熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

≫ EDIT

大阪のオバチャン

どんよりとした天気の朝に、こんにちわ。

やはり長くつづく安倍政権一強の状態による気持ちのゆるみなのか、自民党の不祥事がノンストップですね。 毎日そんなニュースばかりでウンザリです。 わりと社会派の局長です。



――― さて、一体いつまでつづくんだ、「大阪で会いましょう・再び」レポートの続編。


20170629_大阪のオバチャン1

第一陣から第三陣まで、かなりの人数が集まり始めていたこの企画。
時刻も12:00になろうとしていた頃、快晴の鶴見緑地にこの人も駆け込んできた。



20170629_大阪のオバチャン2

絵に描いたような、教科書のような、模範的な、典型的な、お約束的な・・・・

どういった形容詞が適切なのか悩んでしまうが、とにもかくにも「大阪のおばちゃん」の代名詞、“りくママ” さんがやって来たのだ。



20170629_大阪あるある事件簿

【 その① 】

20170629_大阪のオバチャン3

多分、ファーストコンタクトで発した言葉は、
まいど、局長! 生きとったか!
だったと思う。

テレビでも紹介していたが、大阪の人は久しぶりに会った際は必ず「生存確認」をするのだ。




20170629_大阪のオバチャン4

あえて物足りなさを挙げるとすれば、ヒョウ柄の服でないことくらいか。
その大阪のおばちゃんが、何やら怪しい生き物を連れていた。



20170629_大阪のオバチャン5

熱帯雨林地域に生息していそうな黒いサル。
長い手をシッポを器用に使って、木から木へと移動するような、黒くて小さなサル。

そんな生き物を連れて「どうなん?最近」みたいなことを言ってくるのだ。



20170629_大阪のオバチャン6

でも、よくよく話を聞いてみると、“猿期” ど真ん中の黒いポメラニアンなのだと言う。
確かに、言われてみればそう見えないこともない。



20170629_大阪のオバチャン7

名前は、“そら” 。
「りく」に対し、「そら」。

大阪のおばちゃんらしくない、実にドリーミングな命名で、口に入れていた「源氏パイ」が思わず地面に落ちたほどだった。



20170629_大阪のオバチャン9

ちゃんと抱っこしてみると、ジャングル系の獣臭はなく、仔犬のニオイがした。
やっぱりポメラニアンらしい。

そう思うと、途端に可愛く感じてくるから不思議だ。



20170629_大阪のオバチャン8

りくは相変わらず短髪で涼しげなビジュアルだった。
そしてよく笑っていた。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

真熊の猿期を思い出していた局長に愛のクリックを。



人気ブログランキング

笑いっぱなしの可愛いコイツにもクリックを。



【今日の一言】

まぁ、安倍政権の問題って、野党がだらしないって側面もあるんですよね・・・・
 


20170615_ダニエル・ウェリントン4
また 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 15%割引クーポンあるよ!
 

| 会いましょう企画 | 07:38 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さらに集まる犬たち ~第三陣つづき

週の真ん中に、こんにちわ。

日本ハムの大谷がようやく代打で復帰しましたね。 これだけの日数を要したということは、想像以上に重症だったんですね。 それはそうと「ハンカチ王子」は一体・・・・ 局長です。



――― さて、本日も懲りずに「大阪で会いましょう・再び」レポートの続編を。


20170628_第三陣1

時刻も11:30を回ると、この日のバトルフィールドである鶴見緑地の「パーゴラ広場」はさらに多くの人と犬とでにぎわい始めていた。

次から次へと関西の読者さんが「どうも~!」みたいなノリでやって来てくれるのだ。



20170628_第三陣2

まずは、いわゆる “柴犬カット” にしたこの子。

でも、こうして不純物ゼロのリアルな柴犬と横並びにしてみると、実際はそのディテールにかなり大きな相違があることが分かった。



20170628_第三陣3

レミオロメンよろしく “粉雪”(こゆき)とも「モノクロ・コミュニケーション」を図っていた。
きっと無彩色の生き物にしか分かり合えない何かを感じたのだろう。



20170628_第三陣4

名前は “ポン” 。

麻雀でいうところの、相手の捨て牌により同じ牌が三枚そろうときに「哭く」(なく)言葉である。
より詳しく知りたい人は、漫画 『哭きの竜』 を「Amazon」で購入して勉強してほしい。



20170628_第三陣5

そんなことより、あの被毛を刈り込んだ姿が柴犬に似てないとなると、結局は何がもっとも近い姿なのかと(まったく必要のないことかもしれないが)あれこれ考えてみた。



20170628_第三陣6

俺の中での結論としては、洗濯洗剤 『ファーファ』 のマスコットのぬいぐるみだろうか。
この真熊の真っ黒くてボウボウの風貌からは程遠い存在だが・・・・



20170628_第三陣8

なんてことを一人考えていたら、真熊を無理やり「ファーファ」に寄せたような生き物が俺の前に現れた。

どこかで見たことあるような、この “黒ファーファ” 。



20170628_第三陣9

前回も来てくれた、柴犬というよりは「甲斐犬カット」の “やまと” だ。

しかも、いつの間にやら家族が増えたのか、初期のミッキーマウスみたいなカラーリングのポメラニアンも一緒だ。

※後方で立っているのは、“つのだプロ” がお守りをさせられているトイプードル



20170628_第三陣10

真熊を刈り込んだら、きっとやまとのようなビジュアルになるのだろう。

でも、刈り込んだはいいが万が一毛が伸びてこなかったら困るので、“サヨ” ちゃんをそそのかしてタヌキを刈り込んで「こげ茶色のキツネ」にトランスフォームさせてみようか。



20170628_第三陣7

前回の「フォトコンテスト」で最優秀賞に輝いたファミリーの “ニコラス” もやって来た。
全然関係ないが、真熊の犬友達に “ニコライ・ニック・ニクソン” という大型犬がいる。



20170628_第三陣11

まだお昼前の段階でこの調子なので、最終的にはどれくらいの犬たちが集まってくれるのやら。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

今日は犬が多いな・・・くらいに思っているであろう真熊。



人気ブログランキング

集まり続ける愛くるしい犬たちにもクリックを。



【今日の一言】

セ・リーグは阪神タイガースの大ブレーキで、広島カープの独走がスタートか・・・・?
 


20170615_ダニエル・ウェリントン4
また 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 15%割引クーポンあるよ!
 

| 会いましょう企画 | 07:28 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

毎年会っているファミリー

雨の朝に、こんにちわ。

ローソンでお弁当を物色していて、スパゲッティにハンバーグが乗ったものを見付けたとき、二重の喜びを感じました。 完全に食べ物の好みが子供のままの局長です。



――― さて、本日もいってみよう、「大阪で会いましょう・再び」のレポート続編。


20170627_雷ファミリー1

スタートから小一時間後の11時過ぎ頃に集まり始めた「第三陣」の読者さんたち。
その中に、今回もこのファミリーが来てくれていた。



20170627_雷ファミリー2

“雷” と書いて「いかずち」ではなく「らい」という変わった読み方をするチワワたちを連れた “ちゅーちゃん” ファミリー。



20170627_雷ファミリー4

京都在住の一家だというのに、よくよく考えてみると毎年会っている。
では、まったく必要ないと思うが、その歴史を紐ひも解いてみよう。



20170627_雷ファミリー8

2011年 「サザオフ2011
2012年 「サザオフ2012
2013年 「サザオフ2013
2014年 「熊猫犬オフ会
2015年 「大阪で会いましょう
2016年 「京都で会いましょう



20170627_雷ファミリー9

てっきり近所に住む一家くらいの感覚になってしまっていたが、実際は「うち、住まいは京都どすえ~」なのだ。

関西の愛犬家は総じて距離感覚がおかしなことになっているものだ。



【距離感覚が麻痺してしまっている関西の三大愛犬家】


■ まぁさん

20170627_雷ファミリー10

主な遠征歴 「熊猫犬オフ会」 「サザオフ2016」 「東北で会いましょう



■ パン家

20170627_雷ファミリー11

主な遠征歴 「熊猫犬オフ会」 「テレビ収録



■ ちゅーちゃん

20170627_雷ファミリー12

主な遠征歴 上述のとおり
 




20170627_雷ファミリー3

そんな遠距離を隔てて、織姫と彦星の如く年に一度だけ会う仲だというのに、この “雷” は俺に抱っこされると、決まってメンタルを病んでいるかのような、テンション水面下の如き浮かない表情をするのだ。



20170627_雷ファミリー5

確かに、本人が望んで会いに来ているわけではないのだろうが、いい加減、再会を楽しむ間柄になれないものか。



20170627_雷ファミリー6

雷の他にも、隻眼の子を始めバラエティに富んだキャラクターが揃っているようだが、みんな頑なにカートから降りてこない。

仕方ないので、逆に真熊からカートに乗り込ませてみた。



20170627_雷ファミリー7

そう、この日三度目の「カートジャック」だ。

お分かりいただけるだろうか、この真熊とチワワたちの温度差。
ビックリするくらい歓迎されていない・・・・



20170627_雷ファミリー13

実は数年間にわたり毎年会っているというのに、まったくもって心の距離が縮まらない神奈川と京都の犬たち。

「京都守護職お預かり」として活躍した新選組の羽織を着用しているというのに、肝心な京都の犬たちがそれを受け入れないのが、そもそもの問題だろう。



20170627_雷ファミリー14

きっと来年も、どこかで会うことになるだろうから、そのときにはもう少し仲良くできればいいのだが・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

片っ端からカートジャックを図る真熊にクリックを。



人気ブログランキング

スーパーのカートでもいいから欲しいな・・・・



【今日の一言】

ハンバーグ、カレー、スパゲッティは今でも 俺の三大フェイバレットメニューだ。
 


20170615_ダニエル・ウェリントン4
また 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 15%割引クーポンあるよ!
 

| 会いましょう企画 | 03:32 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第三陣

新しい週に、こんにちわ。

今週はずっと雨のようです。 遅ればせながら梅雨が本気を出し始めたのでしょうか。
天然パーマネントの人間にとっては厄介な一週間になりそうです。 局長です。



――― さて、今週も「大阪で会いましょう・再び」レポートの続編を。


20170626_第三陣1

夏日だったこの日、集まってくれた読者さんの熱気と比例して、気温もグングンと上昇していた。

そして、11時を回ったあたりから、「第三陣」となる読者さんたちが次々と鶴見緑地へやって来て、バトルフィールドとしていた「パーゴラ広場」はさらなる盛り上がりを見せていた。



20170626_第三陣2

そこへ現れたのが、このファミリー。
可愛らしい顔をしたオレンジとホワイトのポメラニアンが計3匹。



否(いな)、ポメラニアンだけではないのだ。


20170626_第三陣4

まさかの柴犬、“ナナ” も一緒だ。
ちなみに、ポメラニアンたちは初見ではないのだ。

前回の「大阪で会いましょう」の翌日に、同じ鶴見緑地で会った天使のような可愛い寝顔を見せてくれた “レモン”(右端)のファミリーなのだ。



20170626_第三陣3

さらに、もう1組のファミリーも一緒に。
“みゆ”。

この子もずっと笑顔で可愛らしかった。



20170626_第三陣5

舌をしまい忘れるマイペースなレモン。
何か珍しいものでも見るかのような目で真熊を見つめている。

その後ろで、なぜかカメラ目線をキメている俺。



20170626_第三陣6

みゆは、よく見ると眉毛のようなものがある。
そして、常に笑っている。



20170626_第三陣7

我が国に、恐らくもっとも数多く存在しているであろう日本犬、柴犬。

にも関わらず、これだけ朝からポメラニアンばかり見ていると、逆に珍しい犬種に見えてしまうから不思議なものである。



20170626_第三陣8

この子たちも、前回につづき今回も来てくれた。

“愛の助” と “ジェイ”。
柴犬カットなのだが、カラーリング的に甲斐犬のように見えてしまっている。



20170626_第三陣9

確か2匹とも真熊より年上のシニア犬。
でも、まだまだ元気にこうして会いに来てくれるのが嬉しい限りだ。

真熊共々、長生きしていこう。



20170626_第三陣10

前回のレポートでも紹介した、レミオロメンよろしく “粉雪”(こゆき)。
「黒ポメ」というより、「グレーポメ」っぽいカラーリングだ。



20170626_第三陣11

名前を控えそびれてしまったのだが、このオレンジカラーの子も関西のノリの良さを体現したようなポメラニアンだった。



20170626_第三陣12

しかし、皆さんから送っていただいた写真を見ると、真熊はおやつを食べてるものばかりだった。

俺に隠れて、どれだけおねだりしてやがったのか。
そういえば、二本足立ちの写真も多かったな・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

第三陣の愛くるしい犬たちにも歓迎のクリックを。



人気ブログランキング

10代の「大人のポメラニアン」たちの集い。



【今日の一言】

首の痛み、むち打ちのような感覚なんだけど、知らないうちにラリアットでも食らったのかなぁ。
 


20170615_ダニエル・ウェリントン4
また 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 15%割引クーポンあるよ!
 

| 会いましょう企画 | 02:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

真熊の選択肢

日曜日の夕方に、こんにちわ。

九州につづき、長野でも大きな地震が起きているようですね。 局長です。
被害が広がらなければいいのですが。 自然災害は怖いですよね。



――― さて、忘れた頃に綴る「自宅ドッグラン」メンテナンス・レポート。


20170625_自宅ドッグラン1

昨年11月3日(祝)の写真。

この日はとくに作業はしていなかったが、真熊の散歩から帰ってくると、なんとなく消化不良っぽい目で俺を見つめてくるもんだから、仕方なく庭でも遊ばせてやることに。



20170625_自宅ドッグラン2

どうやら散歩で運動した後は、“隣のお婆ちゃん” に遊んでもらおうという魂胆らしい。

普通の犬なら散歩だけでも満足するはずなのだが、真熊の場合はそれ以上を望んでやがる。
贅沢に育ってしまった。



20170625_自宅ドッグラン3

塀際の陽が当たらないエリアは相変わらず雑草の温床となっている。



20170625_自宅ドッグラン4

とくにこの「チドメグサ」はしぶとく、除草剤くらいではなかなか死滅してくれない。

チドメグサってことは「血止め草」?
本当にそんな効能があるのだろうか。



20170625_自宅ドッグラン5

真熊は辛抱強くお婆ちゃんが出てくるのを待っている。

まるで、現代の忠犬ハチ公だ。
待っている相手が飼い主でないことが問題だが。



20170625_自宅ドッグラン6

前回の芝刈りで、ようやく元の姿を取り戻した花壇には、スイセンが芽を出していた。
実にナイスタイミングで芝刈りをしたらしい。



20170625_自宅ドッグラン7

いくら待てどもお婆ちゃんが出てきてくれないので、ようやく諦めたらしい真熊。
トボトボとこちらに戻ってきた。



20170625_自宅ドッグラン8

つまらなさそうだ。

俺と一緒にいるだけでは、何一つ面白くないということだろうか。
なんて失礼な態度だろう。



20170625_自宅ドッグラン9

ものすごく切なげな目でお婆ちゃん宅を見つめる。
真熊の中には、俺と遊ぶという選択肢は一切ないのだろうか。



20170625_自宅ドッグラン10

誰のために、あんなに苦労してこの「自宅ドッグラン」を整備したと思っているのか。
「プラレール」でも大量にセッティングして、二度と遊べないようにしてやろうか。



20170625_自宅ドッグラン11

どうやら「もはや遊び相手はこの人しかいない」と気が付いたらしい。

真熊の選択肢の中で、最下位にいるらしい俺。
誰のおかげで毎日ごはんが食べられているのか、再教育する必要があるらしいな。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

お婆ちゃんがと遊べなかった真熊に残念のクリックを。



人気ブログランキング

少しは父上への感謝を態度で示せ。



【今日の一言】

しかも、西日本では記録的な大雨のようですが、大丈夫でしょうか。
 


20170615_ダニエル・ウェリントン4
また 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 15%割引クーポンあるよ!
 

| 自宅ドッグラン計画 | 16:47 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ