FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

≫ EDIT

2年ぶりの場所

花金の朝に、こんにちわ。

今日は職場の健康診断につき、昨夜からラマダン(絶食)中の局長です。 早いとこバリウムを含めてすべてを終わらせてラーメンでも食べたいです。



――― さて、これまた2ヶ月以上も前のお話。


20190419_久しぶりの場所1

未だに1月4~5日の出来事である “今さらお正月レポート” なんて綴っているくらいなので、大きなタイムラグが定常化しつつある当ブログ。



20190419_久しぶりの場所2

ちなみに本日のレポートは、2月3日(日)のお話である。
お昼過ぎ、お出掛けの支度をして、真熊を愛車の助手席に乗せる。



20190419_久しぶりの場所3

真熊にとっては、お正月に “千葉の両親宅” へ行って以来、丸1ヶ月ぶりのお出掛けなので、顔からわくわく感がにじみ出過ぎていて実に楽しそうである。



20190419_久しぶりの場所4

運よく快晴だったこともあり道中はまぶしそうにしていた真熊。
さらには車の揺れも手伝って、ほとんどの時間を熟睡していた。



20190419_久しぶりの場所5

そして走ること30分弱。
14時頃に目的地へ到着。



ここがどこなのか、必至に記憶をたどっている真熊。


20190419_久しぶりの場所6

無理もない。
実は前回の訪問から2年間弱も間隔が空いてしまっている場所なのだ、ここは。



20190419_久しぶりの場所7

そう、以前は “行き付け” とまで表現していた、同級生の親族が運営するドッグラン 『チビクロハウス』 である。



20190419_久しぶりの場所10

なかなかタイミングが合わなかったり機会がなかったりで来れていなかったのだが、ほぼ2年ぶりとなってしまっていたなんて自分でも驚いてしまう。



20190419_久しぶりの場所8

その間に、当ドッグランは知名度も増していたようで、この日は人と犬でごった返していた。
まだ2月で寒さも全開だというのに。



20190419_久しぶりの場所9

ということで、久しぶりのドッグランをどうやって遊び尽くそうかと、慎重、且つ積極的に活動をスタートさせた真熊なのであった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

お出掛けにテンション高めの真熊にクリックを。



人気ブログランキング

まさかの2年ぶりになってしまったが二発目を。



【今日の一言】

今日の午後はバリウム排出のためにトイレにこもることになるな・・・・ 下剤飲まされて。




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| ドッグラン | 05:15 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

父子の平穏 | 今さらお正月レポート⑩

木曜日の朝に、こんにちわ。

『ルパンⅢ世』 の原作者であるモンキー・パンチ氏が亡くなられてしまいましたね。 40年以上も愛される名作を生んだ偉人だから残念です。 局長です。



――― さて、本日も “今さらお正月レポート” のラストスパートを。


20190418_真熊と志熊1-2

真熊を抱っこしたかったものの、元 “アンゴルモアの大王” に奪取されてしまったお隣のその先のお宅に帰省している孫娘



20190418_真熊と志熊1

それ以降は、元アンゴルモアの大王によるディフェンスもより厳しいものとなり、なかなか真熊と触れ合うことすらできなくなっていってしまった。



背に腹は代えられないと考えたのだろうか。


20190418_真熊と志熊2

真熊を生贄に差し出して一人静かな縁側でくつろいでいた “志熊” で、その心の隙間を埋めようとし始めた。



20190418_真熊と志熊3

おそらく前日もその前日も志熊とは遊んでいるのはずなので “今さら感” は否めないだろうが、真熊を取り上げられた喪失感は、似たような生き物で代用するのが手っ取り早かったのだろう。



20190418_真熊と志熊4

その間、俺は今後のキャンプで使用するための “” を作っていた。
実はこれ、昨年5月に決行した “梅もぎ&梅の木剪定” で切り落とした枝なのだ。



20190418_真熊と志熊5

適当な長さにカットして、長期にわたり乾燥させていたのだが、せっかくなので時間を持て余すであろうここで調整や束ねたりする作業をしようと持参していたのだ。



20190418_真熊と志熊6

二宮金次郎” が背負っていそうな長さにリサイズして、持つと手に刺さって痛い小枝を片っ端から切り落とし、“親父” も作業に動員しながら、かなりの本数になったものが3束も出来上がった。

太さこそないが、1~2回のキャンプなら十分にもつ量だろう。



なんということでしょう。


20190418_真熊と志熊7

普通なら、ただ可燃ゴミとして処分されてしまっていた梅の枝が、匠によりこうして 「キャンプファイヤーの薪」 としての新しい命を注がれたのです。



20190418_真熊と志熊8

そうこうしている間に、騒がしかったキッズたちもそれぞれの家へと帰っていき、真熊と志熊の親子にようやく平穏な時間が訪れた。



20190418_真熊と志熊11

だからといって二匹で仲良く遊ぶこともなく、感情を無にしたような死んだ魚の目をしたまま、ひたすら義務感丸出しで写真撮影に応じる。



20190418_真熊と志熊9

相変わらず冷め切った父子の関係。
何年経っても改善の兆しは見えない。



20190418_真熊と志熊10

唯一の進歩といえば、真熊が志熊に対して怒らなくなったことくらいか。
互いに無干渉になっただけだが。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

冷め切っている真熊と志熊の父子にクリックを。



人気ブログランキング

座布団みたいな志熊にも二発目のクリックを。



【今日の一言】

子供の頃に見ていたアニメの原作者や声優さんももう高齢なんだなぁ。 寂しくなるなぁ。




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊の子供 | 07:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

けんかをやめて ~真熊争奪戦 | 今さらお正月レポート⑨

水曜日の朝に、こんにちわ。

今日は日本が誇る歌姫・家入レオ女史の新アルバムの発売日ですね。 でも俺クラスになると “フラゲ日” だった昨日には手に入れて聴き込んでいますが。 局長です。



――― さて、飛び飛びになってしまっている例のレポートを少しは進めなければ。


20190417_キッズたち1

もはや3ヶ月以上も前のこととなってしまった “今さらお正月レポート”。

お隣さん、およびその奥のお宅にそれぞれ帰省していた孫娘ペアによる執拗な抱っこ攻撃を、華麗なフットワークを駆使しながら必死でかいくぐっていた真熊



20190417_キッズたち2

するとそこへ、元 “アンゴルモアの大王” の兄で、以前は亀担当だった少年がやって来た。
真熊とは同世代の “亀少年” に、思わず助けを求める真熊。



亀少年の膝の上に避難完了。


20190417_キッズたち3

以前に彼が世話していたやたら高速で歩く亀は、そのスピードをもって脱走してしまったらしいが、それよりもこの老人が縁側で向かい合ってお茶を飲むかのようなフォーメーションはなんなのか・・・・



20190417_キッズたち4

亀少年の膝の上で少し落ち着きを取り戻した真熊は、この女の子(元アンゴルモアの大王じゃないほう)が実は初対面であることを思い出したらしい。



20190417_キッズたち6

「それならば少しは相手をしてあげなければ」 という責任感に駆られ、ちゃんと遊んであげることにしたらしい人生(犬生)の先輩・真熊。

大人としての自覚がにじみ出ている。



20190417_キッズたち5

そんな真熊の孤軍奮闘ぶりを、遠く離れた縁側から冷めた目で見つめる “志熊”。

いつの間にやら、父である真熊をキッズたちへ生贄に差し出し、自分だけはのんびり過ごそうという計算高いポメラニアンに育ってしまっていた。



20190417_キッズたち7

ようやく念願の “真熊抱っこ” が叶い、まるでぬいぐるみで遊ぶかのように膝の上に乗せようとするキッズ。

すると、そこへ近づいてくる存在が・・・・



20190417_キッズたち8

元アンゴルモアの大王が、突如として真熊の所有権を主張。
初対面キッズから、強引に真熊を引き離そうとする。



そして結局、散々見せられてきたこの組み合わせに逆戻り ―――


20190417_キッズたち9

自分をめぐって子供たちが取り合いを始めてしまう悲しい事態に、複雑な表情をのぞかせる真熊。

この姿を見て、俺の脳内BGMには河合奈保子の 『けんかをやめて』(1982年)がオートリバースで流れていた。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

大人の自覚が芽生えている真熊にクリックを。



人気ブログランキング

したたかなポメラニアン志熊にも二発目を是非。



【今日の一言】

家入レオの新アルバム 『DUO』、すでに溝がすり減るくらいに聴き込みました。




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 真熊の子供 | 02:43 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

理不尽な疲労感アピール

火曜日の朝に、こんにちわ。

今週の関東地方は20℃超えの暖かい日がつづきますね。 先週は “寒の戻り” に踊らされましたが、これで完全に春本番でしょうか。 早くスギ花粉がなくなってほしい局長です。



――― さて、本日は睡眠時間が確保できないため、ゆるめの更新にて。


20190416_動物たち1

ご覧あれ、この何も仕事をしていない、否(いな)、それどころかろくに動いてもいない我が家の動物たちが、まるでヘトヘトのような疲労感を全開にして眠っている理不尽な光景を。



20190416_動物たち2

百歩譲って、真熊は散歩という運動をしているが、それでも歩く時間といえばたかだか15分程度である。



20190416_動物たち3

それが、鳥取砂丘を横断したくらいの勢いで、疲れを全面に押し出して眠る。
息子の “志熊” など、毎日3~4km、小一時間も歩いているというのに。



20190416_動物たち4

猫たちも多分に漏れず。
グッタリした様子をアピールしながら寝つづけている。



20190416_動物たち5

一日のうち、アクティブに動くことなど、“うんちんぐハイ” のときだけだというのに、何をそこまで睡眠時間を確保する必要があるのやら。



20190416_動物たち6

用語説明  【うんちんぐハイ

猫がうんこをした直後にテンションがやたらハイになる習性。
家中を走り回ったり、高いところへよじ登ったりと興奮状態となる。
飼い主はこれで 「あっ、うんこしやがったな?」 と気付くことができる。



20190416_動物たち7

こうして、額に汗した労働により日々の糧を得ている俺とは違い、だらだらと寝ているだけで雨風も空腹も凌げるという夢のような生活を送っている動物たち。



20190416_動物たち8

毎日が日曜日。
労働も納税も必要のない、実に気楽なご身分である。



20190416_動物たち9

GW(ゴールデンウィーク)の10連休が待ち遠しいぜ・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

何もしてないのに寝てばかりの真熊にクリックを。



人気ブログランキング

真熊以上に何もしていない猫どもにも二発目を。



【今日の一言】

スギ花粉が終わっても、俺の場合はヒノキ花粉が待っているんですけどね・・・・




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 日常 | 01:46 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜を見る会 2019 【フォトセッション編】

新しい週に、こんにちわ。

熊本地震から昨日で丸3年も経っていたんですね。 本震か余震か区別がつかないような地震の連発があることを勉強させていただきました。 風化させちゃダメですね。 局長です。



――― さて、昨日のつづきで、なぜか今年もご招待いただいた例のイベント。


20190414_桜を見る会_フォトセッション5

新宿御苑で執り行われた安倍首相主催の 『桜を見る会』 レポート続編を。 ※敬称略

招待を受けた著名人が次々に到着する中、このタームでは 『おかずクラブ』 “ゆいP”、『トレンディエンジェル』 につづき、名前を存じ上げない可愛いお二人、そして昨年につづき今年も招待されていた “重盛さと美” が。




20190414_桜を見る会2


招待客が概ね到着したところで、お次はフォトセッションのための移動と整列が行われる。
著名人たちが一斉に並ばされる。


20190414_桜を見る会_フォトセッション1

女装家タレントの “ナジャ・グランディーバ”、元プロレスラー(ノア) “小橋健太”。
小橋健太は、ここでもリンク上でのファイティングポーズのようなフォームだった。



20190414_桜を見る会_フォトセッション2

綾小路きみまろ”、“市川猿之助” に、“高島礼子”、“デヴィ夫人”。
後列に、“ピコ太郎” と、“ラモス瑠偉”。



20190414_桜を見る会_フォトセッション3

ミッツ・マングローブ”、“IKKO”、“丸山桂里奈”、『トリバゴ』 の “ナタリー・エモンズ”。
ここは “キャラ濃いゾーン” だろうか・・・・・



20190414_桜を見る会_フォトセッション4

団塊の世代には興奮を誘うゾーン、演歌界の大御所 “五木ひろし”。
右端は宝塚出身の “壱城あずさ”。



20190414_桜を見る会_フォトセッション6

テレビで見るよりも実物は超可愛い重盛さと美の隣には、現在の芸名が “おさる” なのか “モンキッキー” なのか分からなくなっている彼と、その奥様の “山川恵里佳”。

この二人って、そんなに活躍していたっけな・・・・ と感じてしまったが、それは言わずにおこう。



20190414_桜を見る会_フォトセッション7

いつの間にかミッツ・マングローブがポジションチェンジしていた。

お隣は、昨年も来ていた “高木ブー”。
逆サイドには、これまた去年に引きつづきの “May J.” と、“神田うの”。



20190414_桜を見る会_フォトセッション8

ここは “華のあるゾーン” か。
丸山桂里奈の隣には、“谷花音”、“鈴木福” くんの子役出身ペア。



20190414_桜を見る会_フォトセッション9

吉本芸人ゾーンには、“ケンドーコバヤシ” と “千原せいじ” ペア。



それはそうと、どうしてこの人が呼ばれていたのだろう・・・・


20190414_桜を見る会_フォトセッション17

こういった華やかな場にもっともふさわしくないであろうキャラクター。
顔面凶器の異名を欲しいがままにする “小沢仁志”。

名作ドラマ 『スクール☆ウォーズ』 のボスキャラ “水原” 役である。



20190414_桜を見る会_フォトセッション10

メイプル超合金』 のゾーンには、三年連続で “さらなクン”。
さらには、“小峠英二” がピンではなく、『バイきんぐ』 としてペアで。



20190414_桜を見る会_フォトセッション11

右端にはインテリ外人タレント “パックン”。

そういえば、中央の “カズレーサー” は本名が 「和令」 なので、新元号 “令和” の発表直後というタイミングにはもってこいの存在かもしれない。



20190414_桜を見る会_フォトセッション12

LDH枠から二年連続となった “GENERATIONS”。
そんなことより、なぜかこのゾーンに “林家ペー&パー子” の夫婦ペア。

しゃがんでいるのは、『笑点』 レギュラー “林家三平” 。



ここからは、この日の会心のショット ―――


20190414_桜を見る会_フォトセッション13

神田うのがカメラ目線どころか、手も振ってくれた。
今年は美川憲一とのセットではなかったが、このカメラ目線にキュンと来てしまった。

ちなみに、“梅宮アンナ” も手を振ってくれているが、目線は俺のカメラを向いていない。



20190414_桜を見る会_フォトセッション14

すると、神田うのに負けじと(?)、IKKOまでもカメラ目線と 『どんだけ~』 をやってくれた。
なんだよ、みんな優しくて、テレビで見るより素敵で好きになっちゃうじゃないか。



さらに俺は、決定的瞬間をカメラに収めることに成功していた ―――


20190414_桜を見る会_フォトセッション15

テレビでよく紹介されている “丸山桂里奈が出演者に駄菓子を配る” というネタ。
まさかの、その瞬間を撮影することに成功したのだ。

バッグからおもむろに取り出したピンク色の何かを、周囲の人たちに配り始める。



その一品とは ―――


20190414_桜を見る会_フォトセッション16

昔懐かし 『蒲焼きさん太郎』。

皆さん、困惑しながらも笑顔で手にしていた。
この写真、神懸っているな、我ながら。




20190414_桜を見る会3


忘れていた・・・・
これがペットブログということを・・・・


20190414_桜を見る会_フォトセッション18

ということで、せめて写真の一枚も。

ソファの上できょとんとする真熊
「桜を見る会」 には連れて行ってあげられなかったが、またどこかに遊びに行こうぞ。


※ 『桜を見る会』 レポートは、あと一回だけつづく。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

カメラ目線をくれた神田うのとIKKOにクリックを。



人気ブログランキング

なぜか今年もお呼ばれした謎と奇跡に二発目を。



【今日の一言】

熊本地震、ほんの一年くらい前のことに感じてしまうが、南海トラフ地震はいつ来るのだろう。




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| 局長 | 02:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ