FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

≫ EDIT

陣取り合戦のち熟睡

週の真ん中に、こんにちわ。

北方領土問題は根が深いですね。 俺が小学生の頃から 「昔から日本人が住んでいたんだよ」 なんてCMやってたから、何十年経っても解決できてないんですよね。 局長です。



――― さて、本日は 『駒沢公園で会いましょう』 レポートはワンブレイク。


20190123_猫たち1

いろいろあってこんな時間になってしまったので、ライトで軽めで他愛ないお話を。

先日、我が家のリビングでこんな光景を目にした。
熟睡する二匹の猫の姿を。



20190123_猫たち2

別段、猫が眠る姿など日光東照宮の彫刻にもあるくらい珍しくもないのだが、着目してほしいのは “眠る” という生理現象ではなく、この二匹が “犬猿の仲” であるという点だ。



しかも、“縦列駐車” の後ろ側にいるにいなの寝顔たるや ―――


20190123_猫たち3

ペシャンコだ。

寿喜の尻を枕にして眠っているだけなのか、それとも陣取り合戦の末に、顔を潰してでも陣地を死守しようとしているのか、判断に困るようなアバンギャルドな寝顔だが、4:6 で後者の可能性のほうが高い。



20190123_猫たち4

きっと、先ににいなが眠っていたところへ、後から寿喜が強引に尻を押し当てながら割り込んでいったのだろう。



そして、二匹の向こう側には ―――


20190123_猫たち5

温かい石油ファンヒーターの天板を独り占めする稚葉の姿が。

恐らくにいなもここで暖を取りたかったものを、稚葉に占拠されているからと、この背もたれで眠り始めたのだろうが、さらにそこへ寿喜が割り入ってくるという二重の不運に見舞われたのか。



20190123_猫たち6

厚かましくて節操のない二匹の猫と比べて、繊細で遠慮がちな最年長猫は、“高倉健” さんを思い出させるくらいに何かと生き方が不器用である。

自分、不器用ですから・・・・・」



20190123_猫たち7

相変わらず毎日必ずルーティーンの如く “小競り合い” を繰り返している二匹だが、一緒に暮らし始めて丸10年が経過しても、未だに仲はよろしくない。

ここまで合い入れない関係性って珍しいものだ。



20190123_猫たち8

でも、ちょいちょいくっ付いて寝ていることもあるので、一方的に嫌っているにいなにとっても、寿喜は生理的に受け付けないほどの存在ってわけではないのだろう。

だったらもっと仲良くしろ! とも思うが・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

仲は良くないが一緒にいる二匹に愛のクリックを。



人気ブログランキング

にいなの恋女房にも二発目のクリックを是非。



【今日の一言】

北方領土問題、穏健派だったゴルバチョフ大統領の時代に解決できていれば良かったのに。




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 日常 | 04:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

御三家が勢ぞろい | 駒沢公園で会いましょう⑨

寒空の朝に、こんにちわ。

朝起きて二階の寝室から一階のリビングに下りると、廊下も階段もリビングも息が白い―― そんな気密性最悪の極寒住宅で動物たちと暮らしています。 不憫な局長です。



――― さて、本日も行ってみよう、『駒沢公園で会いましょう』 レポートの続編を。


20190122_ドッグラン1

距離感の麻痺した関西人 “まぁ” さんや、当ブログのコメント欄における 「三大レギュラー+1」 の一人 “つばめ11号” さんなどを始めとする第三陣が集まり始めた14時頃。



20190122_ドッグラン2

【用語説明】 三大レギュラー+1

クッキー&ちゃちゃさん
ラブママさん
③つばめ11号さん
という数年間にわたりコメント皆勤賞をつづける三大マダムに、ここ1~2年で猛追を見せる “とりっこ” さんを含めたコメンテーター陣のこと




20190122_ドッグラン7

この日は上述の “とりっこ” さんは来ていなかったが、数年にわたり一日も欠かさずコメントを投稿しつづける “時間の使い方を間違っているマダム御三家” はきっちり勢ぞろいした。



20190122_ドッグラン4

ひと昔前でいうところの、ラジオ番組のヘビーリスナーが毎日ハガキを投稿しつづけるような感覚だろうか、この御三家の偉業は。



20190122_ドッグラン3

他にも第三陣では大勢の読者さんが訪れていた。

名前をうかがっていない人、名前をうかがったのに海馬の奥底に埋没してしまった人、俺がここにお名前を羅列できない理由は様々だが、とにかくたくさんの人が来てくれていた。



20190122_ドッグラン5

しかし、俺の名前覚えられない病は、そろそろ心配な域に達し始めてきたな。

ぴこぴこハンマーとかで頭を殴打すれば、その衝撃で海馬から弾き出されるんじゃないかと、ちょっとした荒療治すら選択肢に考えるようになってきた。



20190122_ドッグラン6

ということで、愛犬を連れている人、身一つで駆け付けてくれた人、ファミリーでお越しいただいた人など、いろいろな方々と交流ができて実に良かった。



20190122_ドッグラン10

ちゃんと名前を憶えている子もいる。

ブーケ”。
これまで何度も会ってきているから、さすがにインプットされている。



20190122_ドッグラン11

真熊と “志熊” を足して2で割って消費税を乗せたような風貌で、とても愛着がわく。
そして、コンパクト設計。



20181211_御礼4

写真こそ撮り損ねてしまったのだが、仙台で会った “まだお” というスキッパーキのファミリーも来てくれていた。

こちらも、まぁさんに負けないくらいの距離感が麻痺した一家だが、勢いがあって素敵だ。



20181211_御礼3

伊達政宗や 『ままどおる』 を輩出した東北人はこうでなくっちゃいかん。

つづく・・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

続々集まるたくさんの人と犬たちにクリックを。



人気ブログランキング

真熊も志熊もノンストップの笑顔でお楽しみ中。



【今日の一言】

へーベルハウスに住んでいる人は、俺のこんな寒さネタは理解すらできないでしょうね・・・・




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 会いましょう企画 | 03:35 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いろんな犬とこんにちは・第三陣 | 駒沢公園で会いましょう⑧

新しい週に、こんにちわ。

男性世界最高齢だったご長寿の方が亡くなってしまいましたが、明治生まれなんですね。
子供の頃は明治生まれの人もチラホラいたのに、今は100歳超えなんて。 局長です。



――― さて、週が明けたところで、『駒沢公園で会いましょう』 レポートを再開。


20190121_駒沢公園1

お昼ぴったりくらいに始まった同企画も、読者さんの第一陣、第二陣が訪れ、途中で “有村架純騒動” なんかも発生しながら、時刻は14時になろうかとしていた。



20190121_駒沢公園2

まだまだ元気な “志熊” は、あちこちで愛想を振りまきながらも、とはいえ “親父” がいなくて多少の不安はあるのか、俺の元へちょいちょい定期的に戻ってきていた。



20190121_駒沢公園3

“伝書鳩” の帰省本能のようなものだろうか。
それとも、自分一人ここに置いていかれるんじゃないかと不安に思っているのだろうか。



20190121_駒沢公園4

楽しさ半分、不安半分だったのだろうか。
傍から見たら “楽しさ200%” くらいにしか見えなかったのだが。



20190121_駒沢公園5

そうこうしていると、どこかで見たような、攻撃的な目つきをした犬がやって近づいて来た。
シルエットからするとポメラニアンなのだが、カラーリングがそれっぽくない。



20190121_駒沢公園6

ひと昔前のソフトクリームではお馴染みだった、“バニラとチョコのミックス” みたいな色。
顔つきは、なんとなく俳優の “窪田正孝” 似。

そう、“まぁ” さん宅の “羅依” だ。



20190121_駒沢公園7

これまで何度となくこの手の企画で顔を合わせてきた羅依と真熊

犬に一切興味をもたない真熊とは違い、羅依は何かに気付いたのだろうか。
明らかに反応を示している。



20190121_駒沢公園8

そして、これでもかというくらいに激しい “テイスティング”。

「会ったことある犬だと思うけど、誰かは思い出せない」
結局は、これくらいの答えしか出なかったらしい。



20190121_駒沢公園9

まぁさんファミリーに至っては、北は仙台から、南は地元の神戸・大阪、さらには東は千葉、西は岡山あたりまで平気で出没する、距離感の麻痺した兵庫県民だけあって、この日も 「ちょっとホームセンターに行ってくる」 くらいの感覚でやって来た。

ありがたいことである。



20190121_駒沢公園10

この子はチワワの “ローリー寺西” だっけかな?
それとも、ただの “ローリー” かな?

シッポをヌンチャクばりにビュンビュンさせて喜びを表現していた。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

実は不安も少しあるらしい志熊にクリックを。



人気ブログランキング

犬とのコミュ力はかなり低めの真熊にもポチっと。



【今日の一言】

明治45年生まれでも、生きていればもう108歳なんですね。 隣のお婆ちゃんは今年93歳…




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 会いましょう企画 | 08:40 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【爆笑】 X'masフード攻防戦

日曜日の朝に、こんにちわ。

またも卓球界にニューウェーブが現れましたね。 「チョレイ!」の張本選手もまだ中学生だし、全体的なレベルの底上げができているんでしょうね。 頼もしいです。 局長です。



――― さて、少し前のことになるが、年末のクリスマスの出来事。


20190120_フード攻防戦1

クリスマスジム』 なんて言いながら、聖なる夜に背を向けながら激しいトレーニングに勤しんでいた俺だが、動物たちには少しくらい美味しいものを食べさせてやろうというくらいの優しさは持ち合わせていたので、こんなものをそれぞれ買って帰っていた。



20190120_フード攻防戦2

尿路結石キャリアゆえに、日頃は病院の “処方フード” を食べているにいなも、この日は特別に 『金のだしカップ・11歳からの』 を堪能。

美味しかったのか、いつものような “石像” 感がないくらいの食いっぷりだった。



20190120_フード攻防戦4

にいなと同じく、毎日処方フードを食べている真熊にも、上から 『ツインカップ・ささみ&緑黄色野菜』 をかけた特別仕様に。

瞬殺での完食だった。



20190120_フード攻防戦3

寿喜稚葉は、いつものフードに 『まぐろジュレ』 をかけたバージョンに。
他の2匹と同じように、我を忘れてがっつき、寿喜はやはりあっという間の完食だった。



20190120_フード攻防戦5

稚葉もいつも以上の興奮を見せていたものの、野良猫キャリアが長かったわりには元々食べるのが遅いので、いつまでもこんな状態だった。

この遅さが、衝撃・・・・ いや、“笑撃” のやり取りを引き起こすこととなった。



20190120_フード攻防戦6

自分の分を早々に食べ終えてしまった寿喜。
いつものように、にいなの分を狙うも、当のにいなも瞬殺で完食済み。

そこで、背に腹は代えられなかったのか、稚葉の分に狙いを定めたらしい。



では、以降は俺の文章など少なめに、猫たちの不毛な攻防戦のみをご覧あれ ―――


20190120_フード攻防戦7



20190120_フード攻防戦8



20190120_フード攻防戦9



20190120_フード攻防戦10



20190120_フード攻防戦11



20190120_フード攻防戦12



20190120_フード攻防戦13



20190120_フード攻防戦14



20190120_フード攻防戦15



20190120_フード攻防戦16



20190120_フード攻防戦17



20190120_フード攻防戦18



20190120_フード攻防戦19

あまりに長く、それでいて不毛すぎる攻防戦の末に、なんとか自分のご馳走を守り切った稚葉と、予想以上に鉄壁なディフェンスになす術もなく退散することになった寿喜。



20190120_フード攻防戦20

とはいえ、諦めがつかないのか、“後ろ髪引かれる” という比喩のお手本のような姿を見せる。

『まぐろジュレ』 がそんなに美味しかったのか。
こんな姿を見たら、きっとメーカーも喜んでくれるだろうさ。



20190120_フード攻防戦21

この 『まぐろジュレ』 をめぐる攻防が笑えるかどうかは読み手が決めることなのに、タイトルに【爆笑】とか一方的に入れてしまっている自分が少し恥ずかしいが、とにかくこれが俺にとって2018年最高の爆笑であった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

2匹のコントのようなやり取りに愛のクリックを。



人気ブログランキング

結局は競り負ける寿喜の押しの弱さにもポチっと。



【今日の一言】

バドミントンも男女ともに常に世界大会でメダルを獲れるレベルになったし、いいぞスポーツ界!




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 日常 | 05:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寿喜 “冬眠失敗” の顛末

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

とんだぽかぽか陽気で、1月にして冬が一瞬で終わったのかと勘違いしてしまうほどでしたね。 明日もこんな天気なら洗濯物もよく乾くのでしょうね。 局長です。



――― さて、「もう少しおまちください」 記事でも綴った例のお話の顛末を。


20190119_寿喜1

そう、今週二日間にわたって俺を翻弄した寿喜の “冬眠失敗” について。

1月15日(火)の朝まではいつもどおりだった寿喜が、その夜からごはんも食べずに死んだように眠りつづけ、翌16日(水)の朝も同じ調子だったために、「これは様子がおかしい」 となったのだ。



20190119_寿喜2

ちなみに、前々日の13日(日)は、こんな所にいた。

朝から用事があり出掛けていた俺がお昼過ぎに帰宅し、ひとまず布団を干して、隣町の “どんど焼き” に赴こうと準備をしていたときの様子である。



20190119_寿喜3

まるで頭上のパラボラアンテナで大宇宙からの “何か” を受信しているかのような絵。
言わずもがなかと思うが、ここはベランダの手すりである。



20190119_寿喜4

賢明な読者のアナタなら百も承知だとは思うが、“狛犬” のような凛とした姿で鎮座しているこの場所は、寿喜のお気に入りのスポットだ。



それが、二日後には死んだように眠りつづけるなんて、そりゃ俺だって混乱するのも無理はない。


20190119_寿喜5

水曜日の日中にネットであれこれ調べたところ、「一日に10℃以上の温度差があると体調を崩してしまう子が多い」 という情報が出ていた。

なるほど、我が家にピンポイントで当てはまる。



20190119_寿喜6

ということで、寿喜が空腹に耐えかねていつもどおりにごはんを食べ始めた13日(水)は、仕事から急いで帰宅したものの病院に連れて行くのをひとまずやめて、一路ホームセンターへと向かった。

目的は、このラグを購入すること。



20190119_寿喜11

ホットカーペットを出したのだ、温度差防止のために。

築40年に近づいてきている古い我が家のリビングには、実はエアコンがない。
あるのは三菱 『霧ヶ峰』 のクーラー、つまり冷房機能のみの代物だけである。



20190119_寿喜7

だからと言って、石油ファンヒーターを点けっぱなしで仕事へ行くなど、一酸化炭素中毒を引き起こすだけなので、もはやこの方法しかないと判断したのだ。

しかし、一番に温もりを味わってほしかった寿喜はベッドから出て来ず、代わりににいなが全身でその恩恵を噛みしめていた。



 必要ないと思うけど時系列


20190119_寿喜8

13日(日) ベランダの手すりで宇宙からの何かを受信する
14日(月) 変わった様子なし
15日(火) 朝は普通だったが、夜からごはんを食べずに寝つづけ始める
16日(水) 朝ごはんも食べずに尚も寝つづける
16日(水) 夜になってごはんを食べて、いつもの様子に戻る
16日(水) ホットカーペット導入
17日(木) 多分、冬眠に失敗したことも忘れている



20190119_寿喜9

この程度の温度差で体調を崩すなんてあり得ないのか、稚葉は窓際に敷いたブランケットの上で外を眺めていた。

ちなみに、ここは真熊の定位置なのだが、稚葉が居座ってしまったことで真熊はどこかへ避難してしまっていた。



20190119_寿喜10

結局は寿喜は単に冬眠を試みたものの空腹に勝てずにギブアップしただけったようだが、先述の温度差によって改めて動物たちが体調を崩すなんてことがないように、まぁホットカーペットの導入は損にはならないだろう。

定位置を奪われてしまった真熊だけが少し気の毒だが。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

体調不良ではなく冬眠失敗だった寿喜にポチっと。



人気ブログランキング

温度差防止策を全身で受け止める石像猫にも。



【今日の一言】

この時期はスポーツ界の動きが鈍くてニュースが退屈しちゃいますよね。




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| 日常 | 15:51 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ