熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

≫ EDIT

キャンプ場探索

飛び石連休イヴに、こんにちわ。

思えば今日は「いい夫婦の日」じゃないですか。 数年前はこの日にトラウマじみたものがあったような気がしますが、今となっては信じられませんな、そんな過去が。 局長です。



――― さて、本日も11月4~5日に満を持して決行したキャンプのレポート続編を。


20171122_CAMP1.jpg

チェックイン時刻であった11時から、場所取り、テントの設営、寝床の準備、荷物の搬入、焼きそばランチ・・・・ という幾多の作業を経て、実に3時間半もの時間が流れているにも関わらず、一向に笑顔を見せてくれないこの日の真熊



20171122_CAMP2.jpg

このままテントにいてもきっと何も変わらないだろうと思い、もっと “お出掛け感” をくすぐってやるべく、ひとまずキャンプ場内を探索してみることに。

しかし真熊は、もはや立ったまま寝てしまうんじゃないかというほど眠そうな顔を見せる。



20171122_CAMP3.jpg

一般的なキャンプ場は、当然だが宿泊方法はテントのみではない。

頑張ろう・・・・ 否(いな)、バンガローを利用するキャンパーたちも多い。
当の俺も、これまではバンガローでの宿泊がほとんどであった。



20171122_CAMP4.jpg

そんな、やたら急斜面に建てられたバンガローエリアに来てみるも、仏頂面のままの真熊。
どう見ても自宅の近所と間違えるような風景でもないが、何ゆえこんなにローテンションなのやら。

テントの設営中、一人でずっと助手席で寝かせされたことで、凹んでしまったのだろうか。



20171122_CAMP5.jpg

真熊の奥に見えるのは、共用の炊事場。
キャンプ場の基本的な設備だ。



そのまま奥へと歩を進めると、川に出た。


20171122_CAMP6.jpg

本来なら、ここに掛かる橋を車で渡り、このテントエリアへと入るのだが、この少し前、恐らく衆院選の日に直撃した台風によって橋が丸ごと流されてしまったらしい。



20171122_CAMP7.jpg

おかげで管理事務所に行くにも車で遠回りせざるを得なくなっていたのだが、すでにお酒を飲んでしまった俺は、もはやこの川向うに行く術が皆無となっていたのだった。



20171122_CAMP8.jpg

実はよりによって「チャッカマン」を忘れてきてしまっていたので、売店を兼ねた管理事務所で買うか借りるかしたかったのだが、それも叶わなかったのだ。



20171122_CAMP9.jpg

このように、水かさの増加で橋をも押し流してしまった危険な川らしいが、この日のような穏やかな気候のときは実に美しい景色となる。

青いきれいな水が輝いている。



20171122_CAMP10.jpg

相変わらず睡魔に襲われているのか、こんなリスキーな場所で大あくびをぶちかます真熊。
しかし、この大あくびが何かのスイッチをオンにしてくれたらしい。



20171122_CAMP11.jpg

ついに真熊に笑顔が。

川の青さと、山々の緑、紅葉の赤といった彩りに、ようやくお出掛け感を覚え始めたのだろうか。
そうそう、せっかく連れて来ているんだから、楽しんでもらわないと。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

最後の最後に笑顔を見せた真熊にクリックを。



人気ブログランキング

ようやくお出掛け感が出てきたらしい。



【今日の一言】

「いい夫婦の日」がまったく気にならないくらい充実した毎日を過ごしているんですね、俺。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 真熊のキャンプ | 03:06 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

焼きそばとスマイルレス

寒空の朝に、こんにちわ。

日馬富士の暴力疑惑事件が迷走化していますね。 貴乃花親方の思惑も読めないし。
いずれにしても閉鎖的で特有な世界ゆえに起こる事故なんでしょうね。 局長です。



――― さて、我が家の “節目” となる日がつづいてしまったが、例のレポートを再開。


20171121_キャンプ1

そう、毎日ゝ降りつづく雨に踊らされて延期を繰り返していたものの、ようやく訪れた秋晴れの連休に決行することができたキャンプレポートの続編である。



20171121_キャンプ2

三連休の二日目、11月4日(土)にやってきた某キャンプ場。

紅葉まではもう少しといった色付き具合だが、雰囲気はいい。
こうして見ると、俺の車も秋っぽいカラーリングじゃないか。



20171121_キャンプ3

周辺のキャンパーたちを見てみると、開放型のタープのみを張って、就寝は車という人。
または、寝るためだけの小さなテントと、タープを別々に張る人・・・・

皆さんそれぞれスタイルが違っていて、いろいろ勉強になる。



20171121_キャンプ4

テントも無事に設営し、シュラフやエアマットも敷いて寝床も準備できたところで、気が付けば時間も14時近くになっていたので、とりあえず一杯引っ掛けながら次の行動に。

真熊は、尚も状況が理解できないのか、硬い表情をしている。



20171121_キャンプ5

ランチタイムだ。

小さいカセットコンロを持参し、「マルちゃん」の焼きそばと、野菜炒め用のパック、ウィンナーという3点セットで文字どおり焼きそばを作る。



20171121_キャンプ6

きっと味は至って普通なのだろうが、雰囲気的にやたらと美味しかった。
そして、食後のコーヒーを。

後方から視線を浴びせてくる真熊にも、当然おやつを食べさせていた。



20171121_キャンプ7

ちょっとミーハー(※)感もあるが、「スターバックス」のドリップパックを。
日本人は異常なまでにスタバと「iPhone」が大好きな民族である。

※アッパー層の言葉に置き換えると 「ミーちゃんハーちゃん」。



20171121_キャンプ8

美味い・・・・

これも、いつもどおりの味なのだろうが、完全に気分酔いだ。
無機質なアルミのカップで飲むというのも、高ぶる気持ちを後押しするのだろう。



――― キャンプのレポートはここまで。 以下、別件バウアー。


20171121_寿喜1

昨日は “寿喜” にお祝いコメントをありがとうございました。

我が家に来て丸9年。
本日から、節目の10年目に投入。



20171121_寿喜2

昨夜も、夜の運動から帰宅した俺の髪を毛づくろい。
俺の髪はいいから、まずもって自分を毛づくろいしろ。



20171121_寿喜3

まぁ、これも寿喜なりの愛情表現だと思うので、ありがたく受け取っておこうか。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

どうにも笑顔を見せてくれない真熊にクリックを。



人気ブログランキング

本日で10年目を迎える寿喜にも愛のクリックを。



【今日の一言】

どうも格闘技系の世界は暴力沙汰が多いですよね。 それでも以前よりは少なくなったのかな。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 真熊のキャンプ | 07:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寿喜の9周年 【動画あり】

新しい週に、こんにちわ。

小池都知事が党代表を退いたことで、希望の党は完全に民進党が名前を変えただけの政党になっちゃいましたね。 なんだったんでしょう、これまでの政争は。 局長です。



――― さて、毎年恒例の流れだが、“千寿” の命日、11月19日の翌20日といえば。


20171120_寿喜5

そう、天然猫 “寿喜” が我が家にやって来た日である。

毎年のことながら、命日という悲しい日と、「家族になった日」というおめでたい日が二日つづくという複雑な季節なのだ。



20171120_寿喜4

隣のお婆ちゃん” の明らかな勘違いの末に、無理やり保護させられた寿喜。

我が家に来る前も、間違いなく犬と一緒に暮らしていたであろう、この犬慣れ具合。
否(いな)、性格自体が猫よりもかなり犬に近い。



20171120_寿喜6

9年前のこの日、俺が保護したことで野良猫キャリアを強制的に終了させられてしまったのだが、どうやらその瞬間に “緊張感” とか “警戒心” といった概念を捨ててきてしまったらしい。



20171120_寿喜2

ホットカーペットの上でこの “ゴロゴロ” をするたびに、黒いカラーがグレーになるくらい毛まみれにされるのだが、それもこれも猫の基本的な習性である “毛づくろい” をほとんどしないから。



20171120_寿喜8

そんな猫らしさゼロで、犬寄りの性格ゆえか、真熊からも “志熊” からもちょっかいを出されまくる日々がつづくも、あまり反撃もせずにじっと我慢する忍耐強さも持ち合わせている。



20171120_寿喜3

まぁそれも、下手に相手をしてしまうと、真熊親子のテンションが余計に上がってしまい、ちょっかいが泥沼化してエンドレスにつづくということをこれまでの数年間で学習してきたゆえなのだが。



20171120_寿喜7

その優しさゆえか、今年に入ってからは “稚葉” からも攻撃されるようになってしまった。

さすがにそれはストレスだったのか、体重が落ちて顔もコケてしったのだが、稚葉を厳しく叱ることで理不尽な攻撃もほぼなくなり、最近では顔の丸さも戻ってきた。



20171120_寿喜10

そういえば、昨日は千寿の命日だったので、墓前には大好物だった柿や干し芋をお供えしていたのだが・・・・・



20171120_寿喜1

明らかに干し芋を狙っている様子の寿喜。
そ~っと近づいてゆく。



しかし、そんなことは想定済みで目を光らせていた俺が注意すると ―――



「別に狙ってなんかいない」と反論してくる。
バレバレだというのに。



20171120_寿喜9

そんなこんなで、9周年おめでとう。

千寿の死と同様、早いものだ。
これからも元気に長生きしてくれ。



もう一つ、寿喜のヘンなところ ―――



お腹が空いているとき、且つごはんを要求するも俺がくれなかったとき。
空想の世界で何かを食べ始めるらしく、ずっと口をくちゃくちゃしているのだ。

我が家に来たときからずっと変わらない、寿喜のおかしな習性。



真熊に突き飛ばされても、仲良くしてやってくれよ。








ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

晴れて9周年を迎えた寿喜にお祝いのクリックを。



人気ブログランキング

猫には嫌われるが、なぜか犬からは大人気。



【今日の一言】

寿喜は、なぜか毎日俺の髪を毛づくろいしてくれる。 自分にはしないくせに・・・・
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

インスタグラムは猫ばっかりです・・・・

| 寿喜 | 02:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

千寿の没後9年…

日曜日の朝に、こんにちわ。

衝撃の寒さです。 思えば小学生時代って、必ずクラスに数名ほど真冬も半袖・半ズボンで過ごす季節感ゼロのヤツがいましたよね。 今では考えられないです。 局長です。



――― さて、賢明な読者のアナタなら気付いているかと思うが、本日は11月19日。


20171119_千寿2

そう、我が家の動物たちの長男、アライグマの “千寿” の9回目の命日である。

気が付けばもう9年の月日が流れているようだ。
本当にあっという間で、まったく実感がない。



20171119_千寿1

見かけによらず凶暴なため捨てられる子が続出し、野生化による生態系への影響が大きな問題となってしまい、今では飼育不可となってしまったアライグマ。

しかし、俺にとっては凶暴な面も含めて可愛いヤツだった。



20171119_千寿3

こうして写真で振り返りながら、唯一残念に思うのは、千寿と過ごした時代について。

今のようにスマホで簡単に動画を撮れる技術がなかったので、解像度の悪いデジタル写真こそ残っているものの、千寿の動く姿をほとんど残せていないのだ。



20171119_千寿4

千寿のことを忘れるつもりなんて微塵もないし、むしろ何一つ忘れたくなんてないのに、時間というものは実に残酷で、どうしても少しずつ記憶が薄れていってしまう。

振り返るにも、こうした写真しかないのが、今さらながら悔やまれる。



20171119_千寿7

でも最近は、アライグマの飼育が許されている国々の人たちがアップするインスタグラムの動画があるので、アライグマの独特な動きや仕草を見ることができて、「そうそう、千寿もそうだった」なんて思い出すことが多々ある。



20171119_千寿5

愛情表現の仕方は犬や猫とは少し違うものの、遊ぶのが好きなところや、甘えん坊な一面は実に可愛いので、日本では歓迎されない存在になってしまっても、海外では変わらず愛してもらっているのが本当に嬉しい。



20171119_千寿6

当ブログ 『熊猫犬日記』 の “熊” の部分を担うアライグマの千寿。

14年間という幸せな時間をありがとうよ。
つまり、出会ってから23年が経つなんて驚きだが、これ以上記憶が薄れてしまいませんように。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

たくさんの愛と癒しをくれた千寿にクリックを。



人気ブログランキング

もう9年が経つなんて早い、早すぎる。



【今日の一言】

小学生時代、半袖じゃなくても半ズボンで越冬するヤツはけっこう多かった覚えが。
 

| 千寿[回想] | 07:53 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週末の動物たち【動画あり】

土曜日の夕方に、こんにちわ。

清宮くんが日本ハムと契約合意したようですが、背番号に話題が集まっていますね。
佑ちゃんの「1」をなんて話もありましたが、さすがにそれは酷ですよ・・・・ 局長です。



――― さて、こんな時間になってしまったので、週末恒例の「動物たちの日常」シリーズを。


20171118_動物たち1

コロコロ掛けが追い付かないくらい猫たちの毛にまみれたホットカーペット。
その上でくつろぐ真熊にも猫の毛が容赦なく絡みついてしまいそうだ。

こんなに抜けるなら、最初から生える量を減らしてほしい。



20171118_動物たち2

これらの毛の大半は、おそらくコイツの毛である。

毛づくろいをほとんどしない、ズボラな猫、寿喜
猫はきれい好きだというが、どうやらそうではない猫もいるようだ。



20171118_動物たち3

ソファで寝落ちしたときに凍えないよう、念のため常備している毛布も、猫たちにとっては都合のいいアイテムになってしまう。

にいなのアスファルトみたいな色の毛が、たくさん付着してしまうのだ。



20171118_動物たち4

稚葉みたいに、ちゃんとかまくら型ベッドの中で寝てくれればいいものを。

何ゆえいろいろな場所へ遠征しては毛まみれにしれくれるのやら。
迷惑極まりない行為だ。



そんな2匹の猫たち、にいなと寿喜に制裁を加える真熊の動画をご覧あれ。



突き飛ばしたり、押し倒したり、背中から覆いかぶさったり・・・・
猫たちがあまり抵抗しないのをいいことに、やりたい放題の真熊。

相手をすると余計に面倒なことになるからと必死に耐える猫たちの姿が健気だ。




猫たちで遊んで満足したのか、食後の歯磨きガムを美味しそうに食べる真熊。
寒さで猫たちの動きが鈍くなってきているが、そんなのお構いなしで日々楽しんでいるらしい。



20171118_動物たち5

こうして遊び相手がいるせいか、真熊は幼少の頃からボールなどのおもちゃに一切興味を示さなかったのだ。

でも、相変わらず稚葉には絶対に手を出さない・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

猫たちで遊ぶのが大好きな悪魔の如き真熊。



人気ブログランキング

うんざりしつつも怒らないであげている猫たち。



【今日の一言】

日ハム、中田翔がFAせずに残留したことで、一桁台の背番号が空かなかったんですよね。
 

| 日常 | 16:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ