分足らずで解散することとなった。

最初から最後まで踊らされっぱなしだったこの駅伝企画。
疲れ果てて帰宅して、ジャージに着替えてソファに横になると同時に、例によって動物たちが。



20170320_動物たち3

真熊の散歩に行かねばならないので、ほんの一服のつもりで横になったというのに、猫たちにとってはそんなことお構いないのようだ。

完全に俺の上で熟睡しようという動きだ。



20170320_動物たち4

稚葉に至っては、白いグローブでもしているのかというような手を顔に当てながら、俺の上に乗るのとほぼ同時に深い眠りに落ちていってしまった。

おかげでこの体勢のまま20分くらい拘束されることに。



20170320_動物たち5

そして今日の13時前。
ようやく目覚めた俺は、真熊をトイレ(兼)散歩へと連れ出したのち、庭で日光浴をさせていた。

そろそろ本格的な春になるので、芝生のメンテナンスを本格化しなければならない。



20170320_動物たち6

14時からちょっとした野暮用があったので、そのまま車で出掛けることになったのだが、真熊も「一緒に行きたい」アピールをしてきたので、やむを得ず同行させることに。

ただ一時間ほど車に揺られるだけだったが、これで満足だったのだろうか。



20170320_動物たち7

そんなこんなで、俺の三連休はグロッキーな思い出だけが残ることに。

天気もいい春の陽気だったのに、まったくお出掛けに連れていってあげられなかった真熊に、只々申し訳ない思いが・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

留守番ばかりになった真熊に哀れみのクリックを。



人気ブログランキング

白いグローブ姿で熟睡するメス猫にもクリックを。



【今日の一言】

遅ればせながら、昨日の汚れ物を洗濯したので、これから干しますさかいに。
 

| 日常 | 16:29 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

外敵から身を守れ

日曜日の昼下がりに、こんにちわ。

女子のスキージャンプ、もはや高梨沙羅ちゃんには敵なし!くらいに思っていたのに、新星が現れましたね。伊藤有希。 こりゃ平昌五輪が楽しみで仕方ないですね。 局長です。



――― さて、きっと三連休で皆さまお出掛け中だと思うので、なんてことないお話を。


20170319_リビング1

昨夜の我が家のリビング。

ひんやりクールハウス」(冬は暖か)の中でくつろぐ真熊と、まるでそれを守る空想上の生き物、もしくは大統領の脇を固める「SP」かのようなポジショニングでたたずむ猫たちの姿があった。



20170319_リビング2

でも、やっぱりソファの背もたれでは落ち着かないので、「ひんやりクールハウス」(冬は暖か)の中でぬくぬくしたいとでも考えたのか、寿喜が降りてきて中に入ろうとするも・・・・



20170319_リビング3

ここで初めて先約で真熊が中にいたことに気付いたらしい。

別に「SP」業務をしていたわけではなかったのね。
確かに、真熊を守る義理なんてないのだろうが。



20170319_リビング4

当の真熊は、ただでさえ色が真っ黒だというのに、暗いボックスの中に入ってしまっては、もはやカメラではその存在を写し出すことが困難になってゆく。

つまり真熊のボディーカラーは、暗闇で外的から身を守るための保護色として、神が与えたのかもしれない。



20170319_リビング5

仕方ないので、ひんやりクールハウスの上面を開けて撮影してみた。

これならシーリングライトの光も浴びてきれいに写せる。
真熊はビックリしていたが。



20170319_リビング6

一方で、この石みたいな色をした猫は、アスファルト上で外的から身を守るべく神が与えたカラーリングなのだろうか。

もしくは、採石場などで身を隠すためか。



20170319_リビング7

でも、この平和な日本の住宅地で、どんな外敵想定しているのだろうか、神は。

そして、寿喜や稚葉などの柄モノの猫たちは、何にも擬態することができないが、「テメェの身はテメェで守れ」という意味合いなのか・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

真熊の黒さは写真を撮る身には実に迷惑なカラー。



人気ブログランキング

柄モノの猫って、どんな意味があっての進化なのかな。



【今日の一言】

女子は鈴木明子も村主章枝もいなくなっちゃったし。 でも、本田真凜は可愛いですね。
 

| 日常 | 14:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

動物まみれ

土曜日の夕方に、こんにちわ。

いやはや14時過ぎまで寝てしまったのですが、毎度のことながらある一定の睡眠時間を超えると、なぜか腰が痛くなります。 原因はマットレスなのか枕なのか。 局長です。



――― さて、こんな時間になってしまったので、例によって「最近の動物たち」を。


20170318_動物まみれ1

帰宅後、諸々の家事を済ませてようやくソファに横になる俺。

すると、待ってましたとばかりに動物たちが大挙して俺の上に乗ってくるのが、我が家ではデフォルトの光景。



20170318_動物まみれ2

ちなみに、全貌はこうなっている。

4匹全員が俺の上、もしくは横に陣取っているのがお分かりだろうか。
足元には稚葉も乗っており、あぶれてしまった真熊は俺の脇に。



20170318_動物まみれ3

しばらくすると、俺のスネの上に陣取っていた稚葉が、さすがにゴツゴツした寝心地の悪さに気付いたのか、上半身エリアへの移動を試み始めた。

だが、そこには天敵の寿喜が。



20170318_動物まみれ4

結局、ひと悶着はあったものの、にいなが少しズレてあげる形で、こう収まった。

そのやり取りの過程で、寿喜が体勢をチェンジ。
なぜか尻を俺の顔に押し当てるフォルムで、再び寝始めた。



20170318_動物まみれ5

そして、一度は落ち着いたかのように見えた稚葉は、すました顔をしながら実は尻を俺の顔に向けながら、少しずつバックで移動しているのだ。

前にも似たようなことがあったが、何ゆえ猫は人の顔に尻を密着したがるのだろうか。



20170318_動物まみれ6

何よりも、シッポで俺の顔をコショコショするのをやめてもらいたい。
たまにペチっと叩いてくるときもあるのだが、なんの意思表示なんだ、一体。



20170318_動物まみれ7

そういえば、昨日の記事から真熊が一切写っていなかったことに気付いたので、この証明写真ばりのカットを載せておこう。

なんてシンメトリーに整った山型のシルエットなんだ。



20170318_動物まみれ8

あと半月もすれば、いよいよ10歳の大台に到達してしまう真熊。
外見も動きもまだまだ若く見えるというのに、もうそんなジジイになっていたんだな。



20170318_動物まみれ9

こうすると、富士山に見えるな、真熊よ。
日本犬よりも日本を表現しているじゃないか。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

地味にポジション争いを繰り返す猫たちにクリックを。



人気ブログランキング

全身で富士山を表現しているような真熊にもクリックね。



【今日の一言】

腰は痛いが、寝不足は解消。 そういえば三連休だったんですね。 得した気分だ。
 

| 日常 | 16:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウィークエンドのアフターヌーン

寝不足の朝に、こんにちわ。

WBCが熱すぎますね。 史上最弱という下馬評を覆して、むしろ史上最強のような気もしてきた今回の日本代表。 おかげでブログの更新も時間が遅くなり、生活が乱れている局長です。



――― さて、そんなこんなで本日はどうでもいいお話で、軽めの更新を。


30170316_まったり1

いつかの週末、我が家のアフターヌーン(午後)。

石みたいな色をした猫が窓際で、行き倒れているのか、それとも日向ぼっこをしているのか、実に見分けが難しい姿で横たわっていた。



30170316_まったり2

一方、ソファの上では黒い毛むくじゃらの生き物が、今まさに眠りの世界へ堕ちていこうとしているタイムリーな姿を見せていた。

もう目を開けているのも限界だという状況が、手に取るように分かる。



30170316_まったり3

遠目には「乱雑に脱ぎ捨てられた長髪のヅラ」にしか見えない真熊。
すぐにカメラ目線すらキープできなくなり・・・・



「探し物はなんですか」ばりに、夢の中へと逃避行してしまった。


30170316_まったり4

その後ろでは天然猫の寿喜が、真熊よりも一足お先に夢の世界に「ドロン」していた。

俺が額に汗して働いている平日ですら、ずっとこんな調子で過ごしているのかと思うと、意味もなくごはんの量を減らしてやろうとかと考えてしまう。



30170316_まったり5

時は流れて数時間後。
辺りはとっくに夜となっていたが、真熊と寿喜は相変わらずソファの上で拭抜けていた。

一日中寝ていたくせに、きっちり散歩だけは催促してくるところが生意気である。



30170316_まったり6

それどころか、夜ごはんまで。

ほとんど動いていないくせに、一丁前に腹が減るなんて、どういう燃費の悪さだ。
ガソリンを撒き散らしながら走ると言われた、一昔前のアメリカ車か。



30170316_まったり7

真熊と同じく日がな一日ごろごろしていただけで、生産性のある行為は何一つしていなかった猫たちまでが、俺に無言のまま夜ごはんを催促してきている。

何様のつもりなのか、彼奴らは。



30170316_まったり8

『フランダースの犬』 のパトラッシュは、リヤカーを引っ張って牛乳缶を運ぶという労働を提供した報酬として食事を得ていたが、我が家の4匹は牛乳缶どころか「ヤクルト」すら運ぶことができない “穀つぶし” らしい。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

この日の寝顔は全然可愛くなかった真熊にクリックを。



人気ブログランキング

こっちの行き倒れている猫にも同情のクリックを。



【今日の一言】

投手陣も頑張っているけど、野手陣がよく打ってますね。 筒香はすご過ぎますな・・・・
  

| 日常 | 02:15 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬と猫の不思議な関係

新しい週に、こんにちわ。

昨夜はWBCのオランダ戦があまりにも心臓に悪い試合展開で、21時まで飲みに出ていたのに、帰宅後にテレビ中継を観始めたら一気に酔いが覚めてしまいました。 局長です。



――― おかげで、すごいグッタリしてしまったので、本日はやや軽めの更新に。


20170218_動物たち2

当ブログでは、もはやお馴染みとなったこの2匹の相思相愛ぶり。
にいな” と “稚葉” の夫婦(めおと)猫による抱擁。

我が家に4匹いる動物たちの中で、この2匹だけは常に一緒にいるようになってしまった。



30170313_真熊&寿喜1

でも実は、こちらの2匹はもっと前から仲が良かったのだ。

天然猫の “寿喜” と、真っ黒な毛むくじゃら “真熊” の異種コンビ。
思えば、寿喜が我が家にやって来た一週間後には、もうこの仲はでき上がっていた。



30170313_真熊&寿喜2

この「かまくら型ベッド」の中に、にいなと稚葉が2匹一緒に入っている姿をレポートしたことがあったが、この2匹もこうして一緒に入っていることがちょいちょいあるのだ。



30170313_真熊&寿喜5

とはいえ、暑がりの真熊が後から入ることはない。

真熊が一人で入ってくつろいでいるところに、その真熊で暖を取ろうと目論む寿喜が後から入ってくるという図式なのだ。



30170313_真熊&寿喜3

本当は暑くてすぐに出たいはずなのに、一応寿喜が暖を取れるまで付き合ってあげる真熊。

しかし、いつ見ても “犬と猫” という種の違いを感じさせない関係性だ。
寿喜は犬みたいな性格だから、真熊も接しやすいのだろうか。



30170313_真熊&寿喜4

にいなと真熊も仲が悪いということはないし、それどころか9年半という長い付き合いなのだが、とはいえ真熊は寿喜とのほうが気が合うらしい。

そういえば、真熊の子供の “志熊” も寿喜のことが大好きだ。
寿喜の前世はきっと犬だったんだろうな。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

種族を超えた信頼関係があるらしい寿喜と真熊。



人気ブログランキング

猫とは仲が悪くても真熊とは仲良しの寿喜にクリックを。



【今日の一言】

WBCの心臓に悪い試合のせいで、こんな時間に更新することに。 生活が乱れちまった。
  

| 日常 | 03:48 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ