熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

≫ EDIT

おじさんとスポーツドリンク

木曜日の朝に、こんにちわ。

安室奈美恵の引退発表なんて衝撃ですね。 我々世代にとっては90年代後半の「時代の象徴」というか、流行のアイコンというか、そんな存在でしたよね。 局長です。



――― さて、先日の三連休最終日、つまり月曜日のお話。


20170921_おじさん1

前夜は焼き肉屋で胃袋が破裂するほど飲み食いしていた俺は、お昼前くらいまでたっぷりと深い眠りに就いていた。

台風一過の驚くような日差しで目が覚めたところで、まずは真熊をトイレのために家の外へ。
もう活動を開始している人がいるのか、庭木の剪定で出たらしい小枝の束に放尿する真熊。



20170921_おじさん2

そして、体内の余計な水分を全放出したところで、なんの迷いもなく近くにいたおじさんに向かって一目散にダッシュ。

でも、明らかに偶然通り掛かったようなプライベートのおじさんではない。



20170921_おじさん3

実はこの日は、我が家の前の通りで工事が行われており、このおじさんは交通整理のスタッフが動員されていたらしい。

しかし、そんな都合はお構いなしの真熊は、単なる遊び相手としておじさんに飛びついていく。



20170921_おじさん4

おじさんも犬好きらしく、仕事そっちのけで相手をしてくれるもんだから、真熊もさらに調子づくという悪循環。

起き抜けで訪れた楽しい時間に、真熊もテンションMaxで嬉しそうだった。



20170921_おじさん5

とはいえ仕事の邪魔をしつづけては申し訳ないので、おじさんにお礼を言って家の中へ。

すると、ソファの上では警戒心をどこかへ忘れてきてしまったらしいが、こんな腑抜けた姿で熟睡していた。



20170921_おじさん6

元野良猫の片鱗すら見せない、見事な無警戒ぶり。

「バケツの水をぶっ掛けたら、どんなリアクションを見せてくれるのだろう・・・・」なんて思いもよぎったが、あまりに気持ち良さそうに寝ているのでグっと堪えた。



20170921_おじさん7

その夜、真熊の大好きな「犬用スポーツドリンク」をお皿に入れてあげると、勢いよく顔を突っ込んで数分間このままの姿でグビグビと飲みつづける。

猫たちも「そろそろ代わってほしい」という雰囲気で様子をうかがっている。



20170921_おじさん8

しかし、どうにも真熊が一気飲みを止めないので、抱きかかえて引き離すと、今度は稚葉が独占しようと目を光らせ始めた。

やはりこの辺りは、野良猫キャリアがもっとも長かっただけのことはある。



20170921_おじさん9

一人じっくりとスポーツドリンクを飲み始める。

その姿に、何も言えないオス猫たち。
猫たちのパワーバランスを顕著に表している一枚だ。



20170921_おじさん10

さすがに真熊は、無理やり止めれたとはいえかなりの量を飲んだだけあって、実に満足感に満ちた顔をしている。

実際に飲んでみると甘いだけなのに、そんなに美味しいかなぁ・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

誰彼構わず遊んでもらおうとする真熊にクリックを。



人気ブログランキング

ますます貫録が出てきたメス猫にもポチっと。



【今日の一言】

安室ちゃんが履いていたバーバリーのミニスカート流行りましたよね。 懐かしいなぁ。
 

| 日常 | 03:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さよなら、焼き鳥の日

週の真ん中に、こんにちわ。

一昨日の豊田真由子議員の「謝罪会見」をネットのLIVEで見ていたのですが、単なる「後援会の人たちは分かってくれている。世間が分かっていないだけ」という訴えでしたね。
国会議員のくせに謝罪の意味が分かっていなくて驚きました。 局長です。



――― さて、昨日のつづきで、職場の “秋祭り” に真熊を連れて行った日のレポート。


20170920_焼き鳥屋6

焼き鳥職人として新たな道を歩み始めた俺を尻目に、真熊は “お手” を「足!」と発してしまった中国人スタッフに連れられて、会場内の散歩を楽しんでいた。



20170920_焼き鳥屋2

この中国人スタッフの女性は、驚くほど日本語がペラペラなのだが、たまに分からない言葉に出くわすこともあるらしい。

少し前に俺が仕事を終えて上がるときに、「お先にドロンします」と言ったら、ものすごい勢いで「今なんて言ったんですか? ドロンってなんですか?」と問い詰められたりした。



20170920_焼き鳥屋3

それよりも彼女は、パンダを量産している国から来たというのに、何をポメラニアンごときでこんなに喜んでいるのやら。

まぁ、きっと俺も「レッサーパンダと自由に遊んでいい」なんて事態になったら、喜びのあまり発狂して卒倒すると思うが。



20170920_焼き鳥屋4

中国との異文化交流を楽しんだ真熊の元へ次に訪れたのは、純粋無垢な瞳を輝かした三人のキッズたち。

職場のスタッフたちのお子さんだ。



20170920_焼き鳥屋7

これまた大喜びで真熊をこねくり回していたので、きっと家に帰ってからは「ママ、犬飼いた~い!」攻撃が凄まじかったことだろう。

真熊がきっかけで本当に犬を飼うことになってしまったら、少しだけ申し訳ない。



20170920_焼き鳥屋1

その後も、提灯などの電装工事のオッサンやら、近所のオバサンなどからも散々構ってもらい、常に上機嫌だった真熊。

俺からも特別に失敗した焼き鳥を食べさせてもらったりもしたので、きっと楽しくて有意義な一日になったのではなかろうか。



20170920_焼き鳥屋5

我が焼き鳥屋は、お祭りが終わる一時間前には、用意していた1,200本の焼き鳥を完売するという好成績を叩き出していた。

価格が安いだけに、近所の住民たちが「タレ30本」などという “ロット発注” してくるケースも多く、ヒマな時間帯が一秒たりとも訪れない激務を強いられた。



20170920_焼き鳥屋8

こうして、雨ばかりだった夏を少しだけ取り戻すかのような楽しい時間は終わり、俺は再び真熊と共に電車での帰路へ就いた。

着替えも持参していたのだが、面倒くさかったので「山田屋」ポロシャツのまま電車に乗った。



20170920_焼き鳥屋9

「秋祭り」だけど、夏の思い出として心の中で処理しよう。
来年は何を売らされるのか分からないが、また連れてきてやろう、真熊よ。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

秋祭りをそれぞれ楽しんだ俺と真熊にクリックを。



人気ブログランキング

遊んでもらえるなら、どこでもいいんだろうけど。



【今日の一言】

しかし、芸能人も政治家も「文春」と「新潮」の二社(二誌)は怖くて仕方ないでしょうね。
 

| 真熊お出掛け | 01:47 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

職場の秋祭り 2017

三連休明けの朝に、こんにちわ。

広島カープファンの皆さま、おめでとうございます。 連覇ということは、本物の強さですよね。
数年前までの冬の時代にしっかりチーム作りをしていたってことですね。 局長です。



――― さて、三連休中にひと休みしていたレポートを本日から再開。


20170919_秋祭り1

去る9月2日の土曜日に開催された職場の “秋祭り” レポートの続編である。

例年は8月に「夏祭り」が開催されていたのだが、今年は諸般の事情により一ヶ月スライドしてこの日の秋祭りとなっていた。



20170919_秋祭り2

これまでは “モスキート” たちと 『山田屋』 というクレープ屋を営んでいたものの、二年前に廃業したことで、今年は自部門が運営する焼き鳥屋スタッフとして招聘された俺。



20170919_秋祭り3

真熊にとっても、ほぼ毎年のように来ている場所だが、上述のような理由で今年は勝手が違うせいか、いま少し状況が理解できていないらしい。

連れて来ておいてなんだが、俺はこれから焼き鳥職人としてフル稼働しなくてはならないため、真熊を構っている余裕はなかった。



20170919_秋祭り4

しかし、どこからともなく現れた「犬好き」たちのおかげで、真熊をずっと一人で待たせておく心配はなさそうだった。

中でも、真熊と初対面となった同じ部署の中国人スタッフが、想像以上の激しいリアクションと興奮ぶりを見せていた。



20170919_秋祭り5

中国には犬はいないのか?と思うほどの大はしゃぎ具合なのだ。

彼女は中国人の中でも、少数派の朝鮮族のため、公用語は北京語であるが、家族との会話はハングル、そしてこの国では日本語を操るというトライリンガル。



20170919_秋祭り6

イントネーションとラジオ体操のフォームが少しだけヘンなところ以外は、何一つ違和感のなく日本社会に馴染んでおり、漢字はもちろん、ひらがなもカタカナも問題なく、中国人には難しいであろう日本特有の敬語でさえも完璧。



そんな彼女が、真熊を相手に痛恨のミステイクを犯した ―――


20170919_秋祭り7

お座りしている真熊に向かって、必死に 「足! 足!」 と言いながら手を差し伸べているのだ。
周りにいた誰もが怪訝そうに顔を見合わせ、申し訳なさそうに言った。

「それ、“お手” じゃない?」



20170919_秋祭り8

あれだけ完璧な日本語を操るトライリンガルの彼女だが、犬とのコミュニケーション用語についてはまさかの勉強不足なようだ。

指摘を受けて、ものすごく恥ずかしそうな顔をしていたが、真熊は大喜びで抱っこされていたので、俺もこの一件は自分だけの胸にしまっておこうと思った。



20170919_秋祭り9

改めて “お手” と言い直して、真熊から手の平に前足を乗せてもらった彼女は、気を良くしてそのままリードを引いてお祭りの人ごみへと消えていった。


あと一回だけつづく・・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

国境を越えた遊び相手を見つけた真熊にクリックを。



人気ブログランキング

さすがに「足!」のコマンドは理解できなかったけど。



【今日の一言】

広島の街(八丁堀あたり)は、ここ2年間は盛り上がって仕方ないでしょうね。 羨ましいです。
 

| 真熊お出掛け | 02:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブドウとその箱

連休最終日の昼下がりに、こんにちわ。

台風一過どころか灼熱の真夏日になってしまいましたね。 でも俺は好きです、夏の陽気。
北海道に再上陸したやつも早く温帯低気圧に変われ。 洗濯物を干したばかりの局長です。



――― さて、三連休の初日だった一昨日のお話。


20170918_ぶどう1

我が家に宅急便が届いた。

とくに楽天やAmazonで買い物した覚えはなかったので、なんだろうと思い荷受けしてみると、『美咲のぶどう』 と書かれたパッケージに入った何かだった。



20170918_ぶどう2

さっそく開けてみると、『ピオーネ』 と書かれたブドウだった。

送り主は、当ブログでもお馴染み、いろいろ送ってくれる “みにも” さん。
これまでも、何度となくおやつを送っていただいている。



20170918_ぶどう3

地元、岡山県の名産らしい。

ブドウといえば山梨県は勝浦市と思いきや、岡山県も産地だったとは勉強不足だ。
“岡山県といえば「きびだんご」” という方程式が俺の頭の中で成り立っていたようだ。



20170918_ぶどう4

みにもさんは最近引っ越しされたそうだが、本来なら俺が引っ越し祝いを送るべきところを、逆に戴き物を受け取ってしまうなんてちょっと申し訳ない。

ブドウは後ほど美味しくいただくとして、この戴き物はもう一つの側面をもっていた。



」である ―――


20170918_ぶどう5

どう見ても我が家の猫たちには小さいとしか思えないサイズなのだが、どうも猫という生き物はその「狭苦しさ」にぞくぞく来てしまうらしい。

リビングに置くや否や稚葉が飛び込んできた。



20170918_ぶどう6-2

稚葉が箱を出ると、間髪おかずに寿喜がフェードイン。

とはいえ、どう見てもサイズがアンマッチだ。
これまで愛用されていた「すいかの箱」と比べても、体を横にすることすらできないサイズじゃないか。



20170918_ぶどう7-2

それでも、なんとしてでもくつろごうとする寿喜。
どう見てもリラックスなどできなさそうなのに、まったくもって理解できない生態だ。



しかし、俺の疑問のさらに斜め上をいく存在が ―――


20170918_ぶどう8

なんとしても箱の中で横になろうと、無理やり体をねじ込む猫、にいな。

百歩ゆずっても、くつろいでいるようには見えないぞ。
そこまでしてでも、新しく導入された箱は徹底的に使い倒したいのだろうか、猫という生き物は。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ブドウの恩恵がとくになかった真熊にもクリックを。



人気ブログランキング

なんとしても箱をフル活用しようとする猫の意地にも。



【今日の一言】

あまりに突然の猛暑に、猫たちがダラけきっています。 ビックリしているようです・・・・
 

| いただきもの | 15:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もう少しお待ちください

三連休の最終日に、こんにちわ。

関東地方は台風一過の抜けるような青空となっています。 ここまでの快晴はいつ以来かってくらいです。 でも北海道はこれから台風が再上陸らしいのでご注意を。 局長です。



――― さて、連休中ということで、本日も「熊猫犬日記」の更新は、もう少しお待ちを。


20170918_お待ちください1

それまでの間は、昨夜の我が家の本当にどうでもいいレポートを。

実は自分を労ってあげる案件があったので、昨夜は雨の中、15分ほど歩いて人気の焼き肉店に行ってみた。



20170918_お待ちください2

台風だというのに、ものすごい人気店ゆえに20時過ぎに到着した時点で一時間待ち。
近隣のお店で時間をつぶして、21時過ぎにようやく入店。

胃袋が張り裂けるんじゃないかというほど肉を食らい、帰宅後は身動きも取れないくらいの苦しみを抱えながら床に就いたのだった。



20170918_お待ちください3

そしてこれは、焼き肉屋に行く前の我が家の様子。

相変わらず “夫婦(めおと)猫” が仲睦まじく一緒にいるように見えるが、実際には、にいながくつろいでいるところに稚葉が強引にすり寄っていっただけだ。



20170918_お待ちください4

それでも優しく迎え入れてあげるどころか、毛づくろいまでしてあげるにいな。

悲しいくらいに尻に敷かれている。
完全に主導権は稚葉だ。



20170918_お待ちください5

そんなこんなで、焼き肉から帰宅してベッドに横になった頃から雨風が激しくなって、庭で育てている大葉がやられるんじゃないかと不安を感じながらも、先ほど起きたらこの改正で、大葉もむしろ元気になっていた・・・・というお話でした。

では、また後ほど。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ようやくの快晴に「ポイントは先付けよ♥」のクリックを。



人気ブログランキング

女らしさも可愛さも感じられないメス猫にも。



【今日の一言】

九州は台風被害がすごいようですが大丈夫でしょうか。 熊猫犬地方はなんてことないです。
 

| 更新情報 | 10:48 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ